第78回全国高等学校野球選手権大会決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
矢野勝嗣から転送)
移動先: 案内検索

第78回全国高等学校野球選手権大会決勝(だい78かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかいけっしょう)は、1996年8月21日阪神甲子園球場において愛媛代表・松山商業高校熊本代表・熊本工業高校との間で行われた第78回全国高等学校野球選手権大会決勝戦である。延長11回の熱戦となり、延長10回裏にサヨナラ負けの大ピンチを救った、いわゆる「奇跡のバックホーム」は、球史に残る名場面として今も語り継がれている[1]

試合前[編集]

決勝戦は松山商対熊本工と古豪同士の対決となった[2]。松山商は水口栄二佐野重樹らを擁した第68回以来10年ぶり8回目の夏の大会決勝進出[2]。熊本工は、川上哲治エースだった第23回以来、59年ぶり3回目の決勝進出で、熊本県勢初の夏の優勝を目指した[3]。決勝で愛媛代表と熊本代表が戦うのは初めてであり、松山商と熊本工の対戦も初めてであった[4]。ともに公立校同士の決勝戦は、2006年の時点でこの試合が最後となっている[5]。この年の春の大会では鹿児島実が優勝しており、熊本工には史上初の九州勢春夏連覇がかかっていた[6]

決勝戦は、投攻守のいずれも松山商が優位に立つと見られた[7]。主将で三番の今井康剛、6打点を上げている四番・渡部真一郎、打率4割5分5厘の五番・石丸裕次郎のクリーンアップトリオを中心に打線が好調な松山商を、熊本工の左腕・園村淳一がどう抑えるかが注目された[3]

松山商[編集]

松山商の今大会
1回戦 8 - 0 vs. 長野東海大三
2回戦 6 - 5 vs. 西東京東海大菅生
3回戦 8 - 2 vs. 徳島新野
準々決勝 5 - 2 vs. 鹿児島鹿児島実
準決勝 5 - 2 vs. 福井福井商

選手権大会の出場は2年連続25度目、選抜大会も含めて3季連続の出場だった[8]。春2度、夏4度の優勝を誇り、特に夏に強いことから「夏将軍」の異名を取っている[8]。ただし第18回48回68回と「8」のつく大会では準優勝に終わるというジンクスもあった[9]OBには藤本定義景浦將千葉茂谷岡潔など、多くのプロ野球選手がいる。

監督の澤田勝彦は松山商在学当時控え捕手であり、同期に西本聖がいた[10]が、甲子園に出場したことはなかった[11]。1980年に松山商のコーチとなり、春1回、夏3回甲子園に出場[11]。1988年9月1日、監督に就任した[11]。3季連続出場は松山商として初めてだったが、過去2季はいずれも初戦敗退だった[10]

愛媛大会では、高校通算75本塁打の“伊予のドカベン”こと今井康剛[12]と四番の渡部真一郎を中心とし、チーム打率3割9分の強力打線に加え、伝統のバントを交ぜる攻撃を見せた[8][13]。春の選抜大会まで弱かった投手陣は、新田浩貴と渡部の二本柱に地力が付き、県大会準決勝(岩村明憲を擁していた宇和島東との対戦)を除き大崩れしなかった[14]。県大会では失策3と堅実な守備力も見せた[15]

甲子園でも決勝までチーム打率は3割1分3厘[3]で、1回戦から3回戦まで二桁安打を記録[16]。準々決勝で春夏連覇を狙った鹿児島実の下窪陽介、準決勝で福井商の亀谷洋平といった好投手を攻略してきた[3]。守備の方も、準決勝で外野フライからの併殺2を記録するなど、伝統の「松山商の守り」ならではのそつの無さを見せた[16]。投手は1回戦、3回戦、準々決勝は新田が、2回戦と準決勝は渡部が先発した。

熊本工[編集]

熊本工の今大会
1回戦 なし
2回戦 12 - 4 vs. 山梨山梨学院大付
3回戦 5 - 1 vs. 香川高松商
準々決勝 7 - 6 vs. 長崎波佐見
準決勝 3 - 2 vs. 群馬前橋工

選手権大会の出場は4年ぶり14度目、選抜大会も18回の出場を数える古豪である[17]OBには川上哲治、吉原正喜伊東勤緒方耕一前田智徳など、多くのプロ野球選手がいる。

監督の田中久幸は熊本工、芝浦工大日産自動車二塁手、三番、主将を務めた[18]。1973年の第44回都市対抗野球大会では主将として準優勝、1984年の第55回都市対抗野球大会では監督として日産自動車を初の優勝に導いている[18]。同年の世界選手権では全日本の監督を務め、ベスト4に輝いている[19]。長男は熊本工OBで後に阪神タイガースへ入団した田中秀太である[18]。1995年8月、熊本工創立百周年(1999年)に併せ、監督に就任した[18]。ただし、秋の熊本県大会では1回戦で負け、「熊工史上最弱のチーム」と呼ばれた[20]が、翌年はここまで上がってきた。

熊本大会では伝統の強力打線で準々決勝まで全てコールド勝ちであり、全試合二桁安打、平均得点10.4だった[21]。投手は風邪で体調を崩した園村淳一の代わりに村山幸一が活躍し、5勝のうち4勝を挙げた[22]

甲子園では2回戦から登場。エース村山が不調だったため、3年生で背番号10の園村が、4試合のうち準々決勝を除く3試合で先発した[7][23]。準々決勝、準決勝では合計5失策を記録し、守備に不安を残していた[7]

試合[編集]

試合経過[編集]

先攻松山商、後攻熊本工で13時00分試合開始、観衆48,000人[24]。NHKテレビの実況は高山典久アナウンサーで解説は原田富士雄 [25]、同時中継のNHKラジオ第1放送では佐塚元章アナウンサーが実況[26]福島敦彦が解説を担当した。試合経過は以下である[27]

