スキャニメイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スキャニメイト (Scanimate) は、1960年代末から1980年代にかけて使用された、アナログコンピューターによるアニメーションシステムの名称である。日本では、東洋現像所が1台所有したのみだった。

概要[編集]

1970年代後半から1980年代前半にかけて、スキャニメイトシステムは、テレビ放送されたコマーシャル、販促活動、番組オープニングで、多数のビデオベースのアニメーションを制作するのに使用された。リアルタイムでアニメーションを制作する能力が、フィルムベースのアニメーションとコンピューターアニメーションに対して持っていた大きな長所の一つだった。このアニメーションの制作速度により、スキャニメイトで表現可能な効果においては、テレビ画像のフィルムベースのアニメーション技術はスキャニメイトに取って代わられた。1990年前後までには、スキャニメイトはより鮮明な画像と洗練されたイメージを提供するデジタルコンピューターアニメーションに取って代わられた。

スキャニメイトや同種のアナログコンピューターアニメーションシステムにより制作されたアニメーションは、フィルムベースのアニメーションとそれらを区別する多くの特色を持っている。動作は極めて流動的であり、フィルムアニメーションが秒あたり24フレームしか使用しないのに対し、スキャニメイトではNTSC形式ビデオにおける秒あたり60フレームの全てが使用される。色彩は非常に明るく鮮やかである。スキャニメイトが画像を出力する際にビデオ信号を直接操作することにより、画像は非常に「電子的」な外見を帯びる。

スキャニメイトの過程[編集]

まず800本の走査線を持つ特殊な高画質モノクロカメラにより、高いコントラストを持つ絵画を撮影する。次に、この画像を高画質スクリーンに表示する。通常のモニターへの表示とは異なり、スキャニメイトの偏向信号は、操作者により画像を様々な方法で「歪曲する」ことを可能にする、特殊なアナログコンピューターの内部を経由する。そして、表示された画像がスクリーンからフィルムあるいはビデオカメラのいずれかに撮影される。ビデオ撮影の場合には、次にこの信号を特定の中間色を透明色に置換する装置であるカラライザーで処理する。このアイデアは、スキャニメイト自体の出力は常にモノクロ画像である事に支えられている。カラライザーの別の利点は、操作者に複数の画像レイヤーを扱う能力を与えるという点である。これにより、非常に複雑な画像の制作が可能となる。スキャニメイトの実行には2台のビデオレコーダーが使用される。背景となる画像が一台目のレコーダーで再生され、スキャニメイトアニメーションを加えた画像が二台目のレコーダーに録画される。この過程が全ての画像レイヤーに対して繰り返される。スキャニメイトでは非常に高画質のビデオレコーダーが必要となる。

なお、1990年代に東宝ビデオから発売された『スーパーロボット マッハバロン』LD-BOXの解説書(鈴木清インタビュー)には、「当時は専用ソフトも存在しなかったので、どんな画像になるのかは機械を動かさないと全く分からない状態で、同じ画像の再現は不可能に近かった」と、当時ならではの苦労談が掲載されていた。

スキャニメイトが使用された作品[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

アニメ[編集]

日本のアニメにおいては、特にタツノコプロ(★印の作品)が多用した。

特撮[編集]

日本現代企画(★印の作品)が多用した。

ニュース番組[編集]

その他[編集]

アーケードゲーム[編集]

外部リンク[編集]