ヒュンダイ・エクウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エクウスEquus )は、韓国現代自動車(ヒュンダイ)が製造する乗用車であり、また韓国メーカー製乗用車としては最高級車種と言える1台である。

歴史[編集]

初代(1999年~2009年)[編集]

ヒュンダイ・エクウス(初代)
前期 フロント
HyundaiEquus5.jpg
後期 リア
20100801 hyundai equus 02.jpg
販売期間 1999年2009年
ボディタイプ 4ドア セダン
変速機 5速AT
駆動方式 FF
全長 5,065mm(前期, リムジン仕様=5,335mm)
5,120mm(後期, リムジン仕様=5,390mm)
全幅 1,870mm
全高 1,465mm(前期, リムジン仕様=1,475mm)
1,480mm(後期, リムジン仕様=1,485mm)
ホイールベース 2,830mm(前期, リムジン仕様=3,080mm)
2,840mm(後期, リムジン仕様=3,090mm)
-自動車のスペック表-

1999年にヒュンダイと日本三菱自動車との業務提携により、グレンジャー2代目モデルデボネア3代目モデル)のプラットフォームを流用して共同開発され、日本ではセダンタイプが「プラウディア」、リムジンタイプが「ディグニティ」として発売された。

共同開発に参加していたヒュンダイでは、韓国国内ではエクウスの名称で、他国(サウジアラビアなど)への輸出用モデルはセンテニアルの名称で販売されている。マイナーチェンジも行われ、2009年に自社独自開発とされる2代目モデルにフルモデルチェンジされた。

プラウディア/ディグニティとの相違点は、グリル、ボンネットマスコットが異なり、3.0Lエンジンの設定がある(2006年のマイナーチェンジで3.3Lエンジンに変更され、3.5Lエンジンも輸出用を除いて3.8Lエンジンに変更されている)。

なお、プラットフォームは子会社の起亜自動車の高級車オピラス(輸出名「アマンティ」)にも流用されている。


2代目(VI型、2009年~)[編集]

ヒュンダイ・エクウス(2代目)
前期 フロント
20100812 hyundai equus 1.jpg
前期 リア
20100812 hyundai equus 2.jpg
製造国 韓国
販売期間 2009年 -
ボディタイプ 4ドアセダンリムジン
エンジン ラムダ(λ)V6 3.8L
タウ(TAU、τ)V8 4.6L(リムジン仕様=5.0L)
最高出力 ラムダ(λ)(3.8L) - 290馬力
タウ(TAU、τ)366馬力(リムジン仕様=400馬力)
最大トルク ラムダ(λ)(3.8L) - 36.5kgm
タウ(TAU、τ) - 44.8kgm(リムジン仕様=51.0kgm)
変速機 8速AT / 6速AT
駆動方式 後輪駆動(FR)
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
全長 5,160mm(リムジン仕様=5,460mm)
全幅 1,900mm
全高 1,495mm
1,490mm(エアサスペンション適用時)
ホイールベース 3,045mm(リムジン仕様=3,345mm)
車両重量 V6エンジン車:1,875kg(リムジン仕様=2,025kg)
V8エンジン車:2,025kg(リムジン仕様=2,125kg)
別名 ジェネシスプレステージ(輸出仕様、予定)
-自動車のスペック表-

開発コード名VI。正式発表に先駆けて、2008年8月に外観のシルエット画像と簡単な概要をマスコミに発表し[1]、その後2009年2月17日にはマスコミ向けの試乗会が催されるなどのティーザーキャンペーンが行われた。なお試乗会では比較用としてレクサス・LSメルセデスベンツ・Sクラスも用意された[2]

翌月11日、セダンタイプが韓国で正式発表された。外寸は全長5,160mm、全幅1,900mm、全高1,495mm、ホイールベース3,045mm。ジェネシスと同じFRプラットフォームを採用し、エンジンはラムダ(λ)3.8L V6とタウ(TAU、τ)4.6L V8の2本立てである[3]

9月29日にはリムジンタイプの「エクウスリムジン」が発表された。全長・ホイールベースをエクウス比で300mm延長(レクサスLSのようにリアドア部分が延長されるのではなく、旧型同様中間部分が延長される)。V6エンジン(λ)はセダンタイプと変わらないが、V8エンジン(τ)は4.6Lから5.0Lにスープアップされている[4]

2010年にはニューヨーク国際オートショーにて北米仕様が出展された。

2012年11月 マイナーチェンジ。バンパーは新デザインとなり、ヘッドライトもLED内蔵型に変更されるなどフロント部分は大幅にフェイスリフトされたが、全長自体は不変である。同時に、アルミホイールもデザインが一新された。エンジンはV8・4.6Lが廃止され、標準・リムジンともにGDi化されたV6・3.8LとV8・5.0Lの設定となった。3.8Lは6ATから5.0Lと同じ8ATに進化した一方で、5.0Lは中低速トルクを重視し、最高出力が430PSから416PSに変更された。

2013年3月 ソウルモーターショーにてエルメスとのコラボレーションモデル「エクウス by エルメス」を出品。シートなど内装の至る部分にエルメスのバッグなどに用いられる生地(皮革)を使用している。標準、リムジンとも1台づつ製作された。


日本国内での現状[編集]

初代は前述の通り日本ではプラウディア・ディグニティとして販売されており、また2代目モデルにおいても正規輸入は行われていないが、韓国在日公館用あるいは韓国企業役員用などとして少数の台数が韓国から日本国内に持ち込まれている。

車名の由来[編集]

エクウス
エクウス(Equus )とは「」の学名ラテン語)である。また、外部リンク(韓国向けヒュンダイ公式サイト)のカタログページによれば、エクセレント(Excellent)/クオリティー(Quality)/ユニーク(Unique)/ユニバーサル(Universal)/シュプリーム・オートモーティブ(Supreme Automotive)の5単語の頭文字を組み合わたアクロニムでもあるようである。
センテニアル
センテニアル(Centennial )とは、ラテン語で「100年期(世紀)」の意(名詞)。英語では綴りは同じで、「100年(目)の/100年祭の」という意味の形容詞で使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 【写真】現代車、エクウス後続「VI」を公開”. 中央日報日本語サイト (2008年8月18日). 2009年2月21日閲覧。
  2. ^ 【写真】「新型エクウス」を‘半分’だけ公開”. 中央日報日本語サイト (2009年2月18日). 2009年2月21日閲覧。
  3. ^ EQUUS, HYUNDAI’S NEW LUXURY FLAGSHIP ARRIVES”. ヒュンダイ公式サイト(英語) (2009年3月11日). 2009年3月13日閲覧。
  4. ^ HYUNDAI LAUNCHES STRETCH EDITION OF ITS LUXURY FLAGSHIP, EQUUS”. ヒュンダイ公式サイト(英語) (2009年9月29日). 2009年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]