ベレンコ中尉亡命事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベレンコ中尉亡命事件
Air-to-air right side view of a Soviet MiG-25 Foxbat interceptor aircraft.jpg
べレンコ中尉が亡命に使ったMiG-25P(同型機)
場所 北海道函館空港
日付 1976年昭和51年)9月6日
概要 領空侵犯 強行着陸 亡命事件
犯人 ヴィクトル・ベレンコ
動機 亡命
対処 北海道警察が現場を封鎖し、ベレンコの身柄を確保。

ベレンコ中尉亡命事件(ベレンコちゅういぼうめいじけん)は、冷戦時代の1976年9月6日ソビエト連邦軍現役将校ヴィクトル・ベレンコが、MiG-25(ミグ25)迎撃戦闘機日本函館市に着陸し、亡命を求めた事件である。ミグ25事件とも呼ばれる。

経緯[編集]

ミグ25の本土侵入[編集]

1976年9月6日ソ連防空軍所属のMiG-25戦闘機数機が、ソ連極東沿海地方ウラジオストクから約300km北東にあるチュグエフカ基地から訓練目的で離陸。 そのうちのヴィクトル・ベレンコ防空軍中尉が操縦する1機が演習空域に向かう途中で突如コースを外れ急激に飛行高度を下げた。 これを日本レーダーが午後1時10分頃に捉え、領空侵犯の恐れがあるとして急遽航空自衛隊千歳基地マクドネル・ダグラスF-4EJがスクランブル発進した。

空自は、地上のレーダーと空中のF-4EJの双方で日本へ向かってくるMiG-25を捜索した。 しかし、地上のレーダーサイトのレーダーは航空機の超低空飛行には対応できず[1]、また、F-4EJのレーダーは地表面におけるレーダー波の反射による擾乱に弱く、低空目標を探す能力(ルックダウン能力)が低かった。

F-4戦闘機に付与されたルックダウン能力は、実用に供された戦闘機においては史上初めての試みであり、当時の先進国で一般的に運用されていた戦闘機の技術的な限界であった。それを上回るルックダウン能力を備えるF-14/F-15は当時の最新鋭機であり、開発したアメリカでも実戦配備が開始された直後であったため、日本の空自における運用はまだ不可能な状態であった。

強行着陸[編集]

函館空港

そのためMiG-25は、航空自衛隊から発見されないまま北海道函館空港に接近、市街上空を3度旋回したあと午後1時50分頃に滑走路に強行着陸した。このとき着地点を誤って滑走路の中程寄りに接地したために、ドラッグ・シュートを使用したにもかかわらずオーバーランし、前輪をパンクさせて滑走路先の草地にあるILSローカライザーアンテナの手前で停止した。燃料の残りはほぼ限界に近いほどに減っていたという。

着陸時の一部始終は空港敷地内で工事をしていた現場監督が撮影していた。監督は撮影しながら機体に近づいたが、現れたパイロットが銃を取り出して空に向けて発砲したため危険を感じてフィルムを差し出した。のちにベレンコ中尉は、抵抗の意思がないことを示すためだったと証言している。また、当時学生だった航空機ファンの地元民が低空で飛ぶソ連機に気づき、授業を抜け出し滑走路のフェンスを潜り抜け近づいたのが最初の接触だとの証言もある(その際も空中への威嚇発砲を受けたとのこと)。

なお、MiG-25の着陸後に空港の航空管制官自衛隊にミグの着陸を通報したものの警察に電話するように言われ、警察に電話したところ今度は自衛隊に連絡するように言われてしまう。これを受けて航空管制官がとにかく早く来るように警察に伝えたところ、ようやく午後2時10分頃に北海道警察が到着した。その後函館空港周辺は、北海道警察によって完全封鎖された。領空侵犯は防衛に関わる事項であるが、空港に着陸した場合は警察の管轄に移るという主張から警察によって封鎖された現場から、陸上自衛隊員は管轄権を盾に締め出された[2]