イニング  両軍得点  内容
1回表 3 - 0 熊 吉見セーフティーバントを狙うも三塁ゴロ。星加左前安打。今井右前安打。渡部右翼線二塁打で星加生還、なお二、三塁。石丸一塁ゴロで今井本塁刺殺、一、二塁。向井四球で満塁。久米四球で押し出し、2点目。新田四球で押し出しの3点目。深堀三振。
1回裏 松 3 - 0 熊 野田右飛。坂田三振。本多二塁ゴロ。
2回表 松 3 - 0 熊 吉見三塁ゴロ。星加右飛。今井捕邪飛。
2回裏 松 3 - 1 西本三振。古閑左前安打。沢村一塁失で一、二塁。境中前打で古閑生還、なお一、二塁。星子二塁ゴロで併殺。
3回表 松 3 - 1 熊 渡部四球。石丸投前バントで一死二塁。向井中飛。久米投ゴロ。
3回裏 松 3 - 1 熊 園村二塁ゴロ。野田二塁ゴロ。坂田中飛。
4回表 松 3 - 1 熊 新田遊撃ゴロ。深堀、吉見連続四球。星加の三塁ゴロで二死二、三塁。今井投ゴロ。
4回裏 松 3 - 1 熊 本多三振。西本二塁ゴロ。古閑四球。沢村遊撃内野安打。境左飛。
5回表 松 3 - 1 熊 渡部三塁内野安打。石丸投前送りバント。向井中飛。久米投前ゴロ。
5回裏 松 3 - 1 熊 星子右中間を破る長打を放ったが、三塁を狙うも松山商の好中継でアウト。園村一塁ゴロ。野田右飛。
6回表 松 3 - 1 熊 新田左越え二塁打。深堀二塁ゴロ、新田三塁に進めず。吉見三振。星加一塁ゴロ。
6回裏 松 3 - 1 熊 坂田三塁ゴロ。本多投直。西本左飛。
7回表 松 3 - 1 熊 今井右飛。渡部三振。石丸二塁ゴロ。
7回裏 松 3 - 1 熊 古閑三振。沢村遊撃ゴロ。境二塁ゴロ。
8回表 松 3 - 1 熊 向井右飛。久米三塁ゴロ。新田中飛。
8回裏 松 3 - 2 星子左前安打。園村捕前送りバント。野田四球、捕逸で二走の星子三進。坂田中犠飛で星子生還。本多一直。
9回表 松 3 - 2 熊 深堀中前二塁打。吉見投前送りバント、深堀三進。星加遊撃ゴロ、深堀三塁そのまま。今井一塁ゴロ。
9回裏 松 3 - 3 西本三振。代打松村三振。沢村左翼スタンドに同点ソロ本塁打。境遊撃ゴロ。
10回表 松 3 - 3 熊 渡部一直。石丸右飛。向井右前打。久米三振。
10回裏 松 3 - 3 熊 星子左中間二塁打。(松山商新田から渡部に投手交代)園村三塁前送りバント、星子三進。野田、坂田敬遠の四球で一死満塁。本多右飛、三走の星子本塁を突くもタッチアウト
11回表 6- 3 熊 矢野中前に二塁打。深堀三塁前送りバント、矢野三進。吉見四球。星加一塁前にスクイズ(内野安打)を決め矢野生還。今井右越え二塁打、2点追加。渡部左飛。石丸三振。
11回裏 松 6 - 3 熊 西本一塁失。代打木下一塁ゴロで一死二塁。沢村左飛。境三振。

スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
松山商 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6 10 2
熊本工 0 1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 3 7 0
  1. (延長11回)
  2. (松) : 新田、渡部 - 石丸
  3. (熊) : 園村、村山 - 境
  4. 審判:球審…田中、塁審…桂・伊東・濱田
  5. 試合時間:3時間5分

出場選手[編集]

松山商
打順 守備 選手
1 [二] 吉見宏明(3年)
2 [三] 星加逸人(3年)
3 [一] 今井康剛(3年)
4 [右]投 渡部真一郎(3年)
5 [捕] 石丸裕次郎(3年)
6 [左] 向井良介(3年)
7 [中] 久米孝幸(3年)
8 [投]右 新田浩貴(2年)
矢野勝嗣(3年)
9 [遊] 深堀祐輔(2年)
熊本工
打順 守備 選手
1 [遊] 野田謙信(3年)
2 [二] 坂田光由(3年)
3 [一] 本多大介(3年)
4 [中] 西本洋介(3年)
5 [右] 古閑伸吾(3年)
松村晃(2年)
井健太郎(3年)
木下智博(3年)
6 [左] 澤村幸明(1年)
7 [捕] 境秀之(3年)
8 [三] 星子崇(3年)
9 [投] 園村淳一(3年)
村山幸一(3年)


試合展開[編集]

9回表までの攻防[編集]

松山商は熊本工の先発園村の立ち上がりを攻め、三連続長短打で1点先取。さらに三連続四球による押し出しで2点を追加した。園村はその後立ち直り、松山商打線を9回表まで0点に押さえる。

熊本工は松山商の先発新田から2回に境の適時打で1点、8回に坂田の犠飛で1点を返して小刻みに追撃した。

9回裏、同点ホームラン[編集]

9回裏、2-3と1点差を追う熊本工は四番の西本が見逃し三振代打の2年生・松村も空振り三振を喫し、土壇場のピンチに立たされた。ここで熊本工ただ1人の1年生である澤村が打席に立つ[28]捕手の石丸は外角低めのスライダーボールになる球を要求するも、新田は首を振った[29]監督の澤田や右翼を守っていた渡部は、新田が直球で勝負するつもりだと思ったが、新田はスライダーのコントロールが効かなくなっていたから、ボールにするためには直球しかないと思って投げている[30]。しかしボールにするはずの125球目の直球は内角高めに入ってしまい、初球から直球を狙っていた澤村はバットを振り抜く[29]。ボールは左翼ポール際に飛び込み、起死回生の同点ホームランとなった[29]。新田はぼう然とマウンドにひざまずき、その周りを澤村は跳ねるように走った[28]。一塁側の熊本工応援団は、三塁塁審浜田正二が右手をぐるぐる回すと、「ウオーッ」という地鳴りのような大歓声で揺れた[29]。座り込んだままの新田を、主将で一塁手の今井が抱え上げる[30]。今井はこの試合でも何度もマウンドへ行って新田を激励し、内野陣に声を掛けている[12]

ホームイン後、三塁手の星加は、澤村が三塁を踏んでいないと、三塁塁審に繰り返しアピールしたが認められなかった[31]。次打者、境は遊撃ゴロに終わり、延長戦に突入する。しかし流れは熊本工へ一気に傾いた[32]

