大嶋あやの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大嶋 あやの(おおしま あやの、1994年7月14日 - )は、元東京シティ信用金庫の職員[1]。、TBSKUNOICHI』の出場者。日本女子体育大学出身。身長155cm。

人物[編集]

日本女子体育大学在籍時、SASUKE第31回大会に念願の出場を果たす[2]。1stステージタイムアップとなるも、そり立つ壁まで突破する大健闘を見せた。『KUNOICHI』にも第9回から出場。第11回大会ではBLACKステージの最終エリアまで進む等、有力選手の1人として活躍した。SASUKE第36回大会にも出場、難関エリアであるドラゴングライダーを女性で初めてクリアしたもののそり立つ壁でリタイア。

大学時代から取り組んでいるボルタリングは現在も継続しており、自身のライフワークとなっている[3]

2019年6月に行われたドイツ版SASUKEの4ヶ国対抗イベント「Ninja Warrior Germany 4 nations Special」の日本代表チームに女性選手枠(男性5人,女性1人の規定)として選出された[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【予告】大嶋あやの職員「SASUKE」に登場!: チャレンジ シティ!”. チャレンジ シティ!. 東京シティ信用金庫 (2019年12月16日). 2021年8月21日閲覧。
  2. ^ 大嶋 あやのさん|夢に向かって挑戦する「人」|The Body Care Company/ファイテン株式会社-phiten-”. ファイテン. 2021年8月21日閲覧。
  3. ^ 野中生萌が日本女子初の7秒台【スピードジャパンオープン盛岡大会予選】|CLIMBERSはクライミング、ボルダリングをテーマにした総合WEBサイト”. CLIMBERS. ソニー・ミュージックエンタテインメント/ソル・メディア (2021年6月18日). 2021年8月21日閲覧。
  4. ^ 森本裕介 (2019年12月30日). “生放送の「SASUKE」超難関へ、ハンパない準備をしていた挑戦者|その他競技|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva”. Web Sportiva. 集英社. 2021年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]