十日市場駅 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十日市場駅
南口(2005年10月)
南口(2005年10月)
とおかいちば - Tōkaichiba
中山 (2.4km)
(2.0km) 長津田
所在地 横浜市緑区十日市場町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 横浜線
キロ程 15.9km(東神奈川起点)
電報略号 トイ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
20,420人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1979年昭和54年)4月1日
備考 業務委託駅
浜 横浜市内
北口(2005年11月23日)

十日市場駅(とおかいちばえき)は、神奈川県横浜市緑区十日市場町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。ホームには待合室があり、八王子寄り下りエスカレーター付近に設置されている。

長津田駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービスに委託)で、指定席券売機、自動券売機自動改札機設置駅。みどりの窓口は2012年2月29日をもって営業を終了し、同年5月15日より同じ横浜線の大口駅とともに東日本環境アクセス(現在はJR東日本ステーションサービスに移管)に駅業務委託。JRの特定都区市内制度における「横浜市内」に属する。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 横浜線 下り 町田橋本八王子方面
2 横浜線 上り 新横浜菊名東神奈川横浜磯子大船方面

※なお、昼間の上り列車は桜木町までの運行である。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗車人員は20,420人である[1]。 近年の推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗車人員[1]
1991年 20,580
1992年 21,054
1993年 21,033
1994年 21,428
1995年 21,987
1996年 22,362
1997年 22,211
1998年 21,941
1999年 22,135
2000年 22,312
2001年 22,142
2002年 21,712
2003年 21,575
2004年 21,259
2005年 21,053
2006年 21,032
2007年 21,300
2008年 21,417
2009年 20,996
2010年 20,859
2011年 20,398
2012年 20,420

駅周辺[編集]

環状4号線十日市場駅前(2014年4月6日)

環状4号線のすぐ脇にある。南口は、近くにある大規模団地の横浜若葉台団地霧が丘団地への利便を図るため、路線バスタクシー専用のロータリーが作られている。北口は一般車のロータリーがある。駅周辺は住宅地が多く、駅前と環状4号線沿いに施設が建ち並んでいる。学園都市であり、大学などが立地するほか塾や予備校なども多く立地し、学生・生徒の利用者が多い。

バス路線[編集]

南口バスロータリーに横浜市営バス東急バス神奈川中央交通の路線バスが発着している。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
1番 23
青23
郵便局前 若葉台中央 市営
神奈中
東急
境21 郵便局前・若葉台中央・亀甲山 三ツ境駅 神奈中
峰02 郵便局前・若葉台中央・今宿 鶴ヶ峰駅
2番 65 近隣公園前・保育園前 若葉台中央 市営
近隣公園前・地区公園
3番 55 ヴィンテージ前 若葉台中央 市営
345 大貫谷公園 【急行】若葉台中央
23 上の原 長津田駅
上の原・長津田駅・田奈駅こどもの国 奈良北団地
ふれあい
バス
ヒルタウン中央 【循環】十日市場駅
4番 23 新治町・杉沢 三保中央 市営
新治町 中山駅
ふれあい
バス
新治町 中山駅
5番 十91 (直行) 横浜新緑総合病院 東急
町70 田奈駅・中恩田橋・成瀬 町田バスセンター 神奈中
深夜 郵便局前 若葉台中央 東急
深夜 近隣公園前・地区公園 若葉台中央 市営
6番 23
55
65
青23
青葉台営業所前 青葉台駅 市営
東急
345 (急行) 【急行】青葉台駅 市営
7番 23 田奈駅・こどもの国 奈良北団地 市営

駅近隣には十日市場停留所があり、23・青23・境21・峰02・55・65の各系統が経由するが、当駅を利用する場合は十日市場駅前停留所(バスロータリー)が最寄りである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
横浜線
快速
通過
各駅停車
中山駅 - 十日市場駅 - 長津田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]