リーヴァイ・ミューエンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リーヴァイ・ミューエンバーグLevi Meeuwenberg1986年7月8日 - )は、アメリカの男子フリーランニング選手である。身長180cm、体重70kg ミシガン州出身。

人物[編集]

中学時代までは多彩なスポーツをこなしていたが、高校以降はフリーランニング一本に重点を置いている。 現在彼はパルクールチーム「AMERICAN PARKOUR」に在籍中。

SASUKEでの戦歴[編集]

第2回アメリカ予選会を1位通過し、第20回初出場。88人中1人クリアという状況の中、16.01秒の最速タイムで通過、2ndでは38.54秒というSASUKE2nd史上最速タイムを残し、ただ1人3rdへ進出。新クリフハンガーの下り空白部分で脱落。初出場ながら大会最優秀成績者となる。後のインタビューでは「SASUKEに国籍など関係ないと思う」と語った(ゼッケン1989)。第21回は、ジャンピングスパイダー前で前方宙返りを披露。更にそり立つ壁を利用しての後方宙返りなど、随所にパフォーマンスを入れながら1stを突破。2ndのサーモンラダーで落下(ゼッケン99)。第22回は1stに新設されたスライダージャンプで脱落(ゼッケン91)。第23回は1st、2ndをクリアするも、新クリフハンガー2本目で左手を置くスペースが足りず突入直後に落下した(ゼッケン95)。第25回大会では、リニューアルされた1stで最速タイムで突破するも2ndで新設されたスライダードロップのバーが脱線し落下(ゼッケン48)。1st、2ndをクリアした大会は必ず最速タイムを出している。

初出場以降全ての大会に出場していたが、第24回には出場していない。第26回は予選を通過したものの、手首の怪我のため欠場。

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第20回大会 1989 3rd 新クリフハンガー 下り空白部分で脱落、最優秀成績
第21回大会 99 2nd サーモンラダー 6回目
第22回大会 91 1st スライダージャンプ 片手しか届かず
第23回大会 95 3rd 新クリフハンガー 2本目突入直後に落下
第25回大会 48 2nd スライダードロップ 脱線

CM[編集]