林下清志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はやしした きよし
林下 清志
生誕 1965年4月8日(49歳)
岩手県九戸郡山形村(現・久慈市山形町)
別名 ビッグダディ、コダカラー・清志
職業 柔道整復師
著名な実績 痛快!ビッグダディ』の主人公
身長 157cm

林下 清志(はやしした きよし、1965年4月8日 - )は、日本の元柔道整復師テレビ朝日系のドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』の主人公として出演し、注目される。 タレント登録がされていない一般人(文化人枠)であるが、本業の傍ら、その知名度を活かして自伝を出版し、各地のイベントに参加するなどタレントのような活動をしている。番組上「ビッグダディ」と呼ばれており、タレントのタモリから命名されたニックネーム[1]をもじって、「コダカラー・清志」という愛称に改名しているが定着せず、「ビッグダディ」で紹介されることが多い。

人物

  • 柔道三段[要出典]、趣味は釣り・散歩、得意は料理。本人も11人兄弟の6男(兄5人、姉4人、妹1人)で大家族。
  • メガネ口ひげ、常に頭に巻いているタオルがトレードマーク。自称ケンシロウスタイル(自分で袖を切落したトレーナーを着用)で素足が多い。
  • 2014年4月14日、一般女性との再婚をブログで報告[2]。5度の結婚と4度の離婚を経て、連れ子を含めると6男14女の計20名の子供(元嫁12名、前嫁6名、現嫁2名)がいる。現在は、妻及び一部の子と岩手県盛岡市に在住、ほどなくしてタレント・講演活動が主となったため、柔道整復師としての活動は休止している。
  • 一人称は我輩・オイラで、「愉快」・「左様なり」が口癖。
  • 養育費については「払わないんじゃない。払う必要がないから払わないだけだとわしは思う。」と公言している。
  • タレント活動中は冬場以外は野宿をしていると述べていたが、実際は週の大半を妻の団地で過ごしている。
  • 未成年の三姉妹をグラビアデビューさせた。
  • 2013年度の収入は1200万円と公言した。
  • 番組当初は酒を飲まない設定であったが、各地のイベント終了後に、Twitterのフォロワーを募って「FMG(フォロワーミーティング)」という名の飲み会をやっている。

略歴

  • 2013年4月8日 盛岡市の自宅にて接骨院を開業[4]
  • 2013年4月26日 自伝『ビッグダディの流儀』を出版
  • 2013年10月9日 オフィシャルブログ開設
  • 2013年12月29日 『痛快!ビッグダディ』放映終了
  • 2014年1月28日 『コダカラー・清志』改名宣言[1]
  • 2014年4月11日 一般女性と婚姻(2名の連れ子)

出演

テレビ

ラジオ

WEB

  • 痛快!ビッグダディの名言が蘇る!!/着ボイス・呼出しボイス(2013年10月)
  • ビッグダディモバイル/スマートフォンサイト(2013年12月16日)
  • ビッグダディ特別企画「ビッグダディが心も身体もほぐしてくれる」(パシャオク、2014年2月~4月)
  • ビッグダディの「生でダディ的人生相談室」powered byパシャオク(Ameba Studio、2014年2月17日)
  • 麻雀最強戦2014/竹書房主催(ニコニコ生放送、2014年5月17日)
  • 愚痴侍/カンニング竹山(Ameba Studio、2014年6月24日)

イベント

講演

  • 林下清志講演会[5]日進市民会館、2011年4月29日)
  • 超痛快!ビッグダディめちゃ×2子育て90分スペシャル(さいたま市文化センター、2014年4月5日)
  • 林下清志講演会~ビッグダディ子育てを語る~(厚木市文化会館、2014年6月7日)

著書

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b コダカラ―は、「笑っていいとも!」に出演の際「真のあだ名をつけまSHOW!直感あだ名コンテスト」のコーナーで、MCのタモリから命名を受けたニックネームであり、子宝を連想させる。本人が気に入り、それをもじってTwitter名を変更した。
  2. ^ 入籍の御報告 - 林下清志オフィシャルブログ
  3. ^ 現:学校法人東北柔専「仙台接骨医療専門学校」。
  4. ^ 2013年10月、完全予約制のリラクゼーションへ移行。
  5. ^ ダディの子育て論や3度目の離婚・再婚の報告など。

関連項目

  • 美奈子 - 前嫁(2013年4月離婚)。タレント。
  • 月刊ブシロード - 2014年1月号(12月8日)にてモグラの漫画「今日も愉快に!」が掲載(PNはやししたきよし)。
  • SPA! - 「ビッグダディのさすらい乱取り」が、週刊SPA(扶桑社、2014年1月14日・1月21日合併号 - )にて新連載。

外部リンク