高田藩 (豊後国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高田藩(たかだはん)は、江戸時代初期に豊後国国東郡の一部を領した藩。杵築藩入封前の能見松平氏が領していた藩。藩庁は高田城大分県豊後高田市)。

概要[編集]

寛永9年(1632年)、松平重直摂津国三田藩より3万7千石にて豊前国竜王(大分県宇佐市安心院町)の龍王城跡地に龍王陣屋を構え入封したことに始まる。当初は龍王藩(りゅうおうはん)と称していた。寛永16年(1639年高田城に居城を移したことにより、高田藩となった。

2代英親は弟の重長に3千石、直政に2千石を分与し、表高は3万2千石となった。正保2年(1645年)、英親が杵築藩に移封となったため廃藩となった。同地は、以後、島原藩の飛地となる。

歴代藩主[編集]

松平〔能見〕家

譜代 37,000石→32,000石

  1. 重直(しげなお)〔従五位下、丹後守〕
  2. 英親(ひでちか)〔従五位下、市正〕分与により32,000石

参考文献[編集]