怪盗100面相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

怪盗100面相』(かいとうひゃくめんそう)は、日本テレビ2011年から不定期に放送されている特別番組

第1回は『THE賞金首』(ザしょうきんくび)というタイトルで放送された。

第4回の正式タイトルは『一攫千金 賞金稼ぎゲーム 怪盗100面相 なりすまし賞金首を捕まえろ!』。

概要[編集]

とある街を舞台に、賞金を賭けて潜入している有名芸能人(怪盗)をプレイヤー(刑事)が探し出すかくれんぼゲーム番組。

ルール[編集]

  • 番組の舞台となる大型商業施設の中に、有名芸能人(怪盗)が潜入。その芸能人を2人1組で組んだプレイヤー(刑事)が探し出す。隠れている有名人は変装して一般人になりすましていたり、特殊メイクをして背景と溶け込んでいたりするなど、容易に見つけることはできない。
  • 見つけた場合はその有名人を捕まえ、怪盗の誰であるかを申告する。正解であれば確保となり、その有名人にかけられていた懸賞金を獲得(金額は確保するまでわからない)。懸賞金は難易度が高い有名人ほど高くなる。不正解の場合は「誤認確保」となり、手持ちの賞金から1万円が差し引かれる。
  • 怪盗(賞金首)は複数名いるものの、スタート時には数名しか明かされない。ゲームが進むにつれ追加情報として随時新たな怪盗が追加される。
  • 各プレイヤーには専用のスマートフォンが与えられており、新たな情報の通知や確保した怪盗(賞金首)の懸賞金額の発表などを行う。
  • 制限時間は2時間。全員を確保するかタイムアップでゲーム終了となる。最終的に獲得した懸賞金が一番高いペアが優勝となり、実際に賞金を持ち帰ることができる。
  • 第2回からは怪盗団を束ねる「ボス」も登場。通常の怪盗よりも見つけずらく、正体を知るには怪盗を捕まえたときに入手できるヒントが必要となる。確保することができれば全怪盗中最高賞金を手に入れることができる。ただし、中にはボスが用意した「影武者」も潜伏しており、誤って影武者を確保した場合、誤認確保として10万円が差し引かれる。
  • 第3回からはエリア内に道具屋が出現。その時点で獲得している賞金を使用することで、捜査に便利なアイテムを購入することができる。

各回の詳細[編集]

第1回[編集]

刑事
青チーム:高田延彦後藤輝基フットボールアワー
緑チーム:磯野貴理子澤部佑ハライチ
桃チーム:岡本玲トリンドル玲奈
賞金首
賞金首 変装 懸賞金 獲得チーム
小島よしお 大道芸人 4万円
山本梓 警備員 3万円
まちゃまちゃ ショップ店員 10万円
岩尾望フットボールアワー OL 1万円
麻木久仁子 ギャル 16万円
山田ルイ53世(髭男爵 子連れの父 8万円
AMEMIYA ストリートミューシャン 5万円
錦野旦 レンガのベンチ 15万円
ムーディ勝山 レストランスタッフ 18万円
デヴィ夫人 工事現場の作業員 20万円
  • 緑チームは一般人を誤認確保したため1万円マイナス。
  • 青チームはプライベートで訪れていた三浦大輔選手(横浜ベイスターズ)を発見したが、偶然によるものなのでお咎め無しとされた。
結果
青チーム:52万円
緑チーム:35万円
桃チーム:12万円

第2回[編集]

  • 放送日時:2012年12月8日13:30 - 14:55(『サタデーバリューフィーバー』内で放送)
  • 舞台:ららぽーと豊洲
  • 怪盗の数:10人+ボス
  • 賞金総額:100万円
刑事
青チーム:宮川大輔藤森慎吾オリエンタルラジオ
緑チーム:立石諒杉山愛
桃チーム:LiLiCo指原莉乃HKT48
特別ルール
  • 怪盗を1人確保するたびに、「ボスの正体への手がかりとなるヒント」か「捜索に役立つお助けカード」のどちらかを獲得できる。どちらを入手できるかは確保した怪盗によって異なる。アイテムの場合は3つの中からランダムで1つ支給される。指定されたタイミングであればいつ使用しても構わない。
    • イケメン情報屋・美人情報屋
      使用するとチームの端末に顔写真が送信される。該当の人物を見つけ出すことができれば、怪盗のうち1人を見つけ出すための有力情報を手に入れることができる。この他にもエリア内には大勢のエキストラがいる。行使した旨は全チームに通達される。
    • 時よ止まれ
      使用したチーム以外の2チームを5分間足止めさせる。足止め中に作戦会議などをすることは可能。どのチームが行使したかは通達されない。
    • 倍々ダイス
      怪盗を確保した際に使用できる。サイコロを振り、出た目の倍率に確保した怪盗の賞金をかけた額が手に入る。サイコロは2倍が4面、半減が1面、0が1面。獲得した際の怪盗にすぐに行使することも可能。
怪盗
怪盗 変装 懸賞金 獲得チーム
鳥居みゆき 男子高校生 5万円
手島優 歯科助手 3万円
高木晋哉(ジョイマン 施設外壁 10万円
矢部太郎カラテカ 犬を連れた女性 5万円
西村知美 ギャル店員 10万円
錦野旦 外の茂み 7万円
あき竹城 ピアノの先生 8万円
酒井敏也 カゴに入った
バスケットボール
12万円×2

