固体物理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

固体物理学(こたいぶつりがく、英語:solid state physics)とは物理学の一分野であり、より広い意味で使われる物性物理学に含まれる分野である。

研究対象[編集]

扱うべき対象は、その名の通り固体と固体(内)に関するいろいろな物理現象である。量子力学統計力学を応用して、主に微視的側面から物質の性質を研究する。他の物理学の分野と同様、大きく分けて理論的アプローチと実験的アプローチによって研究が行われる。

現象としては、電気(電子)的なもの、磁気的なもの、熱的なもの、力学的なものなどが挙げられる。固体自身も、金属合金)、半導体絶縁体有機物結晶ガラスアモルファス)、セラミックス鉱物など多様な形態をなしている。

また固体物理学では、多様な結晶構造結合様式金属結合共有結合イオン結合等)を扱うこととなる。

関連項目[編集]