ヒュンダイ・ジェネシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュンダイ・ジェネシスHyundai Genesis)は、 韓国現代自動車(ヒュンダイ)が製造・販売する高級セダンおよびクーペジェネシスクーペ)である。

概要[編集]

2007年4月アメリカニューヨーク・モーターショーコンセプトカーが出展された。
韓国では2008年1月8日に発売、その直後に開催されたアメリカのデトロイトオートショー北米仕様の量産モデルが出展され、同年8月にアメリカ市場においては同社として初めて、主要な価格帯が3万ドル超となる高級車として発売された。さらに9月23日中国でも「ロヘンス(Rohens)」という名称で発売されている[1]


ジェネシスセダン[編集]

初代(BH型、2008年-2013年)[編集]

ヒュンダイ・ジェネシス
前期 フロント
20100812 hyundai genesis 1.jpg
前期 リヤ
20100812 hyundai genesis 2.jpg
製造国 韓国
販売期間 2008年 - 2013年
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン ラムダ(λ)V6 3.3L
ラムダ(λ)V6 3.8L
タウ(TAU、τ)V8 4.6L(北米仕様のみ)
変速機 ラムダ(λ)エンジン - アイシンAW製 6速AT(前期)/8速AT(後期)
タウ(τ)エンジン - ZF製 6速AT
駆動方式 後輪駆動(FR)
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
全長 4,975mm(前期)
4,985mm(後期)
全幅 1,890mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,935mm
別名 ロヘンス(中国市場)
-自動車のスペック表-

ヒュンダイが自社独自開発したとされるものとしては初となるFR乗用車であり、開発にあたっては他社の高級乗用車、特にレクサス・GSインフィニティ・Mなどがベンチマーク(参考、目標)とされた[2]。製造は、韓国の蔚山(ウルサン)工場内に新設された専用ラインで行われる。

ボディサイズは全長4975mm/全幅1890mm/全高1480mmで、素材に高張力鋼を使用し、接合には接着剤スポット溶接との併用によってベンチマークとされる各車種よりもねじり剛性が12~14%向上しているという。

エンジンV6・3.3L(262馬力・32.2kgm)と3.8L(290馬力・36.5kgm)。更に北米仕様車はV8・4.6L(375馬力)が加わる(韓国仕様車は3.3Lと3.8Lのみ)。

トランスミッションは、3.3Lと3.8L車がアイシンAW製の6速、4.6L車はZF製6速のATが装備される。

その他スマート・クルーズ・コントロール(レーダークルーズコントロール。装備されないグレードもある)やアダプティブ・ヘッドランプ(AFS)やスマートエントリーレキシコン製のオーディオなどといった装備も奢られている。

ヒュンダイによる高級車としては、三菱自動車との提携によるエクウス初代モデル(輸出名センテニアル)(日本では「プラウディア」及び「ディグニティ」として2001年まで製造・販売されていた)がある(さらにその源流と言える車種として、デボネア2代目・3代目モデルがベースとなるグレンジャー初代・2代目モデルや、グレンジャー2代目モデルの上級グレード車として開発されたダイナスティがあった)。エクウスは主に韓国本国や中東諸国などで販売され、日本や欧米には輸出されていない。

また、エクウスの2代目モデルは本車をベースとし、欧米などへは「ジェネシスプレステージ」の名称で輸出される見通しであると報じられている[3]

アメリカでの販売については、そのリスクの大きさを危惧する意見がある。原油価格高騰やサブプライムローン問題などの影響で2008年度には乗用車市場の縮小が予想されていることに加え、トヨタ自動車レクサスホンダアキュラのような独立した高級ブランドを展開することなく高級車販売を試みることの困難さが指摘されている。ヒュンダイはこれまで自社の製品を「日本車の安価な代用品」と位置付けていたため、ディーラー網は未整備であり、自前の単独販売店は数少ない。雑多な自動車展示場で2番手・3番手以下のブランドとして販売されている現状は、高級車のイメージとは相反するというわけである[4]

