リカルド・ジャコーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リカルド・ジャコーニ
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2002年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:宇宙X線源の発見をもたらした天体物理学への先駆的貢献

リカルド・ジャコーニ(Ricardo Giacconi、1931年10月6日 - )はアメリカ合衆国で活躍した宇宙物理学者である。X線天文学のパイオニアの一人である。2002年、X線天体の発見の功績によりノーベル物理学賞を受賞した。

経歴[編集]

イタリアジェノヴァに生まれたが、幼い頃にミラノに移った。ミラノ大学で学び、ミラノ大学、インディアナ大学プリンストン大学を経て、1973年からハーバード大学教授、1982年からジョンズ・ホプキンス大学教授を務めた。1959年にブルーノ・ロッシが顧問を務め、国防省やNASAからの仕事を委託するAS&E社(American Science & engineering, Inc)に務めた。1962年6月18日にロケットを使った観測で初めて太陽系外のX線天体の発見に成功した。1970年代からX線観測衛星の運用に貢献し、いくつかの宇宙X線天文台(NASA)の主任研究員を務めた。

天文学分野におけるX線の利用の課題は、X線の屈折率が小さいため、可視光や赤外線と同様の望遠鏡を作るのが困難な点にあった。ジャコーニらは放物線鏡でX線を全反射させることでX線を集光させ、X線源の同定が可能なX線望遠鏡を開発した。これによってX線天文学の発展に大きく貢献した。

賞・叙勲等[編集]

[編集]

命名[編集]

  • 小惑星:(3371)Giacconi