丸岡修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸岡 修(まるおか おさむ、1950年10月20日 - 2011年5月29日)は、日本の新左翼活動家。日本赤軍の元メンバー。徳島県出身。

経歴[編集]

中学時代までは右翼少年で、五・一五事件二・二六事件の青年将校に憧れ、自衛官を志望していたが、大阪府立清水谷高等学校入学後、ベトナム戦争に疑問を持ち、日本民主青年同盟ベ平連の会合に参加し[1]、高校を卒業後、1970年から大阪浪共闘に参加。その後、ベ平連で市民活動家として活動した。関西ブントの関西労働者学園[2]に於いて滝田修藤本進治らに師事し、とりわけ藤本の「認識論」及び毛沢東の「実践論」、「矛盾論」を自らの思想信条と定めた[3]1972年檜森孝雄らのオルグを受け[4]、同年4月に日本を出国、テルアビブ空港乱射事件の犯人らとアラブゲリラの訓練所で軍事訓練を受けた後に所在不明となっていた。同年5月のテルアビブ空港乱射事件には参加しなかったが、殺人共犯指名手配となった。丸岡も日本赤軍メンバーとして1973年ドバイ日航機ハイジャック事件1977年ダッカ日航機ハイジャック事件に主導的立場で関与したとして国際手配を受けた。

1987年11月21日、丸岡は東京警察に偽造旅券を所持していたため逮捕された。指紋の照合で本人であることが確認される。この逮捕によって、丸岡が国内と東南アジアに合法・非合法両方の日本赤軍の支援組織を作ろうとしていたことと金日成の指示で翌年に迫ったソウルオリンピックの妨害工作をするためにソウル行きを計画していたことが明らかになる[5]。1987年6月にフィリピン人名義の偽造旅券で日本に潜入する前にマドリードで盗難に遭った元京都市議の旅券を基にした偽造旅券でタイやシンガポール、フィリピンのほか、ヨーロッパ諸国など合わせて十か国を渡り歩いていたこと、東京で逮捕される直前の1987年11月にオーストリア・ウィーンに潜入していたことが1988年8月に判明した[6][7]。公安警察によると、丸岡は日本赤軍の非公然支援組織の一部とともに皇族を誘拐して、三菱重工爆破事件を起こして死刑が確定した大道寺将司らを獄中から奪還するのが目的だったと判断している[8]

ドバイ・ダッカの両ハイジャック事件に対するハイジャック防止法違反と、偽造旅券で帰国したとする旅券法違反の罪に問われ、1993年12月、無期懲役判決を受けた。

1997年4月に控訴を、2000年3月に上告をそれぞれ棄却されて無期懲役が確定。当初は宮城刑務所で服役した。

読売新聞2002年1月27日付の記事「若王子さん事件 日本赤軍の影」において「三井物産マニラ支店長誘拐事件の際に犯人側に渡された身代金と丸岡の所持していた紙幣の番号が一致した」などと報じられた。丸岡は名誉毀損民事訴訟に起こし、2007年1月19日に東京地裁三代川三千代裁判長は証拠不十分として読売新聞社に105万円の賠償支払いを命じた。2007年6月28日、控訴審の東京高裁吉戒修一裁判長は一審判決を破棄し、新聞記事を真実と認め、丸岡の名誉毀損による請求を退けた。

クアラルンプール事件で実行犯として関与したと疑われていたが、同事件では起訴されていない。

2004年には拡張型心筋症と診断され車椅子生活を送っていた。丸岡は投薬治療を受けていたが、刑務所内には医師が常駐しておらず十分な治療がうけられなかったという。発作で失神することもあり、丸岡は4回も刑の執行停止を申し立てたがいずれも却下されていた[9]

2010年6月30日、刑の執行停止が認められず精神的苦痛を受けたとして、国を相手取り約1100万円の損害賠償と刑の執行停止をもとめ東京地裁に提訴[9]

2011年5月29日、丸岡は収監先の八王子医療刑務所にて心臓病により死去した[10]享年60。

その他[編集]

  • 日本赤軍メンバーの岡本公三の話によれば、テルアビブ空港乱射事件は当初の計画では丸岡を含めた4人でおこなう予定であったが、丸岡が別行動をとったために3人で襲撃したと供述している。同様のことは本人も重信房子公判に於いて、奥平剛士からの参加要請に対し、「そんな話は聞いていない。準備していないから一年後であれば応じられる」と断った、と認めている[3]。奥平はそれに対し「(奥平らが)テルアビブでの作戦に成功したら、(丸岡が)日本でパルチザン部隊を作るように」と告げ、約束を交わしたが、事件の直後すぐに日本公安当局にマークされた丸岡は日本への帰国を諦め、重信らに合流した[4]2011年10月19日[11]、丸岡の遺骨はレバノンベイルートにあるパレスチナ・コマンドやガッサーン・カナファーニーなど著名な活動家が埋葬されている墓地にある、乱射事件に参加した奥平、安田安之、事件の計画に関与した檜森孝雄が眠る墓に納骨された[12]

著書[編集]

丸岡を描いた作品[編集]

(その他日本赤軍に関する著書多数に於いて丸岡に関する記述がある)

脚注[編集]

  1. ^ 丸岡修さんの最後の闘い 「鈴木邦男をぶっとばせ!」2011年6月6日
  2. ^ 新左翼―ブントの歴史年表1961-1965
  3. ^ a b 『若松孝二と赤軍レッド・アーミー』 原渕勝仁著、世界書院、2016年7月、p126
  4. ^ a b 丸岡修「戦士からの遺言状』第4回、講談社G2、高山文彦
  5. ^ 朝日新聞 1987年(昭和62年)12月6日朝刊
  6. ^ “日本赤軍、盗難旅券を組織的使用 坂東ら3人を確認 欧州や東南アジアに出没”. 読売新聞. (1988年8月19日) 
  7. ^ “日本赤軍・坂東のオーストリア入国を確認 盗難の旅券を使う”. 読売新聞. (1988年8月24日) 
  8. ^ “日本赤軍・丸岡、日本潜入の目的を解明 皇族を誘拐→大道寺奪還”. 読売新聞. (1988年6月18日) 
  9. ^ a b “元日本赤軍幹部、刑の執行停止求める 「十分な治療受けられず」”. 産経新聞. (2010年6月30日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100630/trl1006301933005-n1.htm 2010年7月16日閲覧。 
  10. ^ “丸岡受刑者が死去=元日本赤軍幹部、医療刑務所で”. 時事通信社. (2011年5月29日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011052900062 2011年5月29日閲覧。 
  11. ^ 旧・拡張型心筋症の丸岡修さんに生きる途をの会(関西)
  12. ^ Fatah glorifies Japanese and Palestinian terrorists
  13. ^ http://g2.kodansha.co.jp/10955/11396/11397/11398.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]