コンテンツにスキップ

ジル・ブラッサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジル・ブラッサール
Gilles Brassard
Gilles Brassard (2019)
生誕 (1955-04-20) 1955年4月20日(69歳)
カナダの旗 カナダ モントリオール
国籍 カナダの旗 カナダ
研究機関 モントリオール大学
出身校 モントリオール大学
コーネル大学
論文 Relativized Cryptography (1979)
博士課程
指導教員
ジョン・ホップクロフト[1]
博士課程
指導学生
w:Anne Broadbent
主な業績
主な受賞歴 王立協会フェロー (2013)
ウルフ賞物理学部門 (2018)
公式サイト
www.iro.umontreal.ca/~brassard
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジル・ブラッサール(Gilles Brassard、1955年4月20日 - )は、カナダの物理学者。モントリオール大学の教員である。1988年から教授、2001年からw:Canada Research Chairを務めている[2][3]カナダ勲章及びケベック国家勲章受章者。王立協会フェローカナダ王立協会フェロー

生い立ちと教育

[編集]

ブラッサールは、1972年にモントリオール大学を卒業後、1975年に修士号を取得、1979年にコーネル大学から計算機科学Ph.D.を受け、指導教授のジョン・ホップクロフトとともに暗号の分野で研究を行った[1]

業績

[編集]

量子暗号量子テレポーテーション量子エンタングルメント蒸留、量子擬似テレパシー、量子エンタングルメントの古典シミュレーション等の分野における基礎的な研究で知られている[4][5][6][7][8][9][10]。これらのコンセプトのいくつかは、実験室内で実現している。

1984年、チャールズ・ベネットとともに、量子暗号のためのBB84プロトコルを開発した[11][12]。彼は後にこの成果をカスケードエラー訂正プロトコルを含むように拡張し、量子暗号シグナルの盗聴によるノイズを効率的に検出、訂正できるものとした。

受賞・栄誉等

[編集]

1991年から1998年まで、Journal of Cryptology誌の編集長を務めた[10]。2000年には、ケベック州政府で最高の科学賞であるマリー=ヴィクトラン賞を受賞した[10][13]。2006年には、カナダ人として初めて[10]国際暗号学会のフェローとなった[14]。2010年6月にはカナダで最高の科学賞であるヘルツバーグメダルを受賞した[15]。カナダ王立協会フェロー[10]、王立協会フェロー(2013年)にも選ばれている[16]

2012年トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞。2013年12月30日、カナダ総督デイヴィッド・ロイド・ジョンストンは、ジル・ブラッサールがカナダ勲章のオフィサーを授与すると発表した。2018年にはウルフ賞物理学部門[17]、2019年にはBBVA Foundation Frontiers of Knowledge Awardの基礎科学部門[18]w:Micius Quantum Prizeを受賞した。2022年C&C賞、2023年基礎物理学ブレイクスルー賞[19]エドゥアルト・ライン財団の基礎研究賞を受賞。

出典

[編集]
  1. ^ a b Gilles Brassard - Mathematics Genealogy Project
  2. ^ The Governor General of Canada's web page announcing appointment of Brassard to Order of Canada.
  3. ^ ジル・ブラッサールの出版物 - Google Scholar
  4. ^ Bennett, C. H.; Brassard, G.; Crepeau, C.; Jozsa, R.; Peres, A.; Wootters, W. K. (1993). “Teleporting an unknown quantum state via dual classical and Einstein-Podolsky-Rosen channels”. Physical Review Letters 70 (13): 1895-1899. Bibcode1993PhRvL..70.1895B. doi:10.1103/PhysRevLett.70.1895. PMID 10053414. 
  5. ^ Bennett, C. H.; Brassard, G. (2014). “Quantum cryptography: Public key distribution and coin tossing”. Theoretical Computer Science 560: 7-11. doi:10.1016/j.tcs.2014.05.025. https://www.cs.ucsb.edu/~chong/290N-W06/BB84.pdf. 
  6. ^ Bennett, C.; Brassard, G.; Popescu, S.; Schumacher, B.; Smolin, J.; Wootters, W. (1996). “Purification of Noisy Entanglement and Faithful Teleportation via Noisy Channels”. Physical Review Letters 76 (5): 722-725. arXiv:quant-ph/9511027. Bibcode1996PhRvL..76..722B. doi:10.1103/PhysRevLett.76.722. PMID 10061534. 
  7. ^ Bennett, C.; Brassard, G.; Mermin, N. (1992). “Quantum cryptography without Bell's theorem”. Physical Review Letters 68 (5): 557-559. Bibcode1992PhRvL..68..557B. doi:10.1103/PhysRevLett.68.557. PMID 10045931. 
  8. ^ Bennett, C. H.; Brassard, G.; Crepeau, C.; Maurer, U. M. (1995). “Generalized privacy amplification”. IEEE Transactions on Information Theory 41 (6): 1915. doi:10.1109/18.476316. 
  9. ^ Bennett, C.; Bessette, F. O.; Brassard, G.; Salvail, L.; Smolin, J. (1992). “Experimental quantum cryptography”. Journal of Cryptology 5. doi:10.1007/BF00191318. 
  10. ^ a b c d e Herzberg runner-up: Gilles Brassard, Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada, retrieved 2010-01-24.
  11. ^ Brumfiel, G. (2007). “Quantum cryptography: Seeking absolute security”. Nature 447 (7143): 372-373. Bibcode2007Natur.447..372B. doi:10.1038/447372a. PMID 17522650. 
  12. ^ Anderson, Mark Kendall (2003), “The secret is out”, New Scientist 2423, https://www.newscientist.com/article/mg18024233.900-the-secret-is-out.html .
  13. ^ Les Prix du Quebec - le laureat Gilles Brassard, retrieved 2010-01-24.
  14. ^ Gilles Brassard, IACR Fellow, 2006, International Association for Cryptologic Research, retrieved 2010-01-24.
  15. ^ Les chercheurs de l'UdeM remportent trois prix nationaux en sciences Archived 2010-06-05 at the Wayback Machine., retrieved 2010-06-20.
  16. ^ Professor Gilles Brassard FRS”. Royal Society. 2013年7月29日閲覧。
  17. ^ Wolf Prize 2018
  18. ^ BBVA Foundation Frontiers of Knowledge Award 2019
  19. ^ Winners Of The 2023 Breakthrough Prizes In Life Sciences, Mathematics And Fundamental Physics Announced”. breakthroughprize.org (2022年9月22日). 2022年9月23日閲覧。