佐藤惇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 惇(さとう じゅん、1991年9月26日 - )は日本のトレーサー、パルクールパフォーマー、パルクール指導者。東京都出身。SENDAI X TRAINに所属し、PKTKcommunityの代表でもある。 TBSSASUKE』の有力選手であり、高校2年生の頃から出場を続けている。身長174cm、体重68kg。愛称はサリー

人物[編集]

幼少期より体を動かすことを得意としており、小学校時代に近所の公園で友人と遊んだりしている中で自然と身体能力が培われていった。中学受験をして以降は体を動かす機会が減り、学業に追われる日々を送ることになる。 しかし、やりたいことも出来ないような学校生活では思うような充実感を得ることができず、「自分が自分で無くなっていく」ような感覚に襲われた佐藤は不登校になっていった。この時期に佐藤は、自分が覚えている限りで2度、飛び降り自殺の手前まで行ったという。そんな最中、小学生の頃にテレビ『世界まる見え!テレビ特捜部』で放映されたパルクールのドキュメンタリー『ジャンプ・ロンドン』を思い出し、その中に登場する人物の身のこなしに感銘を受けてパルクールを始める。学校の窮屈さと周囲からの重圧に潰れかけていた佐藤にとって、自由に体を動かすことの出来るパルクールは「自分が自分でいられる」唯一の存在であった。 当時はパルクール自体の知名度も低かったため、佐藤はインターネットなどを用いて独学で技能を習得していった。そのうち、ネット上で知り合った仲間にパルクールの心構えと目的を教わり、本格的にパルクールの練習を始めるようになる。

2007年、イギリスのパルクールチーム『Parkour Generations』との出会いをきっかけに本場フランスへと赴き、パルクールを創り出した集団『ヤマカシ』のメンバーらと共に練習を行う。

2008年秋の第21回大会から『SASUKE』に出場。同大会は1st STAGEでリタイアを喫したが、以降出場した8大会全てにおいて1stをクリアしており、抜群の安定感とスピードクリアには定評がある。

高校卒業後は進路に迷い、趣味の一つであったカメラの専門学校に入学したが、イギリスでパルクールの先達の話を聞き、専門学校をやめてパルクールの指導者となることを決意。そのままイギリスで日本人としては初となるパルクールの国際指導員の資格を取得。アジアに3人しか存在しないパルクール国際指導員のうちの1人となる。「パルクール自体にはルールは存在しないが、周囲への配慮などのルールや個々人のモラルは重要視されるべきだ」と考えている。また、『SASUKE』の放送内で「自分の周囲の状況を把握して、無理のない範囲で動くこと」を信条としていると語っている。座右の銘は「あるものは使え、無いものは作れ」。

2017年、24時間テレビの企画において、チームの1分間のトランポリンダンク回数で44回を記録しギネス世界記録に認定される。同企画ではチームメイトとして、共にSASUKEで活躍するトランポリンパフォーマー長崎峻侑や俳優の森渉らが参加した。[要出典]

SASUKEでの戦歴[編集]

第21回~第25回[編集]

第21回、当時高校2年生で予選会を5位通過し初出場。1stロッググリップで最上段の浅い窪みで両手をグリップしてしまい、2段目で落下。同大会予選会組としては最も早いリタイアとなった(ダイジェスト、ゼッケン44)。第22回は欠場。第23回は予選会を1位で突破。本戦でも全体3位の好タイムで初めて1stをクリアしたが、2ndでサーモンラダー1段目でバーが脱線しリタイア(ダイジェスト、ゼッケン50)。第24回は1stを無難に突破したが途中で肩を負傷、その影響でまたしても2ndサーモンラダーでリタイア(ゼッケン78)。第25回では競技順を抽選で決定するシステムの中、早い競技順となるも見事リニューアル後初の1stクリア者となった。2ndではサーモンラダーがダブルサーモンラダーへと進化するも、徹底したサーモンラダー対策を講じてきたことにより突破、続くアンステーブルブリッジでリタイア(ゼッケン18)。

第26回~第31回[編集]

第26回から第31回では出場していない。なお第29回は予選会に参加するも、予選落ちしたため出場できなかった。

第32回〜第34回[編集]

