中田大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中田大輔(なかた だいすけ、1974年3月2日 - )はプロトランポリン競技選手。J-POWER所属。石川県美川町(現・白山市)出身。日体荏原高等学校日本体育大学卒。

川崎市高津区内の体育館を練習場に活躍。2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定され、講演会・トランポリン教室などの実施や多摩川ハーフマラソン参加など地域への活動に積極的に関わるようになったほか、ユニフォームに「ガンバレ川崎」と入れて川崎市を世界にアピールしたり、Jリーグ川崎フロンターレのファン感謝祭に参加して演技披露をするなど地元への貢献も多くなっている。TBS放送のSASUKE出演者長崎峻侑(国士舘大学)はトランポリンの教え子(一番弟子)である。

また2001年ごろからテレビ舞台などでの活動も行っており、アスリートとしてだけでなくタレントとしても活動している。

略歴[編集]

3歳のころ、指導者だった父の影響でトランポリンを始める。地元の中学校を卒業後、単身で上京し、一人暮らしをしながら東京都大田区の私立日体荏原高等学校に通う。 高校時代は全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場し、1年生1989年と3年生1991年のころ個人の部で優勝。また3年生のときに参加した第28回全日本トランポリン競技選手権大会1991年)ではAクラス個人の部で準優勝という結果を残す。

1992年日本体育大学に進学し全日本学生トランポリン競技選手権大会全日本トランポリン競技選手権大会で優勝をかさね、また世界トランポリン競技選手権ワールドゲームズなどの国際大会にも日本代表として出場した。

卒業後は世田谷区役所で社会教育指導員として勤務しながら現役を続行。遠征費用捻出のため、勤務終了後に練習を行い、さらに午後8時からはガソリンスタンドでの徹夜勤務という生活を送る。

1997年9月にトランポリン競技がシドニーオリンピック2000年)から正式種目になることが決定すると、翌1998年1月には金沢学院北國クラブに移籍。同時に金沢学院大学で職員として勤務することになる。

1998年のトランポリン・ワールドカップ第2戦で4位に入る活躍を見せて世界の注目を集め、その年の世界ランキングは7位まで上昇した。1999年に南アフリカ共和国で行われた世界トランポリン競技選手権(兼オリンピック予選)で出場権を獲得し、念願のオリンピック出場が決定。同年11月の行われたワールドカップ第3戦で4位(同大会に出場したオリンピック参加選手の中では2位)の結果を残した。

2000年2月のシドニーオリンピックテストイベント(プレ五輪)で4位、3月の第12回国際グレンズランドカップ(ドイツ)で優勝と確実にステップアップしていった。 しかしシドニーオリンピック本戦では現地での事前練習で約6メートルの高さから落下し、本番では強行出場したものの予選最下位(12位)に終わった。だがその1ヵ月後に行われた全日本トランポリン選手権(東京都足立区)には傷の完治しないまま出場ではあったものの、史上初の6連覇を達成した。

その後、2000年の世界ランキングを決める「ワールドカップファイナル」に出場。このころは無職で、所属クラブもなく練習不足の状態ではあったが、前年度を上回る第6位の結果を残した。

2001年3月、トランポリンチーム「Style Sports club」を設立。競技色の強いこのチームのメンバーは中田大輔を含めて3人だけであったが、2001年夏のワールドゲームズではシンクロナイズド競技で3位に入賞した。10月には第38回全日本トランポリン競技選手権に参加し、個人競技では自らの連勝記録を更新する7年連続優勝(日本新記録)を達成。川西隆由樹と参加したシンクロナイズドでも優勝すると、その一週間後にポルトガルで開催された2001年ワールドカップシリーズ第2戦ではシンクロナイズド競技でも同じコンビで念願の世界チャンピオンに輝き、プロ選手として順調なスタートを切ることに成功した。

またほぼ同じころ、映画「RED SHADOW 赤影」(2001年8月公開)に出演し俳優として活躍。2001年から2002年にはユニクロCMに出演し、2003年にはTBSテレビの番組「体育王国(←筋肉番付)」の関連企画「マッスルミュージカル」のメンバーとなるなど、いわゆる芸能界での活躍も目立つようになっていった。

2004年5月、川崎市内でひき逃げ事故にあう。オートバイに乗って帰宅途中に後方からワゴン車に接触され、中心性頸髄(けいずい)損傷で全治3カ月の重傷を負うが驚異的な回復力を見せ、舞台に復活した。

同年9月、川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーが創設されると、その一員に認定された。

2007年11月、2000年頃から1日に100件以上のメールを送り付けたり、付きまとうなどしていた熱狂的な女性ファン(当時41歳)が再三にわたる警告などを無視してストーカー規制法違反の疑いで逮捕され、ワイドショーなどで報道されて広く話題にのぼった。

主な成績[編集]

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第8回大会 46 2nd ウォールリフティング
第9回大会 71 3rd ランプグラスパー
第10回大会 940 3rd ランプグラスパー
第11回大会 95 3rd ランプグラスパー
第12回大会 94 1st ローリング丸太
第13回大会 71 2nd ウォールリフティング
第16回大会 65 1st ロープクライム
第17回大会 96 3rd アームリング
第21回大会 88 2nd サーモンラダー

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

出演PV[編集]

外部リンク[編集]