奇跡のバックホーム[編集]

延長10回表、熊本工は井が右翼に入る。松山商は渡部が一塁ライナー、石丸が右翼フライ。向井が右翼前ヒットで出塁するが、久米が三振で無得点。

10回裏が始まる前、ベンチで澤田は新田に声をかけたが、「行けます」の一言で続投を決意した[33]

熊本工の攻撃は、先頭打者の星子が左中間を破る二塁打を放つ。澤田は、新田が限界と見て右翼の渡部と交代させた[34]。園村の送りバントで一死三塁。ここで澤田は過去に同じサヨナラの場面で二回負けた苦い思い出[注釈 1]があることから、満塁策を決断する[35]。松山商では1969年夏の第51回決勝、対三沢戦で延長15回裏の一死二、三塁、16回裏の一死一、三塁のピンチをいずれも満塁策で切り抜け、延長18回引き分けに持ち込んだことがあった[35]。渡部は野田、坂田を敬遠して一死満塁となり、打席には本多が入った。一塁側の熊本工アルプススタンドはサヨナラ勝ちを確信し、歓声が大きくなった[35]

このとき、右翼にいた新田は「早く矢野さんと代えて」と澤田の方をずっと見ていた[35]。新田は甲子園の三回戦で一度右翼を守っただけであり、右翼の練習をしたことがなく、県大会でも一度も守っていなかった[35]。澤田も右翼を代えるかどうか、ずっと迷っていた。27年前の決勝のように延長が長引けば、もう1度新田を投げさせたいが、この場を凌がないと後がない。左打者のロングヒッターである本多なら、右翼へ打球が飛ぶ確率は低くない[36]。その時どこからか、今を切り抜けなければ次はないという天の声が聞こえてきて、澤田の迷いは消える[11]。澤田は大きな声で「タイム」と叫んだ。渡部は既に右足をプレートに掛け、石丸がサインを出そうとした時だった[35]

矢野勝嗣(まさつぐ)は背番号9を付けた正右翼手で春の甲子園でも先発出場していたが、その後は新田と渡部の二本柱が確立し、新田が先発の時は渡部が右翼に入るため、甲子園でもスタメンは渡部が先発した2試合だけと控えに甘んじていた[37]。しかも打撃も不振で[28]、準決勝では三打席目で代打を出されていた[38]。それでも矢野は腐らず、一塁コーチャーとしてチームをわきから支えていた[39]。澤田は右翼へ向かう矢野に、「信じてるぞ」と声をかけた[37]

プレーが再開され、打席に立った本多は渡部の初球の高めのスライダーを振り抜く[40]。打たれた瞬間、渡部はホームランだとサヨナラ負けを覚悟した[36]。「代わったところに打球は飛ぶ」の格言通り[41]に右翼に飛んでいった大きな当たりは、NHK総合テレビの実況が「行ったー! これは文句なし!」と言ったほどの大飛球である[42]。しかし打球は、甲子園特有の浜風に押し戻された。バックしていた矢野は振り返ると一瞬打球を見失い、慌てて前進して捕球する[43]。それと同時に、三塁走者の星子はタッチアップした。田中は「犠牲フライには十分な飛距離だ、勝った」と思い、澤田も「あ、終わったな」と思った[43]。打った本多も犠牲フライだと手応えを感じた一撃だった[37]。勝利を確信した熊本工ベンチは、両手を高々と上げる。カットマンにボールを返していたのでは間に合わないと判断した矢野は、捕球した勢いで力任せにバックホームするも、二塁手と一塁手の上を越える山なりの球であった[36]。一塁塁審の桂等は、とんでもない高い投球に「これで終わった」と思った[44]。捕手の石丸も、練習で何度も矢野が大暴投していたことを頭に浮かべ、「またやったか」と思った[36]。しかし距離にして80mを超える[35]矢野の返球は甲子園の浜風に乗って加速し、ホームベース三塁側手前にいた石丸の所へダイレクトに飛んできた[43]。星子は石丸が捕球体勢に入るのを見て、かわすように右足から滑り込む。石丸が捕球したミットは、そのまま星子のヘルメットに当たった[44]。星子はスライディング後、両手を広げて「セーフ」とアピールし、石丸はボールの入ったミットを高く差し上げる[43]。一塁側ファールグラウンドで見ていた田中美一球審は、右腕を突き上げ、「アウト、アウトーっ!」と叫んだ[43]。少しでも球が逸れていればセーフとなる、奇跡に近いピンポイントの返球だった[32][45]ダブルプレーで熊本工は3アウトとなり、絶好のサヨナラ勝ちの機会を逃した。星子は信じられないような表情を浮かべ[31]、犠牲フライを確信し一塁手前でバンザイをしていた本多は、そのまま呆然と立ち尽くした[46]。なぜあの深い位置からの返球でアウトになったのかと、球場は興奮とどよめきにしばらく包まれた[26]

矢野当人はクロスプレーこそよく見えなかったものの、一塁手の今井が踊るように喜んでいるのを見てアウトと知り、飛び跳ねるように引き揚げてきた[43]。そんな矢野を、澤田はベンチで強く抱きしめた[47]。このスーパー返球は、後に「奇跡のバックホーム」と呼ばれるようになる。

奇跡の完結[編集]

延長11回表の松山商の攻撃は、奇跡のバックホームを見せた矢野から始まった。園村の初球、カーブを矢野は左翼へはじき返した。ライナー性の打球がスタンドの白い服と重なった澤村は、ボールをグラブにはじいて後逸してしまい、二塁打となった[31]。続く深堀は送りバントを決めて一死三塁。ここで田中監督はスクイズを警戒し、バントの名手である吉見を敬遠する。一死一、三塁で田中は伝令を出し、追い込んで打たせて併殺するか、スクイズを外す作戦を伝える[31]。しかし初球は見送ると思った田中の読みと異なり、星加は澤田のサイン通り初球からセーフティースクイズを決め、三塁ランナーの矢野がホームベースを駆け抜け、勝ち越しの4点目が入った[31]。星加も一塁セーフ(記録は内野安打)で一、二塁となり、ここで熊本工が最も警戒していた今井がバッターボックスに入る。今まで田中の指示通りの投球でヒット1本に押さえていた園村だったが、スクイズを決められたことで緊張の糸が切れており、3球目の甘いカーブを今井に打たれ、右翼フェンス直撃の二塁打となった[48]。ランナー二人がホームインして6-3となり、勝負はここで決まった[31]。熊本工は投手を村山に交代し、渡部を左翼フライ、石丸を三振に仕留めた。

