ミシェル・マイヨール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミシェル・マイヨール

ミシェル・マイヨール(Michel Mayor, 1942年1月12日 - )はスイス男性天文学者である。ジュネーヴ大学の天文学教授である。

ローザンヌ大学で物理学を学んだ後、ジュネーブ天文台で天文学の学位を得た。ケンブリッジ天文台チリヨーロッパ南天天文台(European Southern Observatory)、ハワイの天文台などで働いた。

1995年ディディエ・ケローとともに、高分解能分光計を使って観測し、恒星ペガスス座51番星の変動を発見し、太陽系外惑星が存在する可能性を示した。

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Shaw Prize:Press Release”. The Shaw Prize (2005年6月3日). 2009年11月1日閲覧。
  2. ^ 國武豊喜氏ら3氏に京都賞”. サイエンスポータル. 科学技術振興機構 (2015年6月22日). 2015年7月15日閲覧。