漆原裕治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

漆原 裕治(うるしはら ゆうじ、1978年8月21日 - )は、ハルタ販売の営業マン。TBSSASUKE』の3人目の完全制覇者であるとともに、唯一2回制覇している。身長163cm、体重53kg。東京都出身。チームUnlimited Clifer所属

人物[編集]

ハルタ販売の営業マン。7歳の時に父を亡くし[1]、現在は母と2人暮らし。SASUKEオールスターズに憧れ、SASUKE出場を目指すようになる。

SASUKEでの戦歴[編集]

第20回以前[編集]

第11回前のモンキーバーズ(100mうんてい)、第13回前のSASUKEトライアル(ジャンプハングリタイア)、マッスルパーク予選会、第20回予選会などに参戦するも全て予選落ちという結果に終わる。

第21回~第23回[編集]

第21回前に、山田勝己の地元で行われたイベントのSASUKEセットを完全制覇し、本戦出場が決定。この模様は『サスケマニア』でも放送された。初出場である第21回は1stフライングシュートで脱落。放送では全カットだったが、『サスケマニア』の最終回にて放送された(ゼッケン72)。第22回に予選会を突破し、1stを7.51秒残しの最速タイムで初のクリア。3rdを突破し、第18回のリニューアル後初となるファイナリストに。FINALではゴールボタン手前残り約1mでタイムアップしたものの、最優秀成績者となる(ゼッケン77)。第23回は2ndアンステーブルブリッジで、1枚目に飛び移る際に片手が外れ、もう片方の手で支えると言う奇跡的なリカバリーを見せたものの、着地で重心が後ろに行ってしまいさらに2枚目の板もつかみ損ね無念の落下(ゼッケン99)。

第24回[編集]

第24回は1stを24.35秒残しの最速タイムで突破し、前回落ちた2ndアンステーブルブリッジも危なげなく攻略。3rdスパイダーフリップでは先に挑戦した田島直弥のように、腕だけで進むパフォーマンスを見せた。危なげなく3rdを突破し、ファイナリスト5人のうちの一人となる。Gロープ対策にゴム足袋を利用し、史上3人目の完全制覇を達成(ゼッケン93)。その後のインタビューで彼は「自分がここまで来れたのは仲間達のおかげなので、よかったです。」と言った、そして「でも(自分は)オールスターズを目指してきたので、これ(完全制覇)はオールスターズがいなかったら無かったと思うので本当に感謝しています。」とオールスターズに向けて感謝の言葉を語っている。史上4人目となる2度目の最優秀成績者となる。

第25回~第26回[編集]

第25回はゼッケン100を背負い秋山和彦長野誠がリタイアする中見事1stを突破。しかし2ndのダブルサーモンラダーで1つ目から2つ目へ移動する際に一段上を狙おうとしたためバーが脱線、落下はしなかったものの、その後着水した。その後のインタビューで「ここで落ちるとは思わなかった」と語っている。この脱落により、完全制覇者3人はここまでで全滅。第26回では新エリアローリングエスカルゴに苦戦しつつもジャンピングスパイダーに到達。一度はスパイダーウォークに手足を着くも、バランスを崩し落下したがなんとかトランポリンの上に着地し驚異のリカバリー。しかし次エリアのハーフパイプアタックで着地の際にバランスを崩して着水(ゼッケン100)。インタビューでは「情けなかったです。すみません。」と語っている。

第27回[編集]

第27回大会では長野誠の前となる99番のゼッケンでの挑戦。前回のローリングエスカルゴで痛感したという三半規管の弱さを徹底的に強化し、余裕で1stステージをクリアする。続く2ndステージもダブルサーモンラダー対策は万全で余裕のクリア。3rdステージでは、アルティメットクリフハンガーを初挑戦で軽々と攻略、自身3度目のファイナルへと駒を進めた。ファイナルでは、前回の完全制覇時にクレームが多かったというゴム足袋を封印、6秒71残しで自身2度目の完全制覇を達成した。インタビューでは、「もう…言葉にならないですね。人生ってこんな事があるんですね。もうSASUKEは、辛い事も、楽しい事も、全部与えてくれた物だったので、もう無我夢中で、(綱を)心を込めて登りました。」と語った。これで自身3度目の最優秀成績者となった。

第28回[編集]

第28回大会ではゼッケン88で出場。自身初のゼッケン80番台での挑戦となった。1stは21.37秒残して最速クリア。2ndもクリアしたが新エリアのバックストリームに苦戦。その後のインタビューでは「今までの2ndの中で一番疲れました。」と答えた。3rdステージのクレイジークリフハンガーで脱落。初の3rdステージでのリタイアとなったが、2大会連続4度目の最優秀成績者となる。

第29回[編集]

第29回大会は2大会ぶりにゼッケン99で出場。1stステージを攻略したが、2ndのバックストリームで後少しのところで波に押し戻されてしまいタイムアップ。第25回大会以来となる2ndステージでリタイアした。

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第21回大会 72 1st フライングシュート 網への移行失敗、全カット
第22回大会 77 FINAL Gロープ 残り約1m、最優秀成績
第23回大会 99 2nd アンステーブルブリッジ 着地失敗
第24回大会 93 FINAL 完全制覇 残りタイム 3.57秒、最優秀成績
第25回大会 100 2nd ダブルサーモンラダー 2基目への飛び移り
第26回大会 100 1st ハーフパイプアタック 着地失敗
第27回大会 99 FINAL 完全制覇 残りタイム 6.71秒、最優秀成績
第28回大会 88 3rd クレイジークリフハンガー 4本目への飛び移り、最優秀成績タイ
第29回大会 99 2nd バックストリーム タイムアップ

本大会以外での出来事[編集]

  • 2010年8月、アメリカ版SASUKE、「Ninja warrior」のSASUKE予選会に、長野誠、奥山義行と共にゲスト出場。
  • 「肉体改造訓練」という本の表紙になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 第25回の1stのナレーションより

外部リンク[編集]