11回裏、熊本工は無死から西本が一塁強襲による失策で出塁、代打木下の一塁ゴロの間に二塁に進んだ。続く澤村は9回に続きまたも左翼方向に打球を打ち上げたが飛距離がなくキャッチアウト、最後の打者・境が三振となり6-3で松山商が勝利した。3時間5分の激闘を制した松山商は、三沢高校との延長18回引き分け再試合以来27年ぶり5回目の全国制覇を果たした[49]。松山商は、を通じ「大正」「昭和」「平成」全ての年号で優勝を達成した唯一の高校となっている[42]

試合の評価[編集]

この伝統校同士の激闘[28]は、高校野球の歴史に残る「平成の名勝負」と呼ばれた[45][50]。特に矢野の返球は「奇跡のバックホーム」と呼ばれ、球史に残る名場面として語り継がれている[1][11][50][51][52][46]。負けた田中監督も「高校生であんな返球は見たことがない」と驚嘆するほどだった[53]

28年前、延長18回を戦った松山商の元投手で朝日新聞記者としてこの試合を取材中だった井上明も、このバックホームには身震いしたと語った[54][42]。当時中日ドラゴンズの中軸打者だったアロンゾ・パウエルは、「今まで見た中で最高のプレー」と語っている[55]

ただし、矢野と同じ右翼手[注釈 2]である福留孝介によると、このバックホームは暴投であると分析している[56]

矢野のバックホームがいちばん多く取り上げられているが、9回裏からの流れも含めて「奇跡」ともいえた[25]。9回裏二死から1年生の澤村による同点ホームランも球場を揺るがした[29]。犠牲フライ直前のライトの矢野への交代。そして11回表は、矢野の打球が澤村の前に飛ぶという奇跡の応酬であった[53]

熊本工の四番だった西本は後に、九回裏にホームランを打たれた新田を今井がまだ負けていないと抱き起こしたシーンと、延長十回裏に本塁死して倒れ込んだ星子を傍にいた西本を含めだれも手を貸そうとしなかったシーンを比べ、これが松山商と熊本工の違いだったと反省している[57]

『週刊甲子園の夏』(朝日新聞出版)の読者アンケートで選ばれた「読者が選ぶ夢のナイン」にて 松井秀喜らプロに進んだ名だたる選手に混じり、矢野勝嗣は外野手で選ばれている(プロ未経験では他に小沢章一早実)、藤井進宇部商)が選ばれた)[58]

2015年、造幣局は1915年に全国高等学校野球選手権大会が始まってから100年が経ったのを記念して、「全国高等学校野球選手権大会100周年貨幣セット」の通信販売を行ったが、ケースには年表などとともに名場面の一つとして「奇跡のバックホーム」の写真が掲載されている[59]

スポーツニッポンの公式サイト「スポニチアネックス」で2015年に募集された「私が選ぶ甲子園名勝負!」では、総数2993票中129票を獲得し、第6位となった[60]。『Sports Graphic Number』で2015年に実施されたアンケート「夏の甲子園 記憶に残る名勝負ベスト100」では第5位にランクインした[61]

奇跡の舞台裏[編集]

矢野勝嗣[編集]

「奇跡のバックホーム」の主役である矢野勝嗣は、松山商一の強肩ではあったがミスが多く返球もバラバラだった[62]。矢野は真面目で練習量はチーム一だったが不器用で本番に弱く、積極性に欠けていた[62][63]。当時松山商が守備練習の終わりに行っていた「ノーエラーノック」では守備順にノックを受けて返球するが、最後である矢野はよくミスをして、ノックが最初からやり直しになったり全員が走らされたりといったことが続いたことから澤田には怒鳴られ、同級生のチームメイトから辞めてほしいとまで言われたことがあった[62]

松山商の外野手のホーム返球は、中継かワンバウンドが決まりであったが、矢野はダイレクトになるミスが多かった[62]。ただし澤田はこの年の6月に、サヨナラの場面では定位置より後ろからはダイレクトに投げるケースもあると外野手に教えていた。澤田本人は忘れていたが矢野自身は覚えており、澤田は真面目な矢野らしい話だと語っている[62][64]

矢野は「奇跡のバックホーム」と11回表の二塁打と、たった2球で高校野球生活のすべてを出し切った[65]。矢野は卒業後、「最後に出てきて、いいところだけ持っていった」と当時のチームメイトにからかわれるようになる[42][26]。矢野はテレビ局の取材でこのときのバックホームの再現を試みるも、1球もホームに届かなかった[26]

矢野は松山大学に進み、3年生でレギュラーとなる[34]。4年生で主将となり、2000年の大学野球選手権に出場している[66]。卒業後、愛媛朝日テレビに入社した[34]

矢野自身は、活躍できたのは決勝の最後だけであり、失敗が多く消極的な人間なのに、どれだけすごい奴なんだと周囲からみられてそのギャップに悩んだ時期もあった[65]。しかし年を重ねるにつれあの経験を一生背負っていこうと前向きになり、当時の話も積極的にできるようになったという[67]。矢野は愛媛朝日テレビで長く営業職(主に東京支社営業部)を務めた後、2014年に報道制作局へ異動。2015年4月からは『スーパーJチャンネルえひめ』でスポーツキャスターを務めていた[68]。2016年春より営業職に戻る。

星子崇[編集]

三塁ランナーの星子崇は秋の新チームでは4番だったが、バントのサインに応じないなどの理由で春から徐々に打順が下がり、夏の大会では8番まで落ちていた[61]。甲子園5試合で14打数8安打、打率5割7分1厘。決勝戦でも4打数3安打であり、8回裏では坂田の犠飛でタッチアップからホームインしている。

