セイシュン・ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青春ダーツから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
セイシュン・ダーツ
メンバー 青木泰寛
野田幸宏
結成年 2003年
解散年 2018年
事務所 マセキ芸能社
活動時期 2003年 - 2018年
旧コンビ名 青春ダーツ
現在の活動状況 テレビ・ライブ など
芸種 漫才
ネタ作成者 青木泰寛
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
爆笑トライアウト
ショーバト!
爆笑レッドシアターなど
テンプレートを表示

セイシュン・ダーツは、青木泰寛(あおき やすひろ)と野田幸宏(のだ ゆきひろ)による漫才お笑いコンビ

2003年結成。マセキ芸能社所属。かつてのコンビ名は『青春ダーツ』(せいしゅんダーツ)だったが、2014年1月28日東京渋谷の『J-POP CAFE』で行われたトークライブ『青春ダーツのたまには褒めて下さいよ。』において改名を発表。マネージャーが「伸び悩んでいる」として改名を提案し、占いで旧コンビ名は「波瀾万丈」という運勢が出たため、人気が出る画数として新コンビ名に『セイシュン・ダーツ』を選び、以後はこのコンビ名で活動している[1]

第6回 漫才新人大賞 2007年6月12日(火) 国立演芸場 決勝進出

第10回 漫才新人大賞  2011年7月26日(火) 国立演芸場 決勝進出

2018年3月5日に解散[2]

メンバー[編集]

青木 泰寛(あおき やすひろ、 (1984-08-14) 1984年8月14日(35歳) - )
本名:青木 泰宏(あおき やすひろ)。
『青春ダーツ』時代の芸名は『田中 泰宏』(たなか やすひろ)だったが、両親の離婚のため運気を上げるためにコンビ名改名と同時に改名[1]
東京都出身。ボケ担当。
テレビドラマにおいても、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ 瀬川保役・セリフあり)、『セクシーボイスアンドロボ』(日本テレビ)、『のだめカンタービレ』(フジテレビ セリフありエキストラ)等に出演していた。
熱狂的なプロレス・格闘技ファンとして、定期的にファンイベントの開催、格闘技興行のMCなどに参加している。
  • 大のプロレス好き。プロレストークライブ 「プロレス者の集い」のメンバーにも名を連ねている[3]


野田 幸宏(のだ ゆきひろ、 (1982-06-23) 1982年6月23日(37歳) - )
福岡県出身。ツッコミ担当。
解散後はマセキを退社、フリーとして元「ちょむ&マッキー」のちょむと共に「かわはぎタンクトップ」を結成。
現在は『野田幸宏の相方に求める10の条件 毎月第2水曜 23時から放送(ニコ生・FreshLive・FC2・LINE LIVE)』
   『ジョッキーランキング 毎月第2金曜 21時から放送(ニコ生・FreshLive・FC2・LINE LIVE)』
   『かわはぎタンクトップのジョッキー 毎月第4水曜 19時30分から放送(ニコ生・FreshLive・FC2・LINE LIVE)』放送している。
また、イラストレーターとしても活動中。
LINEのクリエイターズスタンプでは
『PANDAPON』
『KAMIGATA』
『NODANOKAO』発売している。

ネタ[編集]

  • 芸風は漫才。青木が「僕、○○になりたいんだけど」等と振って、それを試してみるというコントに突入する、正統的なスタイル。
  • 掴みのギャグは青木の「・・・ちょっと待って、誰?僕のこと○○って言ったの」。○○には消しゴム缶詰オー・ザックなどが入る。

出演 [編集]

TV[編集]

ドラマ[編集]

オトメン(乙男)オトメン(乙男)〜夏〜フジテレビ)- 2年A組の生徒役

オトメン(乙男)〜秋〜(フジテレビ)

•まるまるちびまる子ちゃん(フジテレビ)

•ショカツの女(テレビ朝日)

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(日本テレビ)

セクシーボイスアンドロボ(日本テレビ)

のだめカンタービレフジテレビ

CM[編集]

  • ミツカンCM「お鍋のうた(よなべ)」篇(2007年)野田のみ
  • アコム漫才(ACOM LAND

ラジオ[編集]

•ラジズレオヤジの常識(ラジオ日本)野田のみ

•ラジズレ東京タワー(ラジオ日本)野田のみ

•たまなび(文化放送)

オフもわいわい!ジャイアンツナイターラジオ日本) - 水曜担当パーソナリティー

•笑ってE-じゃん!(ラジオ日本)

•レインボータウン(FM放送)

•ラジオ・チャリティ・ミュージックソン(ニッポン放送)

インターネット[編集]

  • NE=Talking(ネットーキング)(e-Radio FM南青山、毎週水曜日)田中のみ、タボンの渡部千春と出演
  • 溜池NowGyaO)「ギザ細かすぎて伝わらない アニメものまね選手権」
  • goingマセキway(GyaOジョッキー)
  • みんなの願いを叶えたい!(あっ!とおどろく放送局)
  • あっ!と生忘年会2009(あっ!とおどろく放送局)
  • もっとみんなの願いを叶えたい!ゆく年くる年SP 2009〜2010(あっ!とおどろく放送局)
  • ジョッキー年末特番2016 一夜限りの復活!GYAOジョッキー(ニコジョッキー)
  • ジョッキー7周年記念2時間特別番組 勝ちたくない戦いがそこにある!?裏大喜利王決定戦(ニコジョッキー) 野田のみ
  • 渉のムチャレンジ(ニコジョッキー) 野田のみ
  • thursday@TV(@TV)
  • 芸人ニコ電バトル~青春ダーツの挑戦~(ニコニコ生放送)
  • プロレスのグルメ(インフォニアプロレスTIME」)2016年3月1日[4] - 2016年5月31日。青木のみ。
  • プロレス日記(リアルクロス「プロレスTODAY」)2016年7月4日[5] - 2016年7月25日。青木のみ。

ライブ[編集]

  • 「twlレッスルプラネット」(2016年7月26日-、中野スタジオtwl)-MC(青木のみ)[6]
  • 「ストロングトークLIVE」(2016年10月28日、渋谷ロフトプラス9)- 司会(青木のみ)
  • 「青春ダーツのたまには褒めて下さいよ」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 青春ダーツがセイシュン・ダーツに、田中個人も改名”. お笑いナタリー (2014年1月28日). 2014年10月27日閲覧。
  2. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「お笑いコンビ「セイシュン・ダーツ」が解散「長い間ありがとう」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年4月18日閲覧。
  3. ^ 【特報!】プロレストークライブ 「プロレス者の集いvol.8」開催決定!!”. プロレスTODAY (2018年4月8日). 2018年5月2日閲覧。
  4. ^ 新コーナー【プロレスのグルメ】セイシュン・ダーツ青木泰寛が紹介する会場周辺グルメ!第1回『大田区総合体育館』”. プロレスTIME (2016年3月1日). 2016年4月4日閲覧。
  5. ^ 沼澤邪鬼選手おめでとうございます。”. プロレスTODAY (2016年7月4日). 2016年8月19日閲覧。
  6. ^ http://natalie.mu/owarai/news/192671

外部リンク[編集]