ダニエル・クレップナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Daniel Kleppner
ダニエル・クレップナー
生誕 (1932-12-16) 1932年12月16日(88歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
研究分野 原子物理学
研究機関 マサチューセッツ工科大学
出身校 ウィリアムズ大学
ケンブリッジ大学
ハーバード大学
論文 The Broken Beam Resonance Experiment[1] (1959)
博士課程
指導教員
ノーマン・ラムゼー
博士課程
指導学生
ウィリアム・ダニエル・フィリップス
主な受賞歴 ウルフ賞物理学部門(2005)
アメリカ国家科学賞(2006)
公式サイト
web.mit.edu/physics/people/faculty/kleppner_daniel.html
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ダニエル・クレップナー(Daniel Kleppner、1932年12月16日 - )は、アメリカ合衆国物理学者マサチューセッツ工科大学名誉教授。原子物理学を専門とする。ニューヨーク市生まれ。

Robert J. Kolenkowとともに、人気のある力学の入門書を執筆した。クレップナーは1953年にウィリアムズ大学、1955年にケンブリッジ大学で学士号をとり、ノーマン・ラムゼーの指導の下、1959年にハーバード大学で博士号を取得した[2]

主な著書[編集]

  • Thomas J. Greytak and Daniel Kleppner (2001). “Bose-Einstein Condensation”. McGraw-Hill Yearbook of Science and Technology: 64–67. 
  • D. G. Fried, T. C. Killian, L. Willmann, D. Landhuis, S. C. Moss, D. Kleppner, and T. J. Greytak, (1998). “Bose-Einstein Condensation of Atomic Hydrogen”. PRL 81: 3811. doi:10.1103/PhysRevLett.81.3811. 
  • T. C. Killian, D. G. Fried, L. Willmann, D. Landhuis, S. C. Moss, T. J. Greytak, and D. Kleppner (1998). “Cold Collision Frequency Shift of the 1S-2S Transition in Hydrogen”. PRL 81: 3807. doi:10.1103/PhysRevLett.81.3807. 
  • C. L. Cesar, D. G. Fried, T. C. Killian, A. D. Polcyn, J. C. Sandberg, I. A. Yu, T. J. Greytak, and D. Kleppner (1996). “Two-Photon Spectroscopy of Trapped Atomic Hydrogen”. PRL 77: 255. doi:10.1103/PhysRevLett.77.255. 
  • T. C. Killian, D. G. Fried, C. L. Cesar, A. D. Polycn, T. J. Greytak, D. Kleppner (1996). “Doppler-Free Spectroscopy of Trapped Atomic Hydrogen”. Proceedings of the 15th International Conference on Atomic Physics. 
  • C. L. Cesar, D. G. Fried, T. C. Killian, A. D. Polcyn, J. C. Sandberg, J. M. Doyle, I. A. Yu, T. J. Greytak, and D. Kleppner (1995). “Two-Photon Spectroscopy of Trapped Atomic Hydrogen”. Proceedings of the Symposium on Frequency Standards and Metrology, Woods Hole, MA. 

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Harvard Physics PhD Theses, 1954-1970”. Harvard University Department of Physics. 2019年7月26日閲覧。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]