アッカ・ネットワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アッカ・ネットワークス
ACCA Networks Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 3764
2005年3月4日 - 2009年6月18日
本社所在地 日本の旗 日本
100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目12番1号
新有楽町ビル
設立 2000年3月15日
業種 情報・通信業
事業内容 情報通信サービス
代表者 代表取締役社長 須山勇
資本金 166億9363万円
売上高 単体299億4606万円
連結299億7773万円
(2008年12月期)
総資産 単体320億1348万円
連結320億4297万円
従業員数 227人
決算期 12月31日
主要株主 イー・アクセス 88.06%
外部リンク http://www.eaccess.net/acca/
特記事項:2009年6月25日、イー・アクセスと合併(上記のデータは市場情報・住所・従業員数などを除き全て2008年12月31日時点でのもの)。
テンプレートを表示

株式会社アッカ・ネットワークスACCA Networks)とはかつて日本に存在した電気通信事業者である。最末期はイー・アクセス(後のワイモバイル)の子会社であった。

ADSLなどのデジタル加入者線光ファイバー回線などを提供する事を主な業務としていた。

略史[編集]

創立〜回線業者としての地位確立[編集]

東京都政令指定都市周辺の地区を対象に特定のインターネット・サービス・プロバイダと提携して、提携先のプロバイダによってデジタル加入者線ADSL)・光ファイバー回線(UCOM提供)とプロバイダ契約を一括して提供する方式を取っていた。

WiMAX事業展開構想〜失敗[編集]

2006年に入りWiMAX規格の通信技術を用いた無線通信実験を行うなど、固定回線通信から無線通信へ事業展開しようとしていた。2007年10月11日NTTドコモとの合弁会社アッカ・ワイヤレスによるモバイルWiMAXサービス(通信スピードは下り最大40Mbps、上り最大5Mbpsを予定)の2009年3月サービス開始を目指し、2.5GHz帯免許申請を行ったが落選した。

企業力低下〜イー・アクセス筆頭株主へ[編集]

2008年1月15日にイー・アクセスが提出した株券などの大量保有報告書によりイー・アクセスが発行済み株式の12.69%を取得し、NTTコミュニケーションズを抜いて筆頭株主となっていたことが発表される。翌1月16日にイー・アクセスから経営の抜本的改革のため、3月28日開催の株主総会における議案としてアッカ現経営陣の退任とイー・アクセス側からの取締役の選任を提案される。

2月21日に木村正治社長が健康上の理由により、3月28日の株主総会において任期満了を持って辞任することが発表された。しかし、3月17日には木村社長が急遽一身上の都合を理由に退任した。これにともないイー・アクセスによる経営陣退任提案は取り下げられたが、引き続き筆頭株主として経営を見守る方針を表明した。

イー・アクセスとの提携〜合併へ[編集]

7月31日に、イー・アクセスとの資本・業務提携を締結。これにともないイー・アクセスがアッカの第三者割当増資を引き受け、45.1%の株式を取得し子会社化。10月29日に、イー・アクセスがアッカの賛同を受けた友好的株式公開買い付けを実施することを発表(買い付け期間:10月30日11月28日)。会社組織を終息させる事と引き換えに中核事業であったADSL等の非モバイルブロードバンド事業を存続させる事を選んだ。

2009年6月25日、イー・アクセスはアッカを吸収合併。これにより、会社組織としてのアッカ・ネットワークスは終焉を迎えた。イー・アクセスは合併後もアッカのサービスサポートを継続し、非モバイルブロードバンド事業の一体化と事業効率化による経営基盤を強めていくことを発表している。

イー・アクセスはその後、ソフトバンクモバイルに吸収合併され、2016年度をもって旧アッカ・ネットワークスのDSLサービスおよび法人光アクセスサービスを終了した。[1][2]

沿革[編集]

出資者[編集]

  • イー・アクセス
  • NTTコミュニケーションズ
  • IT2000投資事業有限責任組合(イグナイトジャパン)
  • コバッド・コミュニケーションズ(アメリカ)

関連項目[編集]

  • ワイモバイル - 旧イー・アクセス時代に前述の通りかつては同業他社であったアッカを子会社化し、最終的には合併して組織を継承した。
  • 湯崎英彦 - 元副社長で2009年に広島県知事に当選

脚注[編集]

外部リンク[編集]