ヨルダン・ヨブチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ヨルダン・ヨブチェフ
ブルガリアの旗 ブルガリア
男子 体操競技
オリンピック
2000 シドニー ゆか
2000 シドニー 吊り輪
2004 アテネ 吊り輪
2004 アテネ ゆか
世界体操競技選手権
1995 鯖江 吊り輪
1996 サンファン 吊り輪
1999 天津 個人総合
2001 ガント 個人総合
2001 ガント ゆか
2001 ガント 吊り輪
2002 デブレツェン ゆか
2002 デブレツェン 吊り輪
2003 アナハイム ゆか
2003 アナハイム 吊り輪
2006 オーフス 吊り輪
2007 シュトゥットガルト 吊り輪
2009 ロンドン 吊り輪

ヨルダン・ヨブチェフブルガリア語: Йордан Йовчев[1]英語: Yordan Yovchev 1973年2月24日 - )は、ブルガリアの男子体操競技選手。プロヴディフ出身。

主な成績[編集]

プロフィール[編集]

オリンピックはバルセロナオリンピックで初出場

アトランタオリンピックで床・吊り輪で4位、シドニーオリンピックでは初めてメダルを獲得。2001年、SASUKEで初出場にしてファイナリストという功績を挙げた。2003年、世界体操で金メダルを獲得。その年の秋にSASUKEに再び出場。それ以降は時々出場し、有力選手として顔を並べている。2004年、アテネオリンピックで銀メダルを獲得。その年の冬にマッスルミュージカルに参加。2008年の北京オリンピックには最年長選手で出場。

現役選手のままブルガリア体操協会会長に就任。2012年ロンドンオリンピックにも出場し、開会式ブルガリア選手団の旗手を務めた。自身6回目のオリンピック出場となり、これは、体操競技選手として史上最多出場となる。種目別つり輪で7位入賞[2]

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第8回大会 59 FINAL スパイダークライム
第12回大会 99 3rd クリフハンガー改
第14回大会 91 3rd クリフハンガー改
第15回大会 97 1st そり立つ壁
第16回大会 95 3rd クリフハンガー改
第20回大会 1993 1st そり立つ壁
第23回大会 79 1st ロープクライム

脚注[編集]

  1. ^ ブルガリア語ラテン翻字: Jordan Jovtchev
  2. ^ 39歳の体操連盟会長 6度目五輪で集大成 スポーツニッポン2012年8月6日

外部リンク[編集]