ヤコブ・クワッケルナック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤコブ・クワッケルナックJacob Quaeckernaeck、? - 1606年9月21日)は、オランダ人航海士リーフデ号の船長。

始めは専任の航海士だったが、探検の途上、南米のモチャ島チリ沖)で前任の船長がインディオに殺害されたために船長となり、太平洋横断を指揮する。船が1600年日本豊後国(現・大分県)に漂着した後は徳川家康に仕えた。

1605年には家康からオランダ総督マウリッツに宛てた親書を携え、リーフデ号の乗員メルキオール・ファン・サントフォールトと共にオランダ東インド会社の交易拠点であるパタニ(マレー半島)へと航海する。クワッケルナックはさらに帰国の途に就いたものの、マラッカ海峡ポルトガル人に殺害された。

関連項目[編集]