マルコ・エストラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・エストラーダ
Marco Estrada
トロント・ブルージェイズ #25
Marco Estrada 2016.jpg
2016年のエストラーダ
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ソノラ州シウダーオブレゴン英語版
生年月日 (1983-07-05) 1983年7月5日(34歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 ドラフト6巡目(全体174位)でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 2008年8月20日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $1,955,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2013年

マルコ・R・エストラーダMarco R. Estrada, 1983年7月5日 - )は、メキシコ合衆国ソノラ州シウダーオブレゴン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズに所属。

愛称はエストラダビエン[2]

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

メキシコ北部のソノラ州で生まれ、6歳の時に家族でアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーに移住[3]カリフォルニア州立大学ロングビーチ校英語版に進学した。

プロ入りとナショナルズ時代[編集]

2005年MLBドラフト6巡目(全体174位)でワシントン・ナショナルズから指名され、入団。

2008年8月にメジャーデビューを果たすが、不安定な投球が続き、メジャーには定着できなかった。。

ブルワーズ時代[編集]

2010年2月3日ウェーバーミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[4]。シーズンでは、肩を痛めたこともあり、メジャーとマイナーで合計14試合しか登板できなかった[5]

2011年はオープン戦で好投し、ザック・グレインキーが復帰するまでの代役として開幕ローテーションに入った[5]。グレインキーが復帰した後は、主にロングリリーバーとして活躍し、自己最多の43試合に登板した。

2012年クリス・ナーブソンが故障で離脱したため、代わりに先発ローテーションに入った。シーズンオフにブルワーズと195万5000ドルで一年契約を結んだ[6]

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)メキシコ代表に選出された[7]

ブルージェイズ時代[編集]

2014年11月1日アダム・リンドとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[8]

2015年は年間通じて先発ローテーションに入って投げた。規定投球回に達し、いずれも自己記録を大幅に更新する13勝・防御率3.13を記録し、大ブレークを果たした。また、前年比で約30.0イニング増えた一方で被本塁打の本数を減らし、ホームランを浴びる割合を低下させた。オフの11月2日にFAとなった[9]が、13日にブルージェイズと2年契約を結んだ[10]

2016年は前半戦で16試合に先発登板し、防御率2.93・5勝3敗・被打率.173という好成績[11]を残してオールスーゲームのメンバーに選出された (故障の為、出場辞退) 。レギュラーシーズンでは29試合に先発登板し、2年連続で規定投球回に到達。防御率3.48・9勝9敗と惜しくも2年連続2ケタ勝利とはならなかったが、ここ4シーズンでは最高の奪三振率8.4をマークするなど、一定の成果も残した。

2017年開幕前の2月8日に指名投手枠で第4回WBCメキシコ代表に選出された[12]が、合流することは無かった。

投球スタイル[編集]

真上から振り下ろすオーバースローから、最速93.6 mph(約151 km/h[13]・平均88 mph(約142km/h)のフォーシームと、平均87 mph(約140km/h)のカッターの2種類の速球を中心に、決め球である平均77 mph(約124 km/h)のチェンジアップ、平均77 mph(約124 km/h)のカーブボールを使用する(2016年による)[14]
カットボールは2011年から投げるようになったが、同年以外は1シーズンに数球投げる程度だった。2016年からは再び多投しており、速球の3分の1(全体の約20%)を占めるようになった。また以前はツーシームも投げていたが、2011年をピークに徐々に少なくなり2014年以降は使用していない[15]
かつては、奪三振率が高いものの制球難だったが、近年では制球力が大幅に改善され、与四球率が例年2点台と高水準をキープしている。一方で、球速は年々低下しており、2011年の平均球速は147km/hだったのに対し、2016年は143km/hとなっている。またそれに比例するように三振能力も低下しており、投球イニングとほぼ同数の三振(奪三振率9.00前後)を奪っていたが、2014年は奪三振率7.59、2015年は6.51、2016年は8.44となっている。
2016年までにおけるメジャー通算のFB%が48 %と高く、これに伴って被本塁打も多い。2014年にはリーグ最多の29本を喫しており、メジャー昇格後は一度も被本塁打率1.00を下回ったことがない[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 WSH 11 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 63 12.2 17 4 5 1 2 10 0 0 13 11 7.82 1.74
2009 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 33 7.1 6 1 4 0 0 9 1 0 6 5 6.14 1.36
2010 MIL 7 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 58 11.1 14 3 6 0 1 13 2 0 13 12 9.53 1.77
2011 43 7 0 0 0 4 8 0 4 .333 381 92.2 83 11 29 2 2 88 4 2 45 42 4.08 1.21
2012 29 23 0 0 0 5 7 0 1 .417 562 138.1 129 18 29 0 0 143 4 1 62 56 3.64 1.14
2013 21 21 0 0 0 7 4 0 0 .636 512 128.0 109 19 29 0 2 118 3 0 56 55 3.87 1.08
2014 39 18 0 0 0 7 6 0 0 .538 624 150.2 137 29 44 0 3 127 2 1 77 73 4.36 1.20
2015 TOR 34 28 0 0 0 13 8 0 0 .619 725 181.0 134 24 55 2 5 131 2 0 67 63 3.13 1.04
2016 29 29 0 0 0 9 9 0 0 .500 723 176.0 132 23 65 1 4 165 5 0 73 68 3.48 1.12
MLB:8年 217 128 0 0 0 45 43 0 8 .511 3681 898.0 761 132 266 6 19 804 23 4 412 385 3.86 1.14
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 55 (2008年 - 2009年)
  • 45 (2010年)
  • 41 (2011年 - 2014年)
  • 25 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Milwaukee Brewers 2012 Player Salaries and Team Payroll," ESPN.com. 2013年12月25日閲覧。
  2. ^ Joey Bats to be big part of Players Weekend MLB.com (英語) (2017年8月9日) 2017年8月14日閲覧
  3. ^ Ballesteros, Fernando(2008-09-22). Soy mexicano: Marco Estrada. RIO DOCE.com.mx(スペイン語). 2011年10月2日閲覧
  4. ^ Brewers claim right-hander Estrada. ESPN.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  5. ^ a b Estrada summoned; Merklinger designated. JSOnline(英語). 2011年10月2日閲覧
  6. ^ Kruth, Cash (2013年1月18日). “Axford among trio to avoid arbitration with Brewers”. MLB.com. 2013年1月18日閲覧。
  7. ^ 2013 Tournament Roster Archived 2015年2月19日, at Archive.is WBC公式サイト (英語) 2015年9月5日閲覧
  8. ^ Blue Jays acquire Estrada from Brewers for Lind
  9. ^ Transactions | bluejays.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月3日閲覧。
  10. ^ Jonathan Mayo (2015年11月14日). “Qualifying offers will reshape 2016 Draft Rasmus, Wieters, Anderson accept; Estrada gets two-year contract”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/157232438/qualifying-offers-today-impact-2016-draft 2015年11月15日閲覧。 
  11. ^ Marco Estrada 2016 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月5日閲覧。
  12. ^ A-Gon, Davis lead Mexico's WBC '17 roster MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月3日閲覧
  13. ^ 2011年シーズン計測。
  14. ^ PITCHf/x - FanGraphs.com2017年3月10日閲覧。
  15. ^ Marco Estrada Pitch Data”. The Baseball Cube. 2016年7月10日閲覧。
  16. ^ Marco Estrada Statistics and