八王子医療刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八王子医療刑務所(はちおうじいりょうけいむしょ)は、法務省矯正局東京矯正管区に属する刑務所。全国4箇所の医療刑務所のうちのひとつである。通称「八刑(はちけい、はっけい)」。帝銀事件犯人とされている平沢貞通収監されていたことでも知られている。元日本赤軍リーダーの重信房子名張毒ぶどう酒事件死刑囚が収監されている。

所在地[編集]

収容分類級[編集]

  • M級
  • P級

身体や精神に障害のあるものを収容する。

収容定員[編集]

  • 433人

沿革[編集]

  • 1878年(明治11年)八王子監獄署として設立。11月、神奈川県監獄本署監獄八王子支署と改称する。
  • 1893年(明治26年)4月1日南多摩郡東京府に編入、警視庁の所管となる。
  • 1893年(明治26年)焼失し現在地に移転する。
  • 1927年(昭和2年)八王子少年刑務所に改称する。
  • 1951年(昭和26年)福岡県城野医療刑務所(現北九州医療刑務所)と同様に当時としては2つしかない医療刑務所となった。
  • 1981年(昭和56年)施設を改修する。
  • 2016年(平成28年)立川飛行場跡地に国際法務総合センター(仮称)が作られ、集約される予定[1]

組織[編集]

所長の下に3部を持つ3部制である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇担当、企画担当)
  • 医務部(保健課、医療第一課、医療第二課、医療第三課、看護課)

外観・設備[編集]

特記事項[編集]

  • 精神障害のある受刑者のための作業療法として紙細工、園芸等を実施している。
  • 職員の教育訓練のための准看護師養成所が設けられている。
  • 全国に4箇所ある医療刑務所の中で、唯一、受刑者に対して終末期ケアを行なっている[2]

出典[編集]

沿革については八王子辞典の会 『八王子辞典』 かたくら書店2001年ISBN 4-906237-78-9

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分58.6秒 東経139度20分8.9秒 / 北緯35.649611度 東経139.335806度 / 35.649611; 139.335806