イグナシオ・シラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファン・イグナシオ・シラク・サストゥライン
Juan Ignacio Cirac Sasturain
Prof Cirac office klein (cropped).jpg
生誕 (1965-10-11) 1965年10月11日(57歳)
スペインの旗 スペイン バルセロナ県マンレザ
居住 ドイツの旗 ドイツ
国籍 スペインの旗 スペイン
研究分野 物理学者
研究機関 マックスプランク量子光学研究所
出身校 マドリード・コンプルテンセ大学
論文 Interaction of two-level atoms with non-classical states of light[1] (1991)
博士課程
指導教員
Luis Lorenzo Sanchez Soto
主な指導学生 Frank Verstraete
Guifre Vidal
主な業績 イオントラップ型量子コンピュータ
量子ネットワーク
w:W state
w:Tensor network states
主な受賞歴 アストゥリアス皇太子賞 (2006)
BBVA Foundation Frontiers of Knowledge Award (2008)
ベンジャミン・フランクリン・メダル (2010)
ウルフ賞物理学部門 (2013)
マックス・プランク・メダル (2018)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

イグナシオ・シラク(Juan Ignacio Cirac Sasturain、1965年10月11日 - )は、スペイン物理学者である。量子コンピュータ及び量子情報理論のパイオニアの1人である。

経歴[編集]

1988年にマドリード・コンプルテンセ大学を卒業し、コロラド大学ボルダー校宇宙物理学複合研究所のペーター・ツォラーの下でポスドク研究を行うため、アメリカ合衆国に移住した。1991年から1996年まで、カスティーリャ=ラ・マンチャ大学で物理学を教えた[2]

1996年、インスブルックにある理論物理学研究所の教授となり、2001年からはガーヒング・バイ・ミュンヘンにあるマックス・プランク量子光学研究所で理論部門を率いた。同時に、ミュンヘン工科大学の名誉教授に指名された。また、設立された2002年から、バルセロナのInstitute of Photonic Sciencesで特別招聘教授及びリサーチアドバイザを務めている。ハーバード大学ミュンヘン工科大学ハンブルク大学カリフォルニア大学サンタバーバラ校ハノーファー大学ブリストル大学パリ大学サクレー研究所高等師範学校マサチューセッツ工科大学等でも研究を行っている[3]

研究領域は、量子光学、量子情報理論、量子多体物理学等である。彼の理論に基づいて、量子コンピュータが情報科学に革新を起こし、より効率的で安全な情報通信が可能になると期待される。ペーター・ツォラーとのイオントラップ型量子コンピュータに関する共同研究は、実験的量子コンピュータの可能性を開き、光学格子に関する共同研究は量子シミュレーションの分野を飛躍させた。また、量子情報理論、縮退量子気体、量子光学、くりこみ群等の分野でも独創性に富んだ貢献を行っている[4]。2017年時点で、ほとんどが著名な学術誌への440を超える論文を発表しており[5]、この分野で最も引用の多い著者の1人となっている[6][7]ノーベル物理学賞の受賞候補の1人とされている[8]

受賞等[編集]

2006年のアストゥリアス皇太子賞学術・技術研究部門[3]、2008年のBBVA Foundation Frontiers of Knowledge Award基礎科学部門[9]、2009年のトムソン・ロイター引用栄誉賞、2010年のベンジャミン・フランクリン・メダル物理学部門等、多数の賞を受賞している。2013年には、ペーター・ツォラーとともに、ウルフ賞物理学部門を受賞した[10][11]。2018年にはマックス・プランク・メダルw:Micius Quantum Prizeも受賞した[12]

2003年には、アメリカ物理学会のフェローに選ばれた[13]

出典[編集]

  1. ^ Original in Spanish: Interaccion de atomos de dos niveles con estados no clasicos de luz, cf. UCM Tesis”. Library, Universidad Complutense de Madrid. 2018年1月30日閲覧。
  2. ^ Academy of Sciences Leopoldina: “Curriculum Vitae”. leopoldina.org. 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ a b Juan Ignacio Cirac: Prince of Asturias Award for Technical & Scientific Research 2006”. fpa.es. Fundacion Princesa de Asturias. 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ Leopoldina German Academy of Sciences: “Member's Profile”. leopoldina.org. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ Resume - Juan Ignacio Cirac”. MPI for Quantum Optics. 2018年1月21日閲覧。
  6. ^ 2258 Highly Cited Researchers (h>100) according to their Google Scholar Citations public profiles”. webometrics.info. 2018年1月21日閲覧。 (Cirac is no. 592 on the list)
  7. ^ 2017 Highly Cited Researchers”. clarivate.com. 2018年1月21日閲覧。
  8. ^ https://physicsworld.com/a/nobel-prize-sizzle-building-excitement-in-the-run-up-to-the-physics-award/
  9. ^ Ignacio Cirac, Frontiers of Knowledge Laureate”. Fundacion BBVA. 2020年2月9日閲覧。
  10. ^ Prof. Juan Ignacio Cirac Winner of Wolf Prize in Physics - 2013”. 2018年1月21日閲覧。
  11. ^ Olivia Meyer-Streng. “Prof. Ignacio Cirac receives Max-Planck Medal from the German Physical Society”. mpq.mpg.de. 2018年1月21日閲覧。
  12. ^ Zhu Lixin (2019年4月28日). “Chinese prize for quantum research announced”. China Daily. 2020年2月9日閲覧。
  13. ^ APS Fellow Archive”. APS. 2020年9月15日閲覧。