長崎峻侑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長崎 峻侑(ながさき しゅんすけ、1987年5月16日 - )は、日本のトランポリン競技選手。 茨城県稲敷郡美浦村出身。茨城県立藤代紫水高等学校卒業、国士舘大学体育学部卒業。ケンミン食品株式会社所属。

経歴[編集]

当初は体操競技選手を志望していたが自宅近隣に体操クラブはなく、近隣の江戸崎町(現・稲敷市)に日本を代表するトランポリン・ジュニア育成クラブの一つである江戸崎スポーツクラブがあることを知り、小学3年生(9歳)の時からトランポリン競技を始める。同クラブ所属選手として11歳の時にオーストラリアシドニーで開催された世界年齢別大会に参加し、銅メダルを獲得。2003年に同じくシドニーで開催されたユースオリンピックフェスティバルでは金メダルを獲得した。

以降、全日本トーナメント、JOCジュニアオリンピックカップで優勝。2005年10月1日にオリンピック強化指定選手に認定され、翌2006年に開催された世界選手権の団体で銀メダルを獲得。

2007年12月31日まで社団法人日本トランポリン協会認定の強化指定選手、2008年から2012年までのオリンピック強化対策指定候補選手に選ばれたものの、北京オリンピックロンドンオリンピック共に出場とはならなかった。2012年8月28日に自身のブログで現役引退を発表[1]

人物[編集]

高校在学中からTBS系の人気視聴者参加番組『SASUKE』への出場、舞台マッスルミュージカルへの参加など、多方面でトランポリン競技の普及・広報活動に尽力している。

SASUKEへの挑戦に関して本人は「一発勝負という点ではトランポリン競技と共通している。トランポリン競技のPRになるかなという気持ちもあった。」とコメント。なお番組内で初めて「SASUKE新世代」と呼称された選手でもある。また、ファンの存在については「ありがたい。自分を磨いて注目される選手、人間としても見本となれる人になりたい。」と語っている[2]。 2010年4月に放送された、日本テレビ「世界記録工場」ではトランポリンダンクで、6m65㎝の世界記録を達成。

主な成績[編集]

  • トランポリン 世界年齢別大会 銅メダル獲得
  • 2003年 ユースオリンピックフェスティバル  個人銀メダル・シンクロナイズド部門 金メダル獲得
  • 全日本トランポリン ジュニア大会 優勝
  • 2005年 全日本トランポリン トーナメント競技選手権大会 優勝
  • 2006年 全日本学生トランポリン競技選手権大会 個人・シンクロナイズド部門とも優勝
  • 2006年 トランポリン世界選手権 団体 銀メダル獲得
  • 2006年 ドーハアジア競技大会 銅メダル
  • 2007年 全日本学生トランポリン競技選手権大会 個人・シンクロナイズド部門2連覇
  • 2007年 JOC ジュニアオリンピックカップ優勝
  • 2009年 IWGA ワールドゲームズトランポリンの男子シンクロナイズド優勝

SASUKEでの戦歴[編集]

第14回~第16回[編集]

第14回、当時高校2年生で初出場。同大会では66人目の挑戦者まで1stクリア者が出てない中、1stを9.65秒残しで突破して同大会1st初のクリア者となるも、2ndウォールリフティングでタイムアップ(ゼッケン67)。第15回も65人目まで1stクリア者が出てない中、1st初のクリア者となり、2ndも2.1秒残しで突破して最年少での2ndクリアを達成。続く3rdではクリフハンガーの1本目でリタイア(ゼッケン65)。第16回は自宅セットや白鳥文平宅に赴き、前回屈したクリフハンガーの対策を入念にしてきたものの、3rdクリフハンガー2本目でリタイア(ゼッケン89)。

第17回[編集]

第17回は1stを17.67秒残しの最速タイムで突破。2ndも危なげなく突破して、続く3rdでは練習を積んだクリフハンガーを余裕でクリアし、14回の3rdリニューアル後初のファイナリストとなる。FINALでは残り約5m地点でタイムアップ。直後に挑戦した長野が完全制覇したこともあり、「(自分は)完全制覇できなくてよかったんだと思う」と振り返った(ゼッケン87)。

第18回~第28回[編集]

第18回は弟・剛政とともに出場、ゼッケン争奪マラソンで97番を取って大リニューアルが施された1stを兄弟で揃ってクリアする。2ndも危なげなく突破して、続く3rdでは新クリフハンガー2個目の空白で手を伸ばして掴まろうとするも落下してリタイア(ゼッケン97)。第19回も兄弟揃って出場。フライングシュートでロープを掴んだが、網への移動の際に網を掴み損ねてリタイア。自身初の1stリタイアを喫する(ゼッケン97)。第20回から第28回は出場していない。

第29回~第31回[編集]

第29回は10大会ぶりに出場して1stをクリアするも、2ndパッシングウォール1枚目でタイムアップ(ゼッケン93)。第30回は1st、2ndを危なげなく突破するも3rdクレイジークリフハンガーの飛び移りでリタイア(ゼッケン2986)。第31回は1stに新設されたタックルで脚力を消耗した影響で、そり立つ壁で二度失敗。三度目で登ったもののランバージャッククライムでタイムアップ(ゼッケン88、全カット))[3]

第32回~[編集]

第32回は、1stを2大会ぶりに突破して続く2ndもクリアするも、3rdフライングバーでリタイア(ゼッケン87)。結婚して臨んだ第33回は、1st、2ndを突破するも、またしても3rdフライングバーでリタイア(ゼッケン98)。

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第14回大会 67 2nd ウォールリフティング
第15回大会 65 3rd クリフハンガー改
第16回大会 89 3rd クリフハンガー改
第17回大会 87 FINAL 10m綱登り 1st最速タイム
第18回大会 97 3rd 新クリフハンガー 下り段差
第19回大会 97 1st フライングシュート
第29回大会 93 2nd パッシングウォール
第30回大会 2986 3rd クレイジークリフハンガー
第31回大会 88 1st ランバージャッククライム タイムアップ、全カット
第32回大会 87 3rd フライングバー
第33回大会 98 3rd フライングバー
  • ※第18回大会はゼッケン争奪マラソンによってゼッケンが決定

通算成績[編集]

出場数 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 最優秀成績
11回 9回 7回 1回 1回
  • 2017年 第33回大会終了時

SASUKEでのテーマ曲[編集]

専用のBGMがテーマソングとして存在する。

曲名 出典 初使用回  備考
PSYCHIC ENERGY スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ- 18回 19回までテーマソングとして使用された
ガンダムAGE-3~覚醒 機動戦士ガンダムAGE 29回
Ride to Victory Two Steps from Hellの楽曲 32回 3rd Stage専用のテーマ曲

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ご報告 長崎峻侑オフィシャルブログ「跳人」Powered by Ameba.html 2014年11月10日閲覧
  2. ^ 「いばらき魅力人ファイル」PDF)インタビュー部分より抜粋
  3. ^ 長崎峻侑のTwitterより

参考資料[編集]

外部リンク[編集]