6年ぶりの出場となった第32回では、大リニューアルが施され、クリアも少ない状況にあった1stをブランクを感じさせずに余裕の攻略。その勢いのまま自身初となる2ndクリアを達成。同大会では日本人選手最優秀成績となる3rdウルトラクレイジークリフハンガーでリタイア(ダイジェスト、ゼッケン76)。続く第33回は自身初となる81番以降のゼッケンとなり、1stを32.06秒残しの最速タイムで通過。1stタイファイターの着地では前転を決め、クリア後にもパフォーマンスを見せて会場は大いに沸いた。続く2ndも余裕で突破するも、前回クリアした3rdフライングバーでリタイア(ゼッケン97)。 第34回は1stのフィッシュボーンで迷いを見せ、20秒程のタイムロスを喫してしまうが、後半の怒涛の追い上げにより、26.58秒の好タイムを残し見事1stを通過。また、そり立つ壁を突破した直後の段差でパフォーマンスを見せ、会場を盛り上げる場面もあった。2ndではどの種目も悠々とこなし見事20.52残しの最速タイムで通過。夜遅くまで収録が及んだため観客は少なかったが会場は大いに沸いた。3rdでは前回落下したフライングバーも余裕でこなしウルトラクレイジークリフハンガーまで行くも、1→2本目で落下してしまい自己最高記録を更新することはできなかった。また、放送時は全てダイジェストで放送された(ゼッケン96)。

第35回[編集]

第35回は多くの実力者が苦戦する1stで圧巻のパフォーマンスを見せつけ、20.39秒残しの最速タイムで突破。オールスターズの山本進悟は「こんな簡単なんですね」、新世代の長崎峻侑は「あんな余るの?」、そして実況の駒田健吾までもが「まさに異次元だ!」と驚いていた。2ndも無難に突破し、4大会連続の3rd進出を決める。3rdに新設されたプラネットブリッジ初の攻略者となるも、前回同様ウルトラクレイジークリフハンガーの1本目→2本目の飛び移りで落下(ゼッケン97)。

第36回[編集]

第36回は、佐藤の挑戦順までに10人のクリア者が出ている中で、それまでの最速タイム(ゼッケン93 山本桂太朗の12.01秒残し)を大幅に更新する23.39秒残しでの1stクリアを達成し、実況の杉山真也も「半端ないって!」と感嘆を述べるパフォーマンスを見せた。2ndも圧巻のスピードで、19.55秒を残し最速タイムを記録(ダイジェスト)。5大会連続の挑戦となった3rdでは、フライングバーでスタート地点に敷かれていたタオルが皿にかかってしまうアクシデントが起きるも、その場の判断でタオルを蹴り飛ばし難なく突破。前回苦戦したプラネットブリッジも素早い攻略を見せ、ウルトラクレイジークリフハンガーまで到達。過去3度のリタイア経験のある、1回目の飛び移りを見事に初攻略するも、2回目の飛び移りでタイミングがずれ、そのまま掴み切れずに落下。挑戦後のインタビューでは「今までSASUKEをやってきた中で、(クリフハンガーの)1本目を掴んだ時のその達成感は、他の何にも代えられないような、今そんな経験でした」と、自らにとっての高い壁を越えた喜びを語った(ゼッケン96)。 また、今回の1stステージクリアによって、史上4人目の完全制覇者である森本裕介と共に、長野誠と竹田敏浩が保持している2ndステージ進出の連続記録8に並んだ(ただし佐藤・森本両名とも、2人と違い欠場を挟む)。

SASUKEでの成績[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第21回大会 44 1st ロッググリップ 2段目
第23回大会 50 2nd サーモンラダー 1段目、バー脱線
第24回大会 78 2nd サーモンラダー 3→4段目
第25回大会 18 2nd アンステーブルブリッジ 移り失敗
第32回大会 76 3rd ウルトラクレイジークリフハンガー 1→2本目
第33回大会 97 3rd フライングバー 1回目
第34回大会 96 3rd ウルトラクレイジークリフハンガー 1→2本目
第35回大会 97 3rd ウルトラクレイジークリフハンガー 1→2本目
第36回大会 96 3rd ウルトラクレイジークリフハンガー 2→3本目

通算成績[編集]

出場数 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 最優秀成績
9回 8回 5回 0回 0回
  • 2018年 第36回大会終了時

最速タイム[編集]

大会 STAGE 制限時間 残りタイム クリア人数 備考
第33回大会 1st 128秒 32.06秒 13人
第34回大会 2nd 110秒 20.52秒 9人
第35回大会 1st 85秒 20.39秒 8人
第36回大会 2nd 110秒 19.55秒 10人

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]