自動車評論家国沢光宏は自身の公式ブログにおいて、2007年12月時点において日本市場へは投入されない模様であり[5]、それを理由に日本の自動車評論家による試乗さえもシャットアウトされていると主張している[6][7]。その一方で、福島県郡山市にあるヒュンダイディーラーの公式ブログでは検討中であるらしいとの記述があり[8](ヒュンダイ日本法人によってテスト用に日本に持ち込まれているとの記述もあった[9])、さらに韓国のニュースサイトが[10]、次いで産経新聞[11]2009年に日本でも発売すると報じられたが、ヒュンダイの乗用車販売(大型商用バスユニバースは販売を継続するという)の日本市場からの撤退[12]により、正規輸入・発売の可能性は消滅している。但し、並行ながらも日本においてはクーペの項で記述されている「ジェネシス・ジャパン PROJECT」により、2012年4月より購入が可能となっている。


2011年3月7日、マイナーチェンジ。内外装をリフレッシュさせ商品力を向上させた。エクステリアについてはヘッドライト、リヤコンビレンズ、バンパーを変更。全長は10mm延びて4.985mmとなった。エンジンについてはV6・3.3Lと3.8Lという排気量はそのままに、GDiに換装することで出力と環境性能を向上。同時に、トランスミッションを自社開発の8速ATに切り替えた。

2011年5月17日、後述にもあるとおり2009年ソウルモーターショーに出品後、試験的に3台製作された「ジェネシス・プラダ」(GP(=Genesis PRADA)500)がマイナーチェンジ後のモデルをベースに限定発売された(2012モデル:2011年5月17日発表、2013モデル:2012年9月25日発表。各600台)。インテリアコーディネイトはプラダが担当し、シート素材に同社のバッグと同じサフィアーノを採用している。ボディカラーは3層コート処理された専用色の「ブラックネロ」「ブルーバルティコ」「ブラウンモロ」を用意(2013モデルでは「ブラウンモロ」は廃止されて2色)。エンジンはこのモデル専用に設定されるエクウスリムジン用V8・5.0Lτ(=タウ、430PS、52.0kg・m)を搭載するが、2013モデル版については、これに加えてV6・3.8LのGDi(GP380)も用意される。
尚、プラダとのコラボレーションの証として、生産番号が記されたシリアルプレートがプラダ全車に備わる。

2代目(DH型、2013年- )[編集]

ヒュンダイ・ジェネシス(2代目)
フロント
20131204 hyundai genesis 1.jpg
リヤ
20131204 hyundai genesis 2.jpg
製造国 韓国
販売期間 2013年 -
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン ラムダ(λ)V6 3.0L
ラムダ(λ)V6 3.3L
ラムダ(λ)V6 3.8L
タウ(TAU、τ)V8 5.0L
変速機 8速AT
駆動方式 後輪駆動(FR)/4WD(HTRAC)
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
全長 4,990mm
全幅 1,890mm
全高 1,480mm
ホイールベース 3,010mm
-自動車のスペック表-

2013年11月26日、韓国にて発表[13]。開発には5000億ウォンが投じられた1[14]。エクステリアには近年のヒュンダイのデザインアイコンである「Fluidic Sculpture(流体の彫刻)」を進化させた「Fluidic Sculpture 2.0」を採り入れると同時に、6ライトウインドウに変更してプレミアム性を向上させた。

シャシーは先代をベースとするも、大幅に改良されると同時に、ホイールベースを75mm延長させたことで3.010mmとなり、後席の居住性が向上した。エンジンはV8が5.0L、V6が3.0L,3.3L,3.8Lの3種が設定され、いずれにも8ATが組み合わせられる。駆動方式は従来のFRに加え、ヒュンダイ製セダン初の「HTRAC」と呼ばれる電子制御4WDも設定された。外板には初代より頑丈かつ軽量の超高張力鋼板を採用したことで、軽量化と燃費向上を実現している。

