AWC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

AWCAll Wheel Control オールホイールコントロール)とは、三菱自動車工業自動車開発思想の一つ。

概要[編集]

三菱自動車はこれまで世界ラリー選手権(WRC)ダカール・ラリー(パリダカ)、その他数々のモータースポーツに参戦し、開発されたさまざまな最新技術(AYCACDなど)を市販車にフィードバックしたが集大成的に達した開発思想であり特定の一技術を差す用語ではない。高次元な操縦性能と安定性能を複数のテクノロジーによって実現する運動制御技術である。

AWCの3要素[編集]

4輪駆動/制動力配分コントロール
駆動力と制動力の配分をコントロールし、タイヤのグリップ力を最大限に活用する。
高性能な電子制御4WDASCによって実現している。
4輪スリップコントロール
駆動力やブ制動力をコントロールし、タイヤを確実にグリップさせる。
ABSとASCによって実現している。
4輪接地荷重コントロール
車体基本性能(ボディ構造・サスペンションなど)を向上させることで、タイヤの接地能力を高める。
ボディ剛性の向上、低重心化、車幅の拡大、タイヤの大型化、サスペンションの改良とチューニングなどによって実現している。

採用車種[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]