6日当日の北海道警察による任意取り調べに、べレンコ中尉はアメリカ合衆国への亡命を要望し、併せて「当初千歳空港を目指したが、千歳空港の周辺は曇っていたため断念し函館空港に着陸した」と供述した。ソ連側は当日中にベレンコとの面会と身柄・機体の早期引き渡しを要求したが、翌7日に身柄は東京に移送され、8日にはアメリカが亡命受け入れを通告。防衛庁の事情聴収を経て、9日にはソ連大使館員がベレンコに面会し、意志確認をするとともに翻意を促したが果たせず、9日中にベレンコは羽田空港からアメリカに出国する。10日には法務省から防衛庁に機体の管轄が移される。

自衛隊の非常態勢[編集]

時代背景的には、米ソデタント崩壊の直前という時期にあたる。緊張は緩和されていたとはいえ、予断を許していたわけではない。また、ソ連軍特殊部隊など)が「機体を取り返しに来る」や「機密保全のため破壊しに来る」との噂が広まり、函館に駐屯する北部方面隊第11師団隷下の第28普通科連隊は作戦準備にかかった。

実際に、函館駐屯地で開催予定だった駐屯地祭りの展示用として用意されていた61式戦車35mm2連装高射機関砲 L-90が基地内に搬入され、ソ連軍来襲時には戦車を先頭に完全武装の陸上自衛隊員200人が函館空港に突入、防衛戦闘を行う準備がされていた。海上自衛隊大湊地方隊を主力に3隻を日本海側、2隻を太平洋側に配置して警戒に当たり、函館基地隊掃海艇函館港一帯の警戒、余市防備隊魚雷艇は函館空港付近の警備に当たった。同時に大湊基地ヘリコプターは常時津軽海峡上空で警戒飛行に当たり、上空にはF-4EJが24時間哨戒飛行を実施した。

ロッキードC-5

この際、海上自衛隊の竜飛警備所内に、陸上自衛隊東北方面隊対戦車隊が集結し、64式対戦車誘導弾60式106ミリ無反動砲を用意して、ソ連艦艇が強行侵入した場合の迎撃担当として待機していた。

実際にソビエト連邦からは機体の即時返還要求があり、当時の最大野党でソ連から資金提供を含む様々な支援を受けていた日本社会党もこれに同調したが、アメリカ軍航空自衛隊の協力のもとで、9月24日に慣例上認められている機体検査のためにMiG-25を分解し、アメリカ空軍ロッキードC-5Aギャラクシー大型輸送機に搭載して百里基地茨城県)に移送した。機体には「函館の皆さんさようなら、大変ご迷惑をかけました」と書かれた横断幕が掲げてあった。

移送の際には、ソ連軍による撃墜の可能性を鑑みて、空自のF-4EJ戦闘機が函館から百里まで護衛に当たっている。機体検査の後、11月15日に機体はソ連に返還された。

事件終結後、日本国政府は対処に当たった陸自に対して、同事件に関する記録を全て破棄するよう指示したが、これに対し当時の陸上幕僚長三好秀男は自らの辞意をもって抗議した。

亡命理由[編集]

ベレンコ中尉の亡命理由については諸説挙げられている。ベレンコが元々CIAの協力者だったとも言われるが、証拠は無い。理由として「待遇の悪さと、それに伴う妻との不和による衝動的なもの」という説が有力である[要出典]

事件の影響[編集]

この事件はパイロットの亡命要求であることが幸いしたが、仮に攻撃目的の場合でも、同様に航空自衛隊の防空網を突破されてしまう危険が露呈した。このため、日本レーダー網の脆弱性が批判され、日本の防衛能力は必要最低限にすら達していないという声が上がった。この事件を契機に日本における防衛論議の流れに変化が生じ、それまでは予算が認められなかった早期警戒機E-2Cの購入もなされた。

一方のソビエト側は、レーダーサイトが敵機、味方機を識別するЯСС(Я - свой)暗号を変更せざるを得なかった。また、当事件の調査のためチュグエフカ空軍基地を訪れた委員会は、現地の生活条件の劣悪さに驚愕し、直ちに5階建ての官舎、学校、幼稚園などを建設することが決定された。この事件は、極東地域を始めとする国境部の空軍基地に駐屯しているパイロットの待遇改善の契機ともなった。

