十日市場駅 (山梨県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十日市場駅
十日市場駅(2009年8月撮影)
十日市場駅(2009年8月撮影)
とおかいちば - Tōkaichiba
FJ08 都留文科大学前 (0.9km)
(1.6km) 東桂 FJ10
所在地 山梨県都留市十日市場769-3
駅番号 FJ09
所属事業者 富士急行
所属路線 大月線
キロ程 11.5km(大月起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
810人/日
-1982年-
開業年月日 1929年昭和4年)6月19日
備考 標高:520m
無人駅
プラットホーム(2006年2月撮影)

十日市場駅(とおかいちばえき)は、山梨県都留市十日市場にある富士急行大月線である。駅番号FJ09

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。線路はほぼ東西に走りホームは線路の北側に設けられている。ホームの中ほどには待合所が設置されておりこの脇から駅へ出入りが出来る。駅前は急斜面の道路となっており、下りきると国道139号に出る。

無人駅自動券売機は設置されておらず、当駅で切符を購入することは出来ない。

駅周辺[編集]

駅の都留文科大学前方で線路は桂川を渡るがこのとき下を覗き込むと蒼竜峡の渓谷美を一瞬眺めることが出来る。この景色はホームの都留文科大学前方の端からも見ることが出来る。蒼竜峡は、当駅の附近から上流1.5キロメートルほどのところまでの桂川に展開しており、その名は徳富蘇峰によって付けられたものである。

駅から西、桂川下流へ200メートルほど行ったところの桂川には田原ノ滝がある。柱状節理の発達した岩の上を数段になって水が落ちており、この滝を詠んだものとされる松尾芭蕉の俳句が刻まれた石碑が佐伯橋のたもとに建立されている。

バス路線[編集]

「十日市場駅前」バス停から予約型乗合タクシー「つる〜と東桂」が利用できる(事前に電話予約が必要)。

利用状況[編集]

1982年昭和57年)の年間乗降客数は295,574名であった。これを一日平均にするとおよそ810名になる。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

富士急行
大月線
フジサン特急・快速「富士登山電車」
通過
普通
都留文科大学前駅 (FJ08) - 十日市場駅 (FJ09) - 東桂駅 (FJ10)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]