コンスタンチン・ノボセロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コンスタンチン・ノボセロフ
Konstantin Novoselov portrait.jpg
生誕 (1974-08-23) 1974年8月23日(42歳)
ソビエト連邦 ロシア連邦共和国 ニジニ・タギル
居住 イギリス
市民権 ロシアおよびイギリス
国籍 ロシアおよびイギリス
研究分野 固体物理学
研究機関 マンチェスター大学
出身校 モスクワ物理工科大学
ナイメーヘン大学
博士課程
指導教員
Jan Kees Maan, アンドレ・ガイム
主な業績 グラフェンの研究
主な受賞歴 ノーベル物理学賞 (2010)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:二次元物質グラフェンに関する革新的実験

コンスタンチン・ノボセロフ (コンスタンチン・セルゲーエヴィチ・ノヴォショーロフ : Константин Сергеевич Новосёловロシア人;1974年8月23日 - )はイギリス在住のロシア人物理学者である。アンドレ・ガイムとのグラフェンの研究で有名である。この研究で両人は2010年ノーベル物理学賞を受賞した [1]。ノボセロフは1973年のブライアン・ジョセフソン以来、最も若いノーベル物理学賞受賞者である。

現在は王立協会の研究員として、マンチェスター大学のメゾスコピック研究グループの一員となっている。 [2][3] ノボセロフはERC Starting Grantをヨーロッパ研究評議会からもらっている [4]

生い立ち[編集]

ノボセロフは1974年、ニジニ・タギルでロシア人の家庭に生まれた [5]。 モスクワ物理工科大学を卒業した。PhD研究をオランダのナイメーヘン大学で行った。2001年にドクトラルアドバイザーだったアンドレ・ガイムとマンチェスター大学に移動した。現在ロシアとイギリスの市民権を所持している[6][7]

研究論文[編集]

ノボセロフは60以上の査読付研究論文を発表している。 メゾスコピック超伝導(ホール磁場測定), [8] 磁壁の素粒子的運動 [9] ヤモリテープの発明 [10]、 グラフェン [11] などである。

受賞[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Announcement of the 2010 Nobel Prize in Physics”. The Nobel Foundation (2010年10月5日). 2010年10月5日閲覧。
  2. ^ fellow Konstantin Novoselov”. The Royal Society. 2010年10月5日閲覧。
  3. ^ Dr. Kostya Novoselov”. University of Manchester, Mesoscopic Research Group. 2010年10月5日閲覧。
  4. ^ “Nobel Prize in Physics goes to ERC grantee Prof. Konstantin Novoselov”, European Research Council, (5 October 2010), http://erc.europa.eu/pdf/Press_Release_Nobel_Prize_2010_ERC_Grantee.pdf .
  5. ^ “Physics Nobel Honors Work on Ultra-Thin Carbon Film”, New York Times, (5 October 2010), http://www.nytimes.com/2010/10/06/science/06nobel.html?src=me .
  6. ^ “Graphene pioneers bag Nobel prize”, Physics World, (5 October 2010), http://physicsworld.com/cws/article/news/43939 
  7. ^ The 2010 Nobel Prize in Physics - Press Release, (5 October 2010), http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/2010/press.html 
  8. ^ A. K. Geim et al. (2000). “Non-Quantized Penetration of Magnetic Field in the Vortex State of Superconductors”. Nature 406. 
  9. ^ K. S. et al. (2003). “Subatomic Movements of a Domain Wall in the Peierls Potential”. Nature 426: 812–816. doi:10.1038/nature02180. 
  10. ^ A. K. Geim et al. (2003). “Microfabricated Adhesive Mimicking Gecko Foot-Hair”. Nature Materials 2: 461–463. doi:10.1038/nmat917. 
  11. ^ A. K. Geim, K. S. Novoselov (2007). “The Rise of Graphene”. Nature Materials 6: 183–191. doi:10.1038/nmat1849. 
  12. ^ Waters, Darren (2008) Nano switch hints at future chips”. BBC News. 2010年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]