星子は50mを5秒9で走るチーム一、二の俊足だった[53]。星子のタッチアップは慎重過ぎるぐらい慎重に見えた[注釈 3]という意見もある[31]が、星子自身はちょっと早いくらいのスタートだったと語っている[69]。捕手の石丸は、星子がなぜ回り込まず真っ直ぐに走ってきたのだろうと首をひねっていた[70]が、星子は浜風を意識し、ライトへ上がったら打球は押し戻される、返球は伸びると意識し、最短距離でホームインを狙ったものだった[71][61]。熊本日日新聞が後にテレビ録画でチェックしたところによると、タッチアップから石丸のミットと接触するまでが約3.5秒であり、普通の選手の4秒前後より早いタイムであった[69]。星子の同級生はタッチアウトについて何も聞いてこなかったが、大人たちから「走りながらピースしてなかった?」「力を抜いて走った」などと冗談交じりで話しかけてくることに居たたまれず、取材は全て断った[1][72]

石丸裕次郎[編集]

捕手の石丸は後に、「新聞や写真集に僕が大きく載ったのは矢野のおかげです。どこのカメラマンも熊工のサヨナラ勝ちのシーンを狙ってましたよね。一番すごいことをやったのは矢野なのに、ライトまで距離が遠過ぎてだれも撮ってないですよね」と語っている[44]。2014年に発売されたDVD映像で甦る高校野球不滅の名勝負Vol.6『矢野勝嗣が「奇跡のバックホーム」。夏将軍・松山商27年ぶり頂点へ。』(ベースボール・マガジン社)でも、表紙は石丸がボールの入ったミットを高く差し上げ、星子が両手を広げて「セーフ」とアピールしている場面である。帰ってきた球を受けてアピールしただけ、と謙遜する石丸は、「日々の努力は報われるものなんだと、矢野のプレーであらためて思った」と語っている[70]

澤村幸明[編集]

九回裏に起死回生の同点ホームランを打った澤村幸明は、熊本工では緒方耕一以来12年ぶりの1年生レギュラーであり、将来はプロへ行く選手と地元で注目されていた[73]。県大会ではチャンスに強く、打率5割2分9厘で11打点、三振0である[74]。準決勝でも前橋工の斉藤義典から2点タイムリーを打っていた。澤村は9回裏の打席に向かうとき、ベンチの3年生に「初球から狙っていいですか」と尋ね、「行け行け、ホームラン狙え」と激励されたが、当の澤村はそのことを後に記者に尋ねられても覚えていなかった[75]

11回表の矢野の打球の後逸については、捕れるはずの打球が捕れなかった、中途半端なプレーをしたとその後も悔やんでいる[73]

澤村は後に「松坂世代」と呼ばれる選手達と同じ1980年度生まれであり、一番初めに頭角を現した選手である[73]。澤村本人も周囲も再び甲子園の土を踏むものと思っていたが、結果的にこれが最初で最後の甲子園となった[73]

田中美一[編集]

1996年頃、本塁でジャッジする時は送球の延長線上(この場合三塁側)に入るのが基本だった。しかし球審の田中美一は、右翼手からの返球がバットに当たることを回避するために本多のバットを拾いに行った後、星子がタッチアップの準備をしているのを見て延長線上に向かうのは間に合わないと判断し、そのまま一塁側に残ったため、タッチプレーをベストポジションで判断することができた[76]

一塁塁審だった桂等は試合後、田中になぜ三塁側でなく一塁側に居たのかを尋ねると、田中は本多の打球に引き寄せられるよう、無意識に一塁側へ行った、だからタッチプレーが見えたと答えた[44]

田中の薫陶を受けた審判員の桑原和彦は、近くでジャッジするためにはプレーを読む力が必要で、これは田中の努力と感性に他ならないと語っている[76]

中矢信行・愛媛県高野連審判長(2006年次)は、並の審判なら捕手の背中へ回って外側から見るところを、田中は外野からの送球を背中に背負う格好で内側からプレーをジャッジした、お手本の審判であると語った[52]

田中はこの判定について「最高のジャッジが出来た」と語り、アウトの言い方が厳しいという妻からの問いかけには、審判は選手に全身で伝えないといけないと反論している[注釈 4][46]。「あの判定は生涯最高のジャッジだった」という遺言が、棺の中に収められたという[61]

このジャッジについて熊本工のファンからは誤審ではないかという声もあったが、1996年8月22日付のスポーツ報知1面には、捕手・石丸が三塁走者・星子にタッチした時、星子のスパイクホームプレート10cm前にあった写真が掲載された[52]

熊本工の主将だった野田謙信は後に、「100人が100人セーフだと思うタイミングなのにアウトというのは、よほどの確信があったはずです。すばらしいジャッジですよ」と語った[78]

田中は奇跡と実力のギャップに悩む矢野に、あのプレーは間違いなくアウトだから自信を持ちなさいと連絡し、矢野はそれで楽になったと述べている[61]

プロまたは社会人野球に進んだ主な選手[編集]

松山商[編集]

熊本工[編集]