また、世界初の安全装備として、運転者の眠気を誘う二酸化炭素(CO2)の濃度を検知し、自動的に換気システムを作動させるセンサーも搭載した。

同クラスの車種[編集]

駆動方式・ボディサイズ・エンジン排気量・韓国国内市場での価格差、などから以下の車種が同クラスの車種と言える[15]

アメリカ市場で主に競合が予想される車種[編集]

またアメリカ市場においては、価格帯が近い以下のような車種との競合が予想されている[2]

その他[編集]

  • 韓国で2007年末から発売直前まで放映されたテレビCMには、ジェネシスをアウディ・A8とを高速度で正面衝突させる映像が用いられた。これに対してアウディは、アルミニウム製で衝撃を吸収するボディ構造であるA8との衝突映像比較は消費者を惑わすものだとしてヒュンダイを非難している[16]
  • 2007年3月、ジェネシス試作車のデザイン(スケッチ)が公開された。翌月のニューヨーク・モーターショーへの出展に先立つものであったが、フロント部分のトヨタ・カムリとの類似を始め、全体的に他社製品の模倣であるとの印象を持った者が少なくなかったことが報じられた[17]。 同様に、ニューヨーク・タイムズはこのデザインを、「前からは”トヨタ・カムリ”、横からは”日産・マキシマ”、後ろからは”ビュイック”に見える」と評した[18]
  • ジェネシス専用のエンブレムは、黒色の五角形に一対の羽根をあしらったデザインである。これは韓国と中国市場専用のものであり、販売されるジェネシスにはヒュンダイのCIロゴエンブレムに代えてこれのみが用いられる。逆に、アメリカ市場においては従来同様にヒュンダイのエンブレムで販売されるという[19]
  • 2009年の北米カー・オブ・ザ・イヤーの乗用車部門を韓国メーカー車として初めて受賞している。
  • 2009年3月31日にはイタリアの服飾ブランド「プラダ」と提携して開発された特別仕様車「ジェネシス・プラダ」が3台製造され、2台がチャリティオークションにかけられた[20]
  • 2010年の映画『インセプション』で主人公(レオナルド・ディカプリオ)がこの車を運転しているシーンがある。

クラッシュテスト成績[編集]

Frontal Driver(正面衝突・運転席へのダメージ): 星5つのうち5つ
Frontal Passenger(正面衝突・助手席へのダメージ): 星5つのうち5つ
Side Driver(側面衝突・運転席へのダメージ): 星5つのうち5つ
Side Rear Passenger(側面衝突・後席へのダメージ): 星5つのうち5つ
Rollover(転覆): 星5つのうち5つ
  • "Top Safety Pick" Award 選定(IIHS[22]

ジェネシスクーペ[編集]

ヒュンダイ・ジェネシスクーペ
前期 フロント
Hyundai Genesis Coupé 3.8 V6 – Frontansicht, 7. Mai 2011, Düsseldorf.jpg
前期 リヤ
Hyundai Genesis Coupé 3.8 V6 – Heckansicht, 7. Mai 2011, Düsseldorf.jpg
製造国 韓国
販売期間 2008年 -
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン シータ L4・2.0Lターボ(G4KF)
ラムダ V6・3.8L(G6DA)
最高出力 2.0L - 210馬力
3.8L - 306馬力
変速機 5速AT(2.0Lオプション装備)
ZF製6速AT(3.8Lオプション装備)
6速MT(どちらも標準装備)
全長 4,630mm
全幅 1,865mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,820mm
-自動車のスペック表-

