川中島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川中島駅
駅舎(2009年6月14日)
駅舎(2009年6月14日)
かわなかじま - Kawanakajima
今井 (2.2km)
(2.1km) 安茂里
所在地 長野県長野市川中島町上氷鉋[1]1371
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)[1]
日本貨物鉄道(JR貨物)[1]
所属路線 信越本線
篠ノ井線しなの鉄道線直通含む)
キロ程 4.3km(篠ノ井起点)
電報略号 ワナ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,509人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1917年大正6年)7月20日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
標高:362.4m
ホーム

川中島駅(かわなかじまえき)は、長野県長野市川中島町上氷鉋(かみひがの)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)信越本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅[1]。ホームと駅舎は跨線橋で連絡している。北陸新幹線が駅舎の上の高架線を通っている[1]。新幹線の建設に伴い駅舎が建て替えられた[1]

篠ノ井駅管理の業務委託駅で、長鉄開発が駅業務を受託しており、みどりの窓口(営業時間 7:20-17:40 ※ただし途中休止時間あり)が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 信越本線・篠ノ井線 上り 篠ノ井松本塩尻上諏訪方面
しなの鉄道線直通 戸倉上田小諸方面
2 信越本線 下り 長野方面

貨物取扱[編集]

現在JR貨物の駅は車扱貨物の臨時取扱駅であり、貨物列車の発着は無い。貨物設備は無く、専用線も当駅には接続していない。

1997年までは、専用線発着車扱貨物を取扱っていた。駅からは、西側にあった秩父セメント川中島サービスステーションへ至る専用線が分岐し、セメント輸送が行われていた。鉄道輸送終了後もセメント貯蔵サイロは使用されていたが、2008年に更地化され、現在は住宅が建っている[1]。また、国鉄分割民営化前までは、旧駅舎の南側に貨物ホームが存在した。その後、この場所には住宅と新幹線の高架橋および新幹線へのレール授受施設があり、そこへ側線が伸びている[1]

利用状況[編集]

近年の推移は以下の通り。

年度 一日平均
乗車人員
2000年 1,625
2001年 1,622
2002年 1,595
2003年 1,557
2004年 1,537
2005年 1,516
2006年 1,507
2007年 1,503
2008年 1,494
2009年 1,449
2010年 1,468
2011年 1,481
2012年 1,465
2013年 1,509

駅周辺[編集]

  • タクシーのりば(駅前ロータリー)[1]
  • バスのりば(駅前ロータリー)「川中島駅」停留所
地域循環バス川中島線 今里団地入口、今井駅、北原、西友川中島店方面
長野市乗合タクシー篠ノ井共和線 北組、古町公民館、篠ノ井駅、篠ノ井病院方面
※上記2路線は2010年6月 - 11月までの試験運行路線。
北原・篠ノ井線 33系統 北原、今井駅
北原・篠ノ井線 33系統 北原、篠ノ井高田
北原・篠ノ井線 33系統 丹波島宮前、丹波島橋南、長野バスターミナル、長野駅、昭和通り、市役所前
北原・篠ノ井線 103系統 丹波島宮前、丹波島橋南、長野バスターミナル、県庁前、合同庁舎前、善光寺大門
北原・篠ノ井線 111系統 丹波島宮前、丹波島橋南、長野バスターミナル、千石入口、昭和通り、善光寺大門
稲里循環線 35系統 中氷鉋東公園、稲里二ツ屋、丹波島橋南、長野バスターミナル、長野駅

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
信越本線
快速「しなのサンライズ」「しなのサンセット」
通過
快速(愛称なしの列車、ただし下りの一部は通過)
篠ノ井駅 - 川中島駅 - 長野駅
普通(「みすず」含む)
今井駅 - 川中島駅 - 安茂里駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』 信濃毎日新聞社、2011年7月24日、22頁。ISBN 978478407164。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]