  • 澤村幸明はその後法政大学へ進み、野球部でショートとセカンドを守り、3年春からレギュラー、4年秋にセカンドでベストナインに選ばれた[75]。澤村はプロを目指していたが、打撃・守備・足のいずれもがまあまあで飛びぬけたものが無かったからか、大学卒業前に監督から「おまえはプロはない」と言われた[73]。卒業後は日本通運へ入社。同社野球部では在籍した13年間全てで都市対抗野球大会に出場(自チーム11回・補強選手2回)、同大会10年連続出場や社会人ベストナインのタイトル獲得など社会人野球を代表する選手として活躍し、2015年限りで現役を退いた。[73][81]
  • 本多大介は青山学院大学に進み、レギュラーにはなれなかったが、3年の時に全日本大学野球選手権大会で優勝している(この時のエースは石川雅規)。卒業後、JR九州に進んだ[40]
  • 野田謙信は明治大学で4年春にセカンドでベストナイン、トヨタ自動車に進むも怪我で退部、退社[20]。熊本の実家へ帰った後、2006年に熊本朝日放送の解説者としてデビューしている[20]。2006年秋からは熊本工で後輩の指導に当たり[82]、その後開新高野球部の監督となっている[83]
  • 坂田光由は東洋大へ進むも身体をこわしため学生コーチに転身、卒業後の2002年から鈴鹿国際大学野球部のコーチを務めた[57]。2012年1月、野球部の新監督に就任する[84]
  • 園村淳一(本田技研和光[4]
  • 西本洋介(新日鉄八幡製鉄所[57]
  • 星子崇は卒業後、松下電器野球部に在籍するも怪我で2年後に退部し、そのまま退社[69]。熊本へ戻って職を転々とした後に夜の世界に足を踏み入れると、当時のプレーを覚えている人たちのお陰で人脈が広がり、バーなどの経営に乗り出す[1][72]。ただし「アウトの星子」と言われるのが嫌で接客は他人に任せ、野球関係の付き合いは絶っていた[83]。2013年12月、当時経営していたバーに、熊本へ旅行に来て知人から店のことを知った矢野勝嗣が訪れた。高校時代以来の再会に酒は進むも、矢野の「あの話、おれたちに一生ついて回るよな」というつぶやきを聞き、星子は「名刺を渡さなくても覚えてもらえる。お前のおかげで商売できてるんだ」と語った[1]。星子は2014年5月、熊本市でスポーツバー「たっちあっぷ」を開店した。自らがカウンターに立って話をするバーでは当時の決勝のシーンがテレビに映しだされ、壁には星子が着ていた熊本工のユニホームと、矢野が送ってくれた松山商のユニホームが額に入って飾られている[1][72][71]。星子は2015年現在、熊本工野球部の青年部OB会長を務めている[61]
  • 古閑伸吾(ニコニコドー - 住友金属 - 住友金属鹿島 - 鹿島レインボーズ)[85]

その後[編集]

同年、第41回全国高等学校軟式野球選手権大会では松山商軟式野球部が勝ち進むも、8月30日に行われた決勝では中京商に破れ、史上初の硬式野球部と同時制覇はならなかった[86]

松山商は創立百周年記念の一環として、2001年6月17日に熊本工との招待試合を坊っちゃんスタジアムで行った。ダブルヘッダーで、第一試合は4対2、第二試合は5対2で松山商が勝った[87]

2015年7月13日、愛媛朝日テレビ開局20周年特番として、熊本朝日放送との共同制作による『高校野球100年 甲子園 奇跡のバックホーム〜今 明かされる20年目の真実〜』が両局で放送された[88][89]

2016年11月26日、熊本市の藤崎台県営野球場熊本地震復興支援イベントを兼ねた「熊本工対松山商OB戦」が行われた。試合は9対8で熊本工の勝利。試合後、エキシビジョンとして熊本工・本多のライトへの飛球を松山商・矢野が捕球、そして三塁走者・星子がタッチアップという「奇跡のバックホーム」を再現したが、今回は星子が生還を果たした[90]

注釈[編集]

