SLATS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
超低高度衛星技術試験機「つばめ」
(SLATS)
所属 JAXA
主製造業者 三菱電機
公式ページ 超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)
日本の旗 日本
運用者 JAXA
目的 超低軌道を飛行する衛星技術の確立
設計寿命 2年以上
打上げ場所 種子島宇宙センター
打上げ機 H-IIAロケット37号機
打上げ日時 2017年12月23日(予定)[1]
物理的特長
本体寸法 2.5(X) x 5.2(Y) x 0.9m(Z)
質量 400kg以下(暫定)
発生電力 1140W以上(暫定)
主な推進器 イオンエンジン、化学推進系
軌道要素
周回対象 地球
高度 (h) 268km~180km
近点高度 (hp) 180km
遠点高度 (ha) 268km
搭載機器
原子状酸素(AO)
モニタシステム
原子状酸素を観測する
材料劣化モニタ 熱制御材の劣化を監視する
小型高分解能光学センサ 低高度から高解像度の画像を得る
引用資料[2]

SLATS(超低高度衛星技術試験機:Super Low Altitude Test Satellite)は超低軌道を飛行する衛星技術の確立を目的とした人工衛星。

概要[編集]

SLATSは従来の衛星では大気圏に突入寸前になる近点高度の超低軌道を周回する予定。この軌道は大気の影響で衛星の速度が低下して落下するので従来の衛星では観測が困難だった。この軌道で高度を維持するためにはやぶさと同じくキセノンガスを使用するが、より推力の大きいきく8号で採用された技術によるイオンエンジン(XIESを改良)を備え、将来的に超低軌道衛星の技術を確立する事を目的とする[2]。 また、低高度で原子状酸素の影響による金色の熱制御材(多層インシュレーション:Multi Layer Insulation)のポリイミドフィルムの劣化をモニタリングする装置も備える[2]GCOM-Cと相乗りで打ち上げられる予定。

仕様[編集]

  • 全長 - 2.5m
  • 全幅 - 5.2m
  • 全高 - 0.9m
  • 重量 - 400kg以下(暫定)

搭載機器[編集]

  • 原子状酸素(AO)モニタシステム
  • 材料劣化モニタ
  • 小型高分解能光学センサ

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]