また、この事件によって低高度侵入の有効性と、ルックダウン能力の低い戦闘機の問題点が浮き彫りにされてしまったため、当のMiG-25自身を時代遅れにしてしまうという皮肉な結果を招いた。MiG-25は高高度・高速侵入する敵機の迎撃が主目的で、低高度侵入する敵機への対処能力は空自のF-4EJよりさらに劣るからである[3]。後にソ連は、大幅に改良したMiG-31戦闘機を開発する事になる。

アメリカは、これまでMiG-25を超高速戦闘機として恐れており、それを意識する形もあってかF-15を開発していた。しかし、実際にはMiG-25はそれほどの脅威と呼ぶに値しなかった。特にそれまで耐熱用のチタニウム合金製と考えられていた機体が、実はステンレス鋼板にすぎなかったこと、真空管などを多用した電子機器が当時の水準としては著しく時代遅れなことに驚愕し、対ソ連軍事戦略にも大きな影響を及ぼした。しかし「真空管を使うのは時代遅れ」との説、「MiG-25をアメリカが脅威視していた」という説には異論もある。(詳しくはMiG-25を参照)

プラモデルメーカーの長谷川製作所は、折りしもMiG-25の1/72キットを販売した直後だったが、この事件以降売り上げが爆発的に増加した。このため、数年後に他のメーカーがガンプラなどのキャラクター商品に集中していた時期も、長谷川製作所だけが従来の軍用機シリーズの販売に傾倒していた[4]

亡命後のべレンコ[編集]

関連作品[編集]

  • FUTURE WAR 198X年』 - 事件直後に制作されたアニメ映画。ソ連空軍のボリス中尉が、最新鋭戦闘機「ブラック・ドラゴン」で、西ドイツリーンベルゲン地方の空軍基地に強行着陸して亡命。ソ連はスペツナズを送り込み、ボリス中尉を殺害。機体も爆破するが、これが原因でNATO軍とワルシャワ条約機構軍が全面衝突する。
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所』 - 単行本20巻収録のエピソード「真夜中のパイロット!」は、ソ連の少佐MiG-25戦闘機で亀有公園前派出所に不時着し、日本への亡命を希望するものの、「日本はあなたが思っているほど自由な国じゃない」と言う麗子の助言により、結局はソ連へと帰っていくという内容。
  • ブラック・ジャック』 - 事件直後に描かれた第143話「空からきた子ども」は、ウラン連邦の空軍少佐と妻が、一人息子の難病をブラック・ジャックに診せるため戦闘機で日本(ブラック・ジャックの家の前)に着陸するという内容。作品が掲載された『週刊少年チャンピオン』の発売日は9月17日で、事件からわずか11日後だった。
  • ファイヤーフォックス』 - 原作者のクレイグ・トーマスは、1976年のベレンコ中尉亡命事件にヒントを得て、この小説を一気に書き上げ1977年に出版されベストセラーとなった。1982年には小説を元にした映画も公開された。

脚注[編集]

  1. ^ 地上配備のレーダーは、地平線の影に隠れるような超低空飛行を行う航空機の捕捉は原理的に不可能であった
  2. ^ 佐々淳行『ポリティコ・ミリタリーのすすめ』 都市出版
  3. ^ F-4は初めてルックダウン能力を持った戦闘機であり、能力不足は当時の技術限界としてやむをえないものである。MiG-25は元よりルックダウン能力を持っていない
  4. ^ 日本プラモデル工業組合・編『日本プラモデル50年史 1958-2008』文藝春秋社 2008年 ISBN 9784160080638

参考文献[編集]

  • 大小田八尋『ミグ25事件の真相:闇に葬られた防衛出動』学習研究社〈学研M文庫〉、2001年。
  • 原田景『ミグ25事件:ドキュメント 怪鳥の航跡を全走査する』航空新聞社、1978年。
  • ジョン・バロン『ミグー25ソ連脱出:ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか』高橋正訳、パシフィカ、1980年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]