開発コード名「BK」。2007年12月ロサンゼルスオートショーコンセプトカーが、翌年4月ニューヨーク・モーターショーに量産モデルが出展された。ボディサイズは全長4,630mm、全幅1,865mm、全高1,380mm、ホイールベース2,820mm、エンジンはV6・3.8L(308馬力)の他、直4・2.0Lターボ(212馬力、θエンジン)で、ブレンボのキャリパーも採用されている。ライバルとなる車種としてインフィニティ・G37クーペ(日本名:スカイラインクーペ)の名が挙げられている[23]

韓国では2008年9月19日に新車発表が行われる予定だったが、労働組合ストライキによって供給が不安定となったため10月13日発表となった[24]

フォーミュラD仕様車[編集]

アメリカではヒュンダイモーターアメリカのバックアップにより全身カーボンパーツで武装したジェネシスクーペのドリフトマシンが製作され、2008年のSEMAショーで展示された。この車両はリース・ミレンのドライブにより同国のドリフト競技フォーミュラD」2009年シリーズに参戦した[25][26]。 当初ヒュンダイ製のエンジンの製作が間に合わず日産製のエンジンを搭載していると報じられた[27]が、その後ヒュンダイ製のV6エンジンを搭載し[28][29]2009年の"パイクスピーク"における二輪駆動部門で12:9.397の世界記録を達成した[30][31]。(翌年ポルシェによって世界記録は11:31.1へと更新された) なお、この車両はSEMAショー展示時は明るいブルーとシルバー、ブラックを基調としたヒュンダイのロゴをメインに置いたカラーリングだったが、現在はダークブルーのレッドブルカラーとなっている。

日本での発売[編集]

日本での正規輸入・発売の可能性は、前述のとおりヒュンダイの乗用車販売の撤退[12]により消滅している。

一方、2010年前後ではもはや世界規模でも見つからない「2リッターFRターボのクーペで、しかも日本円換算で200万円前後」と言うパッケージングに着目してか『ドリフト天国』誌上で紹介され、D1ドライバーの今村隆弘(通称:ドリフト侍)が韓国で試乗すると言う企画も行われた。そして前述のリース・ミレンによるドリフトマシンの活躍を受けてか、ディーズ・クラブ(『OPTION』『ドリ天』などのカー雑誌の制作を手掛ける編集プロダクション)などによって設立されたジェネシスクーペ並行輸入事業「ジェネシス・ジャパン PROJECT」により「新車で買える唯一の2Lターボを搭載したFRクーペ」と銘打ち、2Lターボ車の並行輸入開始[32]が発表され、2010年1月に開催された「東京オートサロン」に出展された。 なお、この販売は

  • 前述のようにディーズ・クラブが中心となり販売していること
  • チューニングパーツメーカーを中心とする国内16社[33]のパーツが掲載されていること。
  • 販売窓口の多くが現在のところチューニング&カスタムカーショップであること

などからどちらかと言うと一般向けへの市販というよりは、チューニングカスタムベース車両(「D1グランプリ」をはじめとする国内のドリフト競技用マシンやドリフト走行愛好者向けの車両など)としての販売と思われる。ゆえに、メインとなっているのは2LターボのMT車(本国などでは上記の表の通り、2L車の場合5速ATのオプション装備がある)であるが、2010年8月には3.8Lエンジン+6AT搭載車も販売開始された。更に、前述にもあったようにセダンモデルについても2012年4月より販売されている。

出典[編集]

