浦臼町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うらうすちょう
浦臼町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 空知総合振興局
樺戸郡
団体コード 01431-1
面積 101.08 km²
総人口 2,092
住民基本台帳人口、2014年6月30日)
人口密度 20.7人/km²
隣接自治体 美唄市
樺戸郡新十津川町月形町
空知郡奈井江町石狩郡当別町
町の木 サクラ
町の花 ツツジ
浦臼町役場
町長 斉藤純雄
所在地 061-0692
北海道樺戸郡浦臼町字ウラウスナイ183-15
北緯43度25分49.7秒東経141度49分7.6秒
外部リンク 浦臼町

日本地域区画地図補助 01420.svg

浦臼町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

浦臼町(うらうすちょう)は、北海道空知総合振興局管内にある町。

町名の由来[編集]

浦臼とはアイヌ語で「ウライ・ウシ・ナイ」(網を干すところの川)から転訛したものとされる。あるいは「ウラシ」(笹の多いところ)に由来するという説もある。

地理[編集]

北海道空知総合振興局管内のほぼ中央に位置し、西部は隈根尻山などの樺戸連山が南北に走る。市街地は石狩川右岸にあり、周辺部は水田がひろがる。

  • 山 : 隈根尻山、樺戸山、浦臼山、鳥越山、天狗鼻
  • 河川 : 石狩川、樺戸境川、浦臼内川、黄臼内川、滝田川、於札内川、札的内川、晩生内川
  • 湖沼 : ピラ沼、トイ沼、浦臼沼、鶴沼、新沼、月沼、東沼、西沼、ウツギ沼

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1887年 樺戸集治監の囚人達によって、月形 - 晩生内(おそきない)間の道路開削。入植開始。
  • 1899年 浦臼村、月形村(現月形町)より分立
  • 1909年 二級町村制施行
  • 1960年 町制施行「浦臼町
  • 1998年 ウラウスリゾート開発公社特別精算
  • 1999年 開基百年
  • 2003年 中空知地域合併協議会設置

経済[編集]

産業[編集]

  • 農業:米、花卉、メロン、ばれいしょ、アスパラガス、ぼたんそば、ブドウ(ワイン用)

立地企業[編集]

農協[編集]

  • ピンネ農業協同組合(JAピンネ)浦臼支所

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 浦臼郵便局(集配局)
  • 晩生内郵便局
  • 鶴沼郵便局

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察

消防

  • 砂川地区広域消防組合奈井江・浦臼統合支署(奈井江町)

姉妹都市・提携都市[編集]

国内

地域[編集]

人口[編集]

Demography01431.svg
浦臼町と全国の年齢別人口分布(2005年) 浦臼町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 浦臼町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
浦臼町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 5,245人
1975年 3,960人
1980年 3,654人
1985年 3,400人
1990年 3,058人
1995年 2,854人
2000年 2,643人
2005年 2,417人
2010年 2,206人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 中学校
    • 浦臼中学校
  • 小学校
    • 浦臼小学校

交通[編集]

浦臼駅

鉄道

バス

※浦臼町営バスは全線一律200円(両路線の乗り継ぎの場合は300円)

タクシー

  • 美唄圏エリア

渡船

  • 美浦渡船(石狩川、浦臼 - 美唄間)

道路

名所・旧跡・観光スポット[編集]

浦臼神社
  • 札的沢大滝
  • 美浦渡船
  • 鶴沼公園
  • 浦臼町自然休養村センター/浦臼町温泉保養センター
  • 浦臼神社
  • 東洋一の鶴沼ワイナリー(ワイン用葡萄畑の作付け面積・収穫量が日本一)
  • 坂本龍馬家の墓(往時の龍馬ゆかりの人々が眠る)
  • いこいの森公園(樺戸連山が一望、野生小動物の鑑賞が出来る)
  • カタクリとエゾエンゴサクの群生地浦臼神社
  • 浦臼郷土資料館(蝦夷地開拓の夢を抱いた幕末のヒーロー龍馬に触れることが出来る)
  • 恋人の聖地(石造り倉庫「蔵」)
  • 田園空間博物館農機具展示場 (歴史的農機具展示施設)
  • 山口誓子(俳人)の句碑

イベント・祭事・催事[編集]

  • 浦臼夏祭り
  • ワインの里フェスティバルin 浦臼
  • ぼたんそば収穫祭 in 浦臼

出身者[編集]

ウラウスリゾート問題[編集]

  • 第三セクターの「ウラウスリゾート開発公社」に関係する一連のスキャンダルと倒産劇。
    • バブル期に大規模なリゾート開発が計画され、ウラウスリゾート開発公社が設立された。バブルがはじけたにもかかわらずある程度造成が進んだ。
    • しかし1992年富士銀行赤坂支店不正融資事件が発覚。逮捕された人物がウラウスリゾートに深く関わり、またリゾート計画そのものが事件と関与していることが国会でも取り上げられ、工事が中断。
    • 1998年、開発公社は135億円の負債を抱え、倒産。

その他[編集]

  • 坂本龍馬の甥、坂本直寛が入植した。お墓も浦臼に存在。
  • 會賓桜しいたけ飯店本店(中華料理店)が札的駅のすぐそばにあり、昼食と夕食の時間帯に札幌・当別方面からの列車が設定されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]