ジョン・クラウザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
John Francis Clauser
ジョン・フランシス・クラウザー
JohnClauser.jpg
生誕 (1942-12-01) 1942年12月1日(79歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パサデナ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 ローレンス・バークレー国立研究所
ローレンス・リバモア国立研究所
カリフォルニア大学バークレー校
出身校 カリフォルニア工科大学
コロンビア大学
主な受賞歴 ウルフ賞物理学部門(2010)
ノーベル物理学賞(2022)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2022年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:量子もつれ状態の光子を用いた実験によるベルの不等式の破れの実証と、量子情報科学における先駆的研究

ジョン・フランシス・クラウザー(John Francis Clauser、1942年12月1日 - )はアメリカ合衆国の理論・実験物理学者量子力学の基礎、特にClauser-Horne-Shimony-Holt不等式(CHSH不等式英語版)への貢献で知られる[1]

2010年アラン・アスペアントン・ツァイリンガーとともウルフ賞物理学部門を受賞し[2]2022年に3人はノーベル物理学賞を受賞した[3]

経歴[編集]

カリフォルニア州パサデナ出身。1964年にカリフォルニア工科大学で物理学士を取得した。コロンビア大学で1966年に物理学修士、1969年に物理学博士を取得した[1]

1969年から1996年まで主にローレンス・バークレー国立研究所ローレンス・リバモア国立研究所カリフォルニア大学バークレー校で研究を行っていた[1]

1972年、スチュアート・フリードマンとともにCHSH-ベル定理の最初の実験的検証を行った。これはベル不等式の破れの最初の実験的観測である。

1974年、マイケル・ホーンとともにベルの定理の一般化により、自然界の全ての局所実在論に厳しい制約が与えられることを示した。この研究で局所実在論により設定された、最初の完全に一般的な実験的要求としてクラウザー・ホーン不等式(CH不等式)を導入した。また、そこで「CH非増強仮説」を導入し、CH不等式はCHSH不等式に帰着され、関連する実験的テストも局所実在論を制約する。1974年には(古典的な電磁場に対するコーシー=シュワルツの不等式の破れを介して)光に対するサブポワソン統計を最初に観測し、それにより初めて光子に対する曖昧さのない粒子的特徴を実証した。1976年にCHSH-ベル定理の予想についての世界で2番目の実験的検査を行った。

脚注[編集]

  1. ^ a b c John Clauser - Array of Contemporary American Physicists, American Institute of Physics.
  2. ^ Alain Aspect” (英語). Wolf Foundation (2018年12月11日). 2022年10月4日閲覧。
  3. ^ The Nobel Prize in Physics 2022” (英語). NobelPrize.org. 2022年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]