  1. ^ Hyundai Rohens launched in China at $58,267『Gasgoo』2008年9月23日
  2. ^ a b First look: 2009 Hyundai Genesis sedan 『モーター・トレンド』 2008年1月8日
  3. ^ ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー『レスポンス』2009年2月18日
  4. ^ Hyundai bets new sedan is a luxury it can afford 『ウォールストリート・ジャーナル』 2008年1月8日
  5. ^ 現代自、日本撤退か?『国沢光宏のジドウシャギョウカイ最新情報』2007年12月29日
  6. ^ 韓国流経営『国沢光宏のジドウシャギョウカイ最新情報』2008年4月5日
  7. ^ 2009年12月、清水和夫が日本の自動車評論家として初めてジェネシスセダン/クーペの試乗を行ったが、ヒュンダイの試乗・広報車ではなく、韓国の自動車専門誌『CARLIFE』の長期リポート車が使用された。NAVI2010年2月号に掲載
  8. ^ 韓国旅行記⑩『ヒュンダイ福島ショールーム・工場日記』2008年5月19日
  9. ^ ジェネシス『ヒュンダイ福島ショールーム・工場日記』2009年2月22日
  10. ^ 現代車、ジェネシス、クーペ日本市場電撃投入『Auto Dairy』2009年3月19日(日本語訳
  11. ^ 韓国の現代自動車、新型コンパクトカー「i20」を日本に投入へ(2/2ページ)『産経ニュース』2009年7月8日
  12. ^ a b 日本の乗用車販売から撤退=販売不振で-韓国・現代自時事ドットコム』2009年11月27日
  13. ^ 現代自動車、新型ジェネシスでブランドイメージ向上へウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 2013年11月27日(2013年12月14日 閲覧)
  14. ^ ヒュンダイ、ジェネシス 新型を初公開…プレミアムセダンに2代目登場Response.2013年11月27日(2013年12月14日 閲覧)
  15. ^ 現代自の高級セダン、ジェネシスの実力とは(下)『朝鮮日報JNS』2007年12月18日
  16. ^ 現代ジェネシスのCMにアウディが激怒したワケ 『朝鮮日報JNS』 2008年1月8日
  17. ^ 現代自「ジェネシス」はトヨタ「カムリ」とそっくり!? 『朝鮮日報JNS』 2007年3月16日
  18. ^ Genesis: Hyundai`s blue light special? 『ニューヨーク・タイムズ』 2007年4月5日
  19. ^ ヒュンダイのプレスリリース(2007年12月3日) ロゴマークの画像あり
  20. ^ ヒュンダイ ジェネシス…世界に3台のプラダ仕様『レスポンス』2009年4月1日
  21. ^ 2009 Hyundai Genesis 4-DR w/SAB NHTSA公式サイト
  22. ^ 2009 Hyundai Genesis Named 'Top Safety Pick' by IIHSIIHS公式サイト
  23. ^ ヒュンダイ ジェネシスクーペ、ドリフト&花火で登場『レスポンス』 2008年4月3日
  24. ^ 現代自、ストで新車発表も延期『中央日報』2008年9月19日
  25. ^ 雑誌『ドリフト天国』2009年1月号 p116-117 "ライバルはアメドリ車"
  26. ^ Rhys Millen and his Hyundai Genesis『Wrecked Magazine』公式ブログ2008年12月30日
  27. ^ RMR Hyundai Genesis Coupe starts Formula D season with Nissan power『Autoblog』2009年4月15日
  28. ^ Rhys Millen's drift car finally ready to run with Hyundai Power『Autoblog』2009年5月5日
  29. ^ Rhys Millen Hyundai Genesis Coupe Drift Car Gets Lambda Engine『Edmunds』2009年5月6日
  30. ^ Red Bull Hyundai Genesis Coupe and Rhys Millen Set World Record to Take Pikes Peak『ロイター』ニュースサイト2009年7月19日
  31. ^ VIDEO: Climb Attack with Rhys Millen and the Hyundai Genesis Coupe『Autoblog』2009年7月30日
  32. ^ かつてヒュンダイモータージャパンや韓国のヒュンダイ本社などから試乗を断られたという国沢光宏も試乗している(ジェネシス・クーペ試乗『国沢光宏の日々是修行』2010年2月2日)。
  33. ^ HPに2010年11月11日現在掲載されているパーツのメーカー:クスコトラスト東名パワードタナベHKSエンドレスDG-5テインブリッドパワーエンタープライズサードグループエム日本ワイパーブレードエーモンアドバンス・スタッフ(撃速 CHARGE SPEED)、タケローズ

外部リンク[編集]