大阪大学レーザーエネルギー学研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大阪大学レーザーエネルギー学研究センター(おおさかだいがくレーザーエネルギーがくけんきゅうセンター、Institute of Laser Engineering Osaka University、略称:レーザー研ILE)は、大阪大学の附置研究所全国共同利用研究所)。

研究部門[編集]

  • パワーフォトニクス研究部門
  • レーザー核融合学研究部門
  • 高エネルギー密度科学研究部門
  • レーザーテラヘルツ研究部門
  • 光・量子放射学研究部門技術部

沿革[編集]

  • 1972年(昭和47年):大阪大学工学部附属レーザー工学研究施設が発足し、「レーザー材料部門」を設置。
  • 1973年(昭和48年):「レーザー動特性部門」を設置。
  • 1976年(昭和51年):大阪大学レーザー核融合研究センターに改組し、「レーザーシミュレーション工学部門」を設置。
  • 1977年(昭和52年):「レーザーエネルギー学部門」を設置。
  • 1979年(昭和54年):10年時限で「レーザーペレット工学部門」を設置。
  • 1980年(昭和55年):10年時限で「レーザー診断学部門」を設置。
  • 1981年(昭和56年):10年時限で「レーザー爆縮工学部門」を設置。
  • 1982年(昭和57年):10年時限で「エネルギー伝達工学部門」を設置。
  • 1989年(平成元年):時限到来の「レーザーペレット工学部門」を転換し、「核融合ターゲット工学部門」を設置。
  • 1990年(平成2年):時限到来の「レーザー診断学部門」と時限前到の「レーザー爆縮工学部門」を廃止転換し、「核融合超高密度プラズマ・計測(大)部門」を設置。
  • 1992年(平成4年):時限が到来した「エネルギー伝達工学部門」を転換し、「核融合ドライバー制御工学部門」を設置。「外国人客員部門」を設置。  
  • 1999年(平成11年):「高出力レーザー工学部門」、「爆縮核融合部門」、「レーザープラズマ理工学部門」、「超高強度光学部門」の4大時限部門に改組。
  • 2004年(平成16年):4月に大阪大学レーザーエネルギー学研究センターに改組し、7月に「超伝導フォトニクス研究センター」と統合。
  • 2006年(平成18年):全国共同利用施設となる。

組織[編集]

  • 大阪大学長によって選任される、センター長、副センター長、参与会、運営協議会、教授会、運用計画企画、産学連携などの事務部門。
  • 研究部門 - 5つの研究部門からなる。それぞれ、レーザ核融合学研究部門、高エネルギー密度科学研究部門、パワーフォトニクス研究部門、レーザテラヘルツ研究部門、光・量子放射光学研究部門がある。
  • 技術部 - 大型レーザの運転、計算機室、プラズマ計測室がある。

プロジェクト[編集]

  • FIREXプロジェクト - 超高出力レーザによる、実験・理論研究部門
  • 学術創生プロジェクト - 超高出力レーザによる、高エネルギー密度プラズマの研究部門
  • EUVプロジェクト - 極端紫外光を用いた研究部門
  • 連携融合プロジェクト - 超高出力レーザーを実現するに当たり必要とされる、光量子研究を行う部門
  • 先端研究施設共用イノベーション創出事業 - レーザー工学を産業界と共有するための部門

施設[編集]

  • 激光XⅡ - PWレーザ装置の複合体
  • PWレーザ - 激光を構成する、1秒間辺りの照射量が、1PWに達するレーザ装置
  • GMⅡレーザ - 激光の中間部を構成する、レーザ増幅装置
  • EUVデータベースレーザ - 極端紫外線を発生させることのできるレーザ装置
  • LFEXレーザ装置 - EUVデータベースレーザを4台束ねることで、強力な出力が得られる紫外線レーザ装置
  • スーパーコンピュータ - NEC製4TFlops、研究所の基幹コンピュータシステム

立地等[編集]

所在地
大阪大学吹田キャンパス内
アクセス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]