将軍 SHOGUN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将軍 SHOGUN
Shōgun
ジャンル アドベンチャー 海外ドラマ
原作 ジェームズ・クラベル
脚本 エリック・バーコビッチ
監督 ジェリー・ロンドン
出演者 リチャード・チェンバレン
三船敏郎
島田陽子
音楽 モーリス・ジャール
製作
プロデューサー エリック・バーコビッチ
ベン・チャップマン
ジェームズ・クラベル
ケリー・フェルザーン
制作 NBC
放送
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
放送期間 1980年9月15日9月19日(5日連続放送)
放送時間 計547分
テンプレートを表示

将軍 SHOGUN』(しょうぐん 原題:Shōgun)は、ジェームズ・クラベルの小説 "Shōgun" を原作として、1980年アメリカNBCで制作・放送されたテレビドラマ。劇場映画として編集されヨーロッパや日本で上映されたほか、日本ではテレビでも放送された。

内容[編集]

17世紀、オランダ船の乗組員である主人公のイギリス人航海士ジョン・ブラックソーンは、江戸時代初期の日本に漂着する。ヨーロッパとはまったく違う社会制度や生活習慣に驚きながらも、吉井虎長らの武将やヨーロッパ人宣教師らなどと関わり、政治的に激動する日本で生きていく。

実在したイギリス人ウィリアム・アダムス(三浦按針)をモデルにしているが、内容は実在の人物を架空の人名に置き換えたフィクションである。

村人がおじぎをしなかったからという理由で、役人にいきなり切り殺されたり、何の詮議もなく、主人公たちが捕えられ投獄された上、無差別に船員の一人が連行され釜茹でにされてしまうなど、当時の日本でも考えられないような荒唐無稽な描写もされている。

原作の翻訳は宮川一郎訳でティービーエス・ブリタニカから『将軍』として全3巻で刊行された。

キャスト[編集]

俳優 役名 該当 日本語吹替
リチャード・チェンバレン ジョン・ブラックソーン(按針さん) 三浦按針 瑳川哲朗
三船敏郎 吉井虎長 徳川家康
島田陽子 戸田まり子 細川ガラシャ
フランキー堺 柏木矢部 本多正信
アラン・バデル デラクレア大司教 アレッサンドロ・ヴァリニャーノ 宮川洋一
マイケル・ホーダーン ドミンゴ修道士 松村彦次郎
ダミアン・トーマス英語版 アルビト神父 ジョアン・ロドリゲス 寺田農
ジョン・リス=デイヴィス ロドリゲス 小松方正
ヴラデク・シェイバル英語版 黒船船長 ホレイショ・ネレッティ 上田敏也
ジョージ・イネス (俳優)英語版 ビンク ヤン・ヨーステン 樋浦勉
レオン・リセック英語版 セバスチオ神父 梶哲也
目黒祐樹 柏木近江 本多正純
高松英郎 戸田文太郎 細川忠興
千野弘美 ふじ子
金子信雄 石堂和成 石田三成
安部徹 戸田広松 細川藤孝
ジョン・カーニー ギンセル
江原正士 スガ
榎木兵衛 佐助
長谷川弘 和船船長
イアン・ジェントル サラモン
賀田裕子 佐津子
喜多川美佳
橘田良江 ぎょう子
スチュワート・マッケンジー クロオック
松原愛 羅子
ニール・マッカーシー英語版 スピルベルゲン ヤコブ・クワッケルナック
宮口精二 村次
森下祐巳子 あさ
夏木陽介 坐滝 松平定勝
大林丈史 浦野
岡田真澄 ミカエル 千々石ミゲル
エドワード・ピール ピーテルゾーン
エリック・リチャード マエツカー
佐野厚子 落葉 淀殿
関根世津子 げんじ子 於江与
瀬良明 古い庭師
モルガン・シェパード スペクス
高美以子 阿茶局
宅麻伸 吉井那賀 松平忠吉
竹井みどり
スティーブ・ウベル ローパー
山本麟一 義仲
東静子
オーソン・ウェルズ ナレーション 矢島正明

公開・放送[編集]

アメリカ[編集]

  • 1980年9月15日から9月19日に、NBCネットワークで放映された(5日連続)。
  • エーシーニールセン調べの全米視聴率では平均32.6%、最高36.9%(9月17日放送の第3話。全米占拠率の最高も同回の57%)を記録した[1]

日本[編集]

放送日
(1981年)
曜日 放送時間
JST
1 3月30日 月曜 20:00 - 22:42
2 3月31日 火曜 20:00 - 20:56
3 4月1日 水曜
4 4月2日 木曜
5 4月3日 金曜
6 4月4日 土曜
7 4月5日 日曜
8 4月6日 月曜 20:00 - 22:44
  • 2017年12月24日時代劇専門チャンネルにてテレビシリーズ版がノーカットかつ日本語字幕付きで放送された。なお、吹き替え版ではなくノーカットによる字幕版が日本で放送されるのは今回が初めてとなる。[2]

DVD[編集]

受賞歴[編集]

エミー賞[編集]

ゴールデン・グローブ賞[編集]

  • テレビシリーズ ドラマ部門・作品賞(1981年)
  • テレビシリーズ ドラマ部門・男優賞(1981年:リチャード・チェンバレン
  • テレビシリーズ ドラマ部門・女優賞(1981年:島田陽子

リメイク[編集]

2013年フォックス放送が本作を再ドラマ化することを発表し、『ソーシャル・ネットワーク』のマイケル・デ・ルカと『エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜』のナイジェル・ウィリアムズがプロデューサーを担当する[3]

その他[編集]

  • まり子役は当初ジュディ・オングにオファーされていたが、「魅せられて」が日本レコード大賞を狙える大ヒットとなったことで出演を辞退した。[4]
  • 朝日新聞の1981年4月4日(ドラマ第6回放送日)に掲載された、サトウサンペイ原作の漫画『フジ三太郎』では、三太郎一家がドラマの一場面を拝見した後、息子の小太郎が、前に三太郎に三浦按針ってどんな人かと聞いたら、「按摩とハリの人だって」といったと発言、三太郎が真っ赤になってしまった[5]

出典[編集]

  1. ^ 「パーセントの裏っ側 『将軍』の全米視聴率」『サンデー毎日』1980年10月26日号、99頁。
  2. ^ 【没後20年 三船敏郎】特別企画海外ドラマ「将軍 SHOGUN」(ノーカット字幕版)(全6話)
  3. ^ 三船敏郎出演ドラマ「将軍 SHOGUN」を米FOXがリメイク!”. シネマトゥディ (2013年3月21日). 2014年9月6日閲覧。
  4. ^ 「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(3)ジュディ・オング「魅せられて」ヒットで「将軍」ヒロインが消えた
  5. ^ 『朝日新聞・縮刷版』 朝日新聞社、1980年4月4日、23面頁。