24万円
ゆうたろう(影武者) 子連れの父 -10万円
波田陽区 フードコートの店員 7万円
デヴィ夫人 外国人男性 15万円
千秋(ボス) 子供 18万円
結果
青チーム:20万円
緑チーム:36万円
桃チーム:46万円

第3回[編集]

刑事
青チーム:宮川大輔・藤本敏史FUJIWARA
桃チーム:石原良純中村アン
緑チーム:後藤輝基(フットボールアワー)・浅尾美和
特別ルール
  • 怪盗を1人確保するたびに、ボスへの手がかりとなるヒントを手に入れることができるが、怪盗の中には下っ端であるため情報を持っていない怪盗もいる。また、エリア内にいるエキストラからは怪盗の情報や捜索に役立つ情報が得られる。なお、確保された怪盗は自由に行動する。
  • エリアには道具屋(店主は林大介(かたつむり))が開かれており、獲得している賞金を消費することでアイテムを購入することができる。誰かが購入すると一定時間他のチームは同じ商品を購入することはできなくなる。
    • 倍々グローブ(3万円)
    購入から15分間の間に確保した怪盗の懸賞金が2倍になる。時間内であれば何人確保しても効果が適用される。
    • 怪盗レーダー(4万円)
    購入から15分間の間、怪盗に近づくと光と音で知らせるレーダーを使用できる。
    • 足止めの砂時計(5万円)
    購入すると一定時間、他チームの行動を足止めする。
    • 怪盗団の名簿(10万円)
    街の人からの情報を得て、店主に裏メニューの存在を聞くことで出してもらえる。発表されていない怪盗を含む、ボスを除いた15人全員の怪盗を知ることができる。先着1チームのみ。
また、ダミーアイテムとして疲れた脚を癒すマッサージチェアー(1万円)も売られている。
怪盗
怪盗 変装 懸賞金 獲得チーム
スギちゃん 餃子作り職人 3万円
森下悠里 マネキン 1万円
かずや(ザ・たっち 中年男性 4万円
原西孝幸(FUJIWARA) ラーメン屋の店長 11万円
鈴木奈々 孫を連れたおばあちゃん 9万円×2

18万円
ダンディ坂野 番組のカメラマン 7万円
フィフィ ツタンカーメンの置物 12万円
藤森慎吾(オリエンタルラジオ) ギャル 8万円
錦野旦 花壇の土 10万円
坂田利夫 ギャル男 5万円
たくや(ザ・たっち) 美容室の客 4万円
千秋 美容室のキッズルームにいた赤ちゃん 13万円
エスパー伊東 カフェの麻袋の中 8万円
エド・はるみ 植木職人の親方 15万円
美奈子(影武者) ゴスロリ少女 -10万円
ノッチ(影武者) ツアーで来たお坊さん -10万円
坂口杏里 清掃員 14万円
ヒロシ(ボス) ツアーで来たお坊さん
(ノッチよりも本格的な特殊メイクを使用)
確保できず
  • ヒントを教えるエキストラとしてリトル清原とニッチローも登場した。
  • 桃チームは怪盗レーダーと倍々グローブの購入及びエキストラの誤認確保をしたため8万円マイナス。
  • 緑チームは倍々グローブと怪盗団の名簿を購入したため13万円マイナス。
  • ボス(ヒロシ)へのヒントは「何度も自己紹介をする」「かつて流行ったフレーズを持つ(どちらも「ヒロシです」)」「影が薄くて目立たない」「名前はカタカナ3文字」「テーマソングがある(「ガラスの部屋」)」「坊主(変装時の状態)」「独身」「ピンで活動」「たくさん本が売れた(著書「ヒロシです」が30万部のベストセラー)」であった。
結果
青チーム:36万円
緑チーム:34万円
桃チーム:22万円

第4回[編集]

