喜多俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

喜多 俊之(きた としゆき、1942年 - )は、日本のプロダクトデザイナー大阪市生まれ。

概要[編集]

浪速短期大学(現・大阪芸術大学短期大学部)デザイン美術科工業デザイン専攻卒業。1969年からミラノ大阪で活動を開始。

1980年に発表した椅子「Wink」と1983年に発表したテーブル「Kick」がニューヨーク近代美術館に、1997年には開催されたセビリア万博日本館(1992年)で使用された「MULTI LINGUAL CHAIR」がパリポンピドゥー・センターニューヨーク近代美術館パーマネント・コレクション(永久保存)に選定された。

  • シャープAQUOSを1stモデルから最新機種まで全て担当(国内モデル)し、世界中の美術館で永久保存に選定されている。国内の全てのAQUOSの背面には、必ずT.KITAのサインが入っている。
  • 愛・地球博に出品されたロボットwakamaruのデザインを手がけている。
  • ZOUJIRUSHI(象印)から未来的なデザインの炊飯器RIZOを発表。

また、30年以上前から日本の伝統工芸の発展にも取り組むなどの一面がある。

日本の伝統工芸を用いた代表作の中に1971年に発表された「Tako」(美濃和紙)、2003年の「Hanaシリーズ」(有田焼)などがある。

2010年8月1日より、大阪市の市長特別顧問に委嘱される[1]

主な作品[編集]

他多数

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]