  1. ^ 一つ目は1992年のセンバツ1回戦、対三重戦で延長14回裏一死三塁の場面で勝負してヒットを打たれ、3-4でサヨナラ負けしたこと。二つ目は1993年の夏の愛媛県大会準決勝、対宇和島東で延長12回、一死一、三塁から犠牲フライを打たれて0-1でサヨナラ負けしたこと[35]
  2. ^ 高校・社会人時代は遊撃手。
  3. ^ 9回裏の澤村のホームラン後、星加がサードベースを踏んでいないとアピールしたことが原因ではないかと、スポーツライターの二宮清純は推測している[31]
  4. ^ 「奇跡のバックホーム」について、1つのプレーに対し「アウト、アウト」と2度アウト宣告してしまったことをのちに審判として悔やんだ[77]というが、桑原和彦はそのような話を聞いたことがないと語っている[76]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「(あの夏から:上)逃した本塁、今つかむ 奇跡のバックホーム 高校野球」、朝日新聞 西部朝刊、2014年6月29日、39頁。
  2. ^ a b 「[96夏甲子園]21日優勝戦 古豪対決、決戦の水曜日」、毎日新聞 大阪朝刊、1996年8月21日、22頁。
  3. ^ a b c d 「第78回全国高校野球選手権大会=決勝戦見どころ 打線上昇の松山商 食い止めるか熊本工投手陣 甲子園」、熊本日日新聞 朝刊、1996年8月21日。
  4. ^ a b 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(11)=熊本工・園村淳一投手 2回から必死に投げた」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月11日。
  5. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、165頁。
  6. ^ 「[夏の高校野球]熊本工、「九州春夏連覇」に挑戦 重圧無縁のナイン」、毎日新聞 西部朝刊、1996年8月21日。
  7. ^ a b c 「第78回全国高校野球<第14日>優勝戦展望 総合力で松山商、接戦なら熊本工」、毎日新聞 東京朝刊、1996年8月21日、15頁。
  8. ^ a b c 「第78回全国高校野球 49代表の横顔 中国・四国」、朝日新聞 東京朝刊、1996年8月4日、27頁。
  9. ^ 「決勝で伝統校対決 松山商と熊本工(96夏・甲子園)」、朝日新聞 大阪朝刊、1996年8月21日、27頁。
  10. ^ a b 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(13)=松山商・澤田勝彦監督 「補欠を恥じるな」と26年」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月15日。
  11. ^ a b c d e 「伝説甲子園 松山商奇跡のバックホーム」、日刊スポーツ 大阪日刊、2014年2月26日。
  12. ^ a b c 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(16)=松山商・今井康剛一塁手、重かった深紅の優勝旗 吉見宏明二塁手、熊工進学も考えた」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月18日。
  13. ^ 「◎第78回全国高校野球・松山商の戦力(中)攻撃力」、愛媛新聞 朝刊、1996年8月3日
  14. ^ 「◎第78回全国高校野球・松山商の戦力(上)投手力」、愛媛新聞 朝刊、1996年8月2日
  15. ^ 「◎第78回全国高校野球・松山商の戦力(下)総合・守備力」、愛媛新聞 朝刊、1996年8月2日
  16. ^ a b 「◎松山商、優勝 松山商の戦い振り返る 記者座談会」、愛媛新聞 朝刊、1996年8月22日。
  17. ^ 「高校野球 熊本予選 決勝 熊本工、4年ぶり14度目の優勝」、日刊スポーツ、1996年7月29日、13頁。
  18. ^ a b c d 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(12)=熊本工・田中久幸監督 就任1年目で準優勝」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月12日。
  19. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、159頁。
  20. ^ a b c 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(18)=熊本工・野田謙信遊撃手、父親・野田賢治さん 準優勝の経験生かせるか」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月22日。
  21. ^ 「第78回全国高校野球 49代表の横顔 九州・沖縄」、朝日新聞 東京朝刊、1996年8月4日、27頁。
  22. ^ 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(17)=熊本工・村山幸一投手、社の危機も辞める気なし 井健太郎外野手、たぶん“打倒熊工”」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月19日。
  23. ^ 「熊本工7-6波佐見 第78回全国高校野球・準々決勝」、朝日新聞 東京朝刊、1996年8月20日、15頁。
  24. ^ 「第78回 高校野球 決勝 松山商-熊本工 試合結果(テーブル)松山商優勝」、日刊スポーツ、1996年8月22日、6頁。
  25. ^ a b 高校野球100年のものがたり 中継技術・撮影スペシャル座談会「奇跡のバックホームを語る」前編”. NHK (2015年8月20日). 2015年10月15日閲覧。
  26. ^ a b c d 佐塚元章 (2014年8月17日). “ラジオ放送のとりもつ縁 1996夏 奇跡のバックホーム”. 2015年5月27日閲覧。
  27. ^ 「やった、松山商優勝 熊本工下し、27年ぶり5度目」、愛媛新聞 号外。
  28. ^ a b c d 「女神も迷った、奇跡2度 松山商VS.熊本工 全国高校野球・決勝」、朝日新聞 東京朝刊、1996年8月22日、31頁。
  29. ^ a b c d e 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(8)=熊本工・澤村幸明左翼手(上) 起死回生 同点ホームラン」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月5日。
  30. ^ a b c 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(10)=松山商・新田浩貴投手 はずすつもりの直球が…」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月10日。
  31. ^ a b c d e f g h 二宮清純 (2014年8月17日). “二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」 : 奇跡のバックホーム<後編>”. 2015年5月27日閲覧。(『スポーツ名勝負物語』(講談社現代新書,2007)に掲載)
  32. ^ a b 「◎[スコアボード]10回裏の松山商美技 強肩買った起用ズバリ」、愛媛新聞 朝刊、1996年8月22日。
  33. ^ 二宮清純 (2014年8月3日). “二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」 : 奇跡のバックホーム<中編>”. 2015年5月27日閲覧。(『スポーツ名勝負物語』(講談社現代新書,2007)に掲載)
  34. ^ a b c 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(2)=松山商・矢野右翼手(上) 浜風に乗った祈りの返球」、熊本日日新聞 朝刊、2006年7月26日。
  35. ^ a b c d e f g h 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(4)=松山商・澤田勝彦監督 迷いのはざまで決断」、熊本日日新聞 朝刊、2006年7月29日。
  36. ^ a b c d 二宮清純 (2014年7月20日). “二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」 : 奇跡のバックホーム<前編>”. 2015年5月27日閲覧。(『スポーツ名勝負物語』(講談社現代新書,2007)に掲載)
  37. ^ a b c 「第78回 高校野球 決勝 松山商、優勝 好守備で古豪対決制す」、日刊スポーツ、1996年8月22日、7頁。
  38. ^ 「一球のこわさ 「奇跡の返球」(背番号のうた:5)」、朝日新聞 大阪朝刊、1997年7月9日、28頁。
  39. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、170頁。
  40. ^ a b 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(6)=熊本工・本多大介一塁手 もっと野球やりたかった」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月2日。
  41. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、172頁。
  42. ^ a b c d “松山商、記憶に残る“奇跡のバックホーム””. 夕刊フジ. (2011年9月5日). http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110905/bbl1109050601000-n1.htm 2015年6月2日閲覧。 
  43. ^ a b c d e f 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(1)=奇跡のバックホーム 「サヨナラ」のはずが…」、熊本日日新聞 朝刊、2006年7月25日。
  44. ^ a b c d e 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(7)=松山商・石丸裕次郎捕手 一塁塁審・桂等さん 絶妙な位置でジャッジ」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月3日。
  45. ^ a b 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(19完)=取材を終えて 愛媛県との差は何なのか」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月23日。
  46. ^ a b c 「奇跡のバックホーム(白球の記憶:1) 高校野球 /熊本」、朝日新聞 西部地方版/熊本、2002年7月3日、29頁。
  47. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、175頁。
  48. ^ 「第78回 高校野球 決勝 松山商、優勝 熊本工、9回同点アーチも及ばず」、日刊スポーツ、1996年8月22日、6頁。
  49. ^ 「◎懸命の祈り届いた 満員スタンド夢心地 松山商V」、愛媛新聞 朝刊、2006年8月22日。
  50. ^ a b 「あの夏のキセキ 語り継がれるプレーの主役たち 全国高校野球選手権大会」、朝日新聞 東京朝刊、2011年8月5日、18頁。
  51. ^ 「<よみがえる 名選手 名勝負>第78回選手権(1996年) 松山商・矢野〓奇跡のバックホーム〓 熊本工との決勝戦で危機一髪救う」、デイリースポーツ、2009年4月15日、11頁。
  52. ^ a b c 「[野球王国]愛媛編(上)語り継がれる奇跡のバックホームと1枚の写真=中四国」、スポーツ報知、2006年5月5日、20頁。
  53. ^ a b c 「全国高校野球最終日=熊工、燃焼の壮絶戦、沢村が九回同点弾」、西日本新聞 朝刊、1996年8月22日、19頁。
  54. ^ 「第78回全国高校野球決勝 名勝負再び 松山商 返球“ストライク”甲子園総立ち」、産経新聞 東京朝刊、1996年8月22日、27頁。
  55. ^ 「【第78回全国高校野球】最終日 マンモススタンド」、産経新聞 東京朝刊、1996年8月22日、22頁。
  56. ^ 「【高校野球100周年 激闘の記憶】松山商・矢野勝嗣さん「奇跡のバックホーム」」、サンケイスポーツ、2015年7月28日。
  57. ^ a b c 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(15)=熊本工・坂田光由二塁手、通信教育で教員免許 西本洋介中堅手、今だから分かる」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月17日。
  58. ^ 『週刊甲子園の夏』第18号、2008年10月21日発売、朝日新聞出版、2008年。
  59. ^ “高校野球の貨幣セット販売 造幣局、100年を記念”. 共同通信. (2015年6月22日). http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062201001945.html 2015年6月28日閲覧。 
  60. ^ “【高校野球100年】ファンが選ぶ甲子園名勝負 ベスト20発表”. スポーツニッポン. (2015年7月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/31/kiji/K20150731010844080.html 2015年8月20日閲覧。 
  61. ^ a b c d e f 「“奇跡のバックホーム”20年目の物語」、『Sports Graphic Number』883号(8月20日号)、第36巻第17号、文藝春秋、2015年7月30日発売、40-41頁。
  62. ^ a b c d e 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(3)=松山商・矢野右翼手(下) 不器用な男の固い意思」、熊本日日新聞 朝刊、2006年7月27日。
  63. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、169頁。
  64. ^ 津川晋一「伝説のバックホーム 最後の公立校決戦-10年後の邂逅」、矢崎良一企画『甲子園 歴史を変えた9試合』、小学館、2007年4月4日発行、174頁。
  65. ^ a b 「[インタビュー バックホームのそれまでと、それから] 矢野勝嗣」、DVD映像で甦る高校野球不滅の名勝負Vol.6『矢野勝嗣が「奇跡のバックホーム」。夏将軍・松山商27年ぶり頂点へ。』、ベースボール・マガジン社、2014年12月2日発行・発売、6-9頁。
  66. ^ OB・OGインタビューFile.09矢野勝嗣 (PDF)”. 愛媛大学. 2015年6月5日閲覧。
  67. ^ 「(原点 高校野球がくれたもの:3)愛媛朝日テレビ勤務・矢野勝嗣さん/愛媛県」、朝日新聞 大阪地方版/愛媛、2008年7月1日、26頁。
  68. ^ 「15年後の捕球/高校野球連載第7回「あの球児は今」」、日刊スポーツ 東京日刊、2015年5月19日。
  69. ^ a b c 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(5)=熊本工・星子三塁手 「アウトの人」克服に3年」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月1日。
  70. ^ a b 「証言・激闘の記憶|石丸裕次郎」、DVD映像で甦る高校野球不滅の名勝負Vol.6『矢野勝嗣が「奇跡のバックホーム」。夏将軍・松山商27年ぶり頂点へ。』、ベースボール・マガジン社、2014年12月2日発行・発売、14-15頁。
  71. ^ a b 吉仲博幸 (2015年7月31日). “96年夏「奇跡のバックホーム」明暗を分けた2人の現在”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/08/kiji/K20150708010692150.html 2015年8月20日閲覧。 
  72. ^ a b c 「[熱闘の系譜 高校スポーツ50年](6)熊工の悲劇 今に生きる(連載)」、読売新聞 西部朝刊、2014年8月13日、28頁。
  73. ^ a b c d e f 「[1球、1点、1勝への思いは、今も]沢村幸明」、DVD映像で甦る高校野球不滅の名勝負Vol.6『矢野勝嗣が「奇跡のバックホーム」。夏将軍・松山商27年ぶり頂点へ。』、ベースボール・マガジン社、2014年12月2日発行・発売、10-13頁。
  74. ^ 「熊本工業高甲子園特集=伝統の強力打線健在」、熊本日日新聞 朝刊、1996年8月6日。
  75. ^ a b 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(9)=熊本工・澤村幸明左翼手(下)プロの夢あきらめない」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月8日。
  76. ^ a b c 「[検証 奇跡の背景にあったもの]球審・田中美一氏のもう一つの「奇跡」」、DVD映像で甦る高校野球不滅の名勝負Vol.6『矢野勝嗣が「奇跡のバックホーム」。夏将軍・松山商27年ぶり頂点へ。』、ベースボール・マガジン社、2014年12月2日発行・発売、16-17頁
  77. ^ 宇和上正「甲子園で活躍 田中球審悼む」、愛媛新聞 朝刊、2012年2月29日、22面
  78. ^ 「[コラム・記者席から]奇跡の上にあった奇跡。」、DVD映像で甦る高校野球不滅の名勝負Vol.6『矢野勝嗣が「奇跡のバックホーム」。夏将軍・松山商27年ぶり頂点へ。』、ベースボール・マガジン社、2014年12月2日発行・発売、26-27頁。
  79. ^ a b 「風を切る2つの白球、再現・熊本工VS松山商(14)=松山商・渡部真一郎右翼手 星加逸人三塁手 ノンプロの4番と主将」、熊本日日新聞 朝刊、2006年8月16日。
  80. ^ 三菱重工広島硬式野球部後援会
  81. ^ 「熊工の沢村」鮮烈な記憶から20年、現役に別れ そして新たな希望スポニチアネックス 2016年1月24日付 2016年1月26日閲覧
  82. ^ 「センバツ8強進出の熊本工 初制覇の夢後輩に託す 96年準V野田さん プロ断念、昨秋から指導」、西日本新聞 夕刊、2007年3月29日、12頁。
  83. ^ a b 「取材前線=“タッチアップ”から18年 写真部」、熊本日日新聞 朝刊、2014年8月6日。
  84. ^ 「坂田新監督目標語る 鈴国大野球部 「全国ベスト8以上を」」、中日新聞 朝刊、2011年12月21日、14頁。
  85. ^ 第86回都市対抗野球 : 県大会チーム紹介/下/茨城 毎日新聞、2015年5月14日。
  86. ^ 「◎松山商、決勝で涙 全国高校軟式野球選手権最終日」、愛媛新聞 朝刊、1996年8月31日。
  87. ^ 「96年夏。奇跡のバックホームV 名勝負再び 松山商×熊本工 坊っちゃんスタジアム、3000人楽しむ」、愛媛新聞 朝刊、2001年6月18日。
  88. ^ 高校野球100年 甲子園 奇跡のバックホーム〜今 明かされる20年目の真実〜. 愛媛朝日テレビ. 2015年7月13日放送.
  89. ^ 「「奇跡のバックホーム」克明に 愛媛・熊本朝日共同制作 高校野球100年特番 96年 松山商―熊本工戦検証」、愛媛新聞 朝刊、2015年7月9日。
  90. ^ あれから20年…「奇跡のバックホーム」再現は生還 両軍集結 - スポーツニッポン、2016年11月27日