刑事
青チーム:宮川大輔・加藤シゲアキNEWS
桃チーム:藤木直人平愛梨
緑チーム:後藤輝基(フットボールアワー)・松本伊代
紫チーム:坂上忍菜々緒
特別ルール
  • 今回では賞金は各怪盗が持つ番号の付いたメダルに書かれたQRコードを読み取ることで賞金が発表される。また、怪盗を1人確保するたびにそのチームに対し、確保数に応じたボスのヒントが与えられる。
  • 前回同様エリア内には道具屋(店主はビューティーこくぶ)が設置されており、獲得した賞金を消費してアイテムを購入することができる。在庫は各1個のため、他チームが所有・使用している間は購入することはできない。
    • 足止めステッキ(3万円)
    使用すると5分間、他チームの行動を足止めする。
    • 倍々グローブ(4万円)
    購入から20分間の間に確保した怪盗の懸賞金が2倍になる。時間内であれば何人確保しても効果が適用される。
    • 怪盗レーダー(5万円)
    購入から20分間の間、怪盗に近づくと光と音で知らせるレーダーを使用できる。
    • 怪盗団の名簿(50万円)
    発表されていない怪盗を含む、ボスを除いた16人全員の怪盗を知ることができる。
  • また、エリア内にいるメイドに話しかけることで、先着2チームに「道具屋割引券」が与えられる。1チーム目は80%オフ、2チームは50%オフで、好きな1品を購入できる。
怪盗
怪盗 変装 懸賞金 獲得チーム
狩野英孝 カレー屋店員 3万円
小野まじめ(クールポコ ショーのボール 1万円
岩尾望(フットボールアワー) 桟橋 4万円
ビッグダディ ヤンキー風男性 7万円
山根良顕アンガールズ 2万円
なすび 妄想キャリブレーションのライブに来ていたファン 13万円
重盛さと美 小学生 10万円
千秋 妄想キャリブレーションの偽メンバー 8万円
杉原杏璃 人魚 6万円
加納典明 カメラマン 5万円
デヴィ夫人 セイウチ 14万円
錦野旦 ゲームセンター内のUFOキャッチャーのぬいぐるみ 11万円×2

22万円
浅香唯 女子高生 16万円
梅宮辰夫 ゴリラの着ぐるみ 15万円
金子貴俊 女子高生
(浅香と同じ集団)
9万円
スギちゃん(影武者) ゴリラの着ぐるみ(2体目) -10万円
吉澤ひとみ デート中の彼氏 12万円
桝太一(日本テレビアナウンサー)(ボス) 飼育員・ジンベイおじさん 25万円
  • ヒントを教えるエキストラにはちっちゃいおっさん尼崎市の非公認キャラクター)も登場。 ライブでは本物の妄想キャリブレーションも登場。
  • 青チームは足止めステッキ・怪盗レーダー・倍々グローブ(80%オフ券使用により8000円)購入により、8万8000円マイナス。
  • 緑チームは怪盗レーダー(50%オフ券使用により2万5000円)購入により、2万5000円マイナス。
  • 紫チームは倍々グローブ購入により、4万円マイナス。
  • ボス(桝)へのヒントは「将棋盤(将棋のマス)」「5文字かつ『す』『ち』が含まれる」「『?』な『?』1位(好きなアナウンサー1位)」「幼少期(小学校時代)の写真」「ボスはマスタ一(「マスター」ではなく「マスタいち」)」であった。また、飼育員・ジンベイおじさんに加え場内アナウンスも担当していた。
結果
青チーム:31万2000円
桃チーム:43万円
緑チーム:28万5000円
紫チーム:44万円

スタッフ[編集]

第3回時点
  • 構成:藤井靖大、木南広明
  • カメラ:安達良
  • VE:小出秀久
  • AUD:横田満洋
  • 美術:牧野沙和
  • 美術協力:日テレアート
  • 特殊メイク:ソウチウム
  • 技術協力:池田屋
  • 協力:アガサス、G-FORCE
  • 編集:武者宏、小山雄一郎
  • MA:元木綾美
  • CGデザイン:青柳敦史
  • 音効:保苅智子(サウンドエッグノッグ
  • デスク:野口美樹
  • TK:山沢啓子
  • リサーチ:リベラス
  • 編成:鬼頭直孝、森俊憲
  • 広報:高木明子
  • 演出補:白石公太、反町礎良、大竹正裕
  • ディレクター:三上昭人、川畑俊介、吉川真一朗、田中友洋、中島孝志
  • 演出:福田逸平太
  • プロデューサー:滝澤真一郎/長瀬徹、田辺わたる、佐藤里絵、山川好美、三浦佳憲
  • チーフプロデューサー:松崎聡男
  • 制作協力:ZIONBOOM UP
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • プロデューサー:田中宏史(第2回まで)
  • チーフプロデューサー:菅賢治(第2回まで)

外部リンク[編集]