梅澤高明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

梅澤 高明(うめざわ たかあき、1962年 - )は、日本と米国で活動する経営コンサルタントA.T.カーニー日本法人会長[1]海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)社外取締役[2]、株式会社グロービス社外取締役・グロービス経営大学院理事[3]テレビ東京ワールドビジネスサテライト」レギュラーコメンテーター[4]

一般社団法人外国人雇用協議会副会長[5]グロービス経営大学院客員教授(経営戦略担当)[6]、NPO法人ISL(Institute for Strategic Leadership)ファカルティ[7]

略歴[編集]

東京都出身。筑波大学附属駒場中学校・高等学校を経て、東京大学入学。在学中にゴシック・ロックバンド「G-Schmitt」を結成。ベーシスト・コンポーザーとして、通算9枚のLP・EP・CD制作に参加。

1986年に東京大学法学部卒業、日産自動車へ入社[8]

1995年、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院の修士課程を修了し、A.T.カーニーのニューヨーク・オフィスに入社[9]

1999年にA.T.カーニーの東京オフィスに異動。その後、パートナー、日本代表(2007~2013年)、本社取締役(2012~2014年)、消費財・小売プラクティス グローバルリーダー(2014年)を歴任[10]。2014年より日本法人会長[11]。日本の大企業を中心に、戦略・マーケティング・イノベーション・組織関連のコンサルティングを実施[12][13]

菅直人内閣のときに発足した経済産業省の「クール・ジャパン官民有識者会議」民間委員、安倍晋三内閣で設けられた内閣府「クールジャパン戦略推進会議」でも構成員を務める。経済同友会「ベンチャー創造PT」副委員長などを歴任。現在、「政府税制調査会」特別委員[14]内閣府「知的財産戦略ビジョンに関する専門調査会」委員[15]経済産業省「産業競争力とデザインを考える研究会」委員[16]東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「テクノロジー諮問委員会」委員[17]

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のアドバイザーに2015年8月就任。他のメンバーは冨山和彦夏野剛西内啓堀江貴文 [18]

元妻はスプツニ子![19]

人物・活動[編集]

クールジャパン[編集]

2012年11月の「クール・ジャパン官民有識者会議」で、他の民間委員とともに「COOL JAPAN 『海外展開を推進する機構』の設立構想」を提案[20]。翌年、官民ファンド海外需要開拓支援機構」(クールジャパン機構)が発足する。2017年6月、同機構の社外取締役に就任[21]

メディアやカンファレンスなどでも、クールジャパン戦略の紹介を積極的に行う。

福島復興プロジェクト[編集]

東日本大震災を受けて、2011年3月に外部有識者との共同チームを発足し、被災地の復興構想策定に着手。同年4月に朝日新聞とテレビ東京「ニュースモーニングサテライト」で、コンパクトシティと産業集積・雇用創造を軸とした復興の方向性を提示[22]

同年夏にかけて、福島県南に先端的農業、福祉・介護、観光などの産業集積と、千人を上回る新規雇用の創造を目指す構想を策定。同年8月に、推進母体である西郷村下郷町と共同で構想を正式発表。

両自治体は復興特区の枠組みによる構想実現を目指し、東芝パナソニック丸紅、スプレッド、ニチイ学館など約20社が構想への参加を計画していた[23]。しかし同年11月、西郷村議会において関連予算案が否決され、構想は事実上頓挫した[24]

NEXTOKYOプロジェクト[編集]

2014年3月、東京の未来ビジョン策定のために「NEXTOKYOプロジェクト」を立ち上げる。

近著『NEXTOKYO 「ポスト2020」の東京が世界で最も輝く都市に変わるために』(2017年11月)によると、現在のプロジェクトメンバーは、梅澤高明(A.T.カーニー)、小笠原治(ABBALab)、楠本修二郎(カフェ・カンパニー)、齋藤精一(ライゾマティクス)、齋藤貴弘(弁護士)、スプツニ子!アーティスト東京大学)、田川欣哉(Takram)、為末大(元陸上競技選手)、林千晶(ロフトワーク)、伏谷博之(タイムアウト東京)、藤村龍至建築家東京藝術大学、森俊子(建築家ハーバード大学大学院)[25]

NEXTOKYO構想は3つのテーマを掲げる。①「クリエイティブシティ」(個々の街の特徴を先鋭化した文化創造都市)、②「テックシティ」(先端産業が集積し先端技術が実装される都市)、③「フィットネスシティ」(健康的なライフスタイルを実現する都市)。

2014年9月、国家戦略特区における規制改革案を政府に提案[26]。提案項目の内、ダンス規制の撤廃が2015年6月の風営法改正で実現し[27]クールジャパン人材の海外からの受入れ拡大は、国家戦略特別区域法の2017年6月の改正に織り込まれた[28]

2015年6月、「東京のグランドデザイン検討委員会」(舛添都知事主催)で、椎名林檎山崎亮・工藤和美・猪子寿之山海嘉之などの有識者とともに講演。

メディアやカンファレンスで、NEXTOKYOの紹介を積極的に行う。

G-Schmitt[編集]

1983年、ゴシック・ロックバンド「G-Schmitt」[29]を結成し、ベーシスト・コンポーザーとして活動。G-SchmittはボーカリストSYOKOをフロントに、内省的・耽美的な詩とサウンドを追求し、80年代ゴシック・ロック/ポジティヴ・パンクの代表的バンドの一つと称される。 通算9枚のLP・EP・CD制作(内、7枚はヴェクセルバルグ・レーベル[30])、およびAUTO-MOD主催のシリーズギグ「時の葬列」に参加。1986年、就職を機にG-Schmitt脱退。

AUTO-MODなど4バンドによるコンピレーション・アルバム「時の葬列」は、30周年記念盤として2014年に再発される[31]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『グループ経営戦略と管理』企業研究会、2008年
  • 『3・11後、ニッポンの論点』朝日新聞出版、2011年
  • 『1日30分 達人と読むビジネス名著』日本経済新聞社、2012年
  • 『勝利と成功の法則』日本経済新聞社、2013年
  • 『仕事に必要なことはすべて映画で学べる』日経BP押井守著書に対談参加、2013年
  • 『日本のマネジメントの名著を読む』日本経済新聞社、2016年
  • 『「シン・ゴジラ」私はこう読む』日経ビジネス、2016年
  • 『税と社会保障でニッポンをどう再生するか』日本実業出版社、2016年
  • 『NEXTOKYO 「ポスト2020」の東京が世界で最も輝く都市に変わるために』日経BP、楠本修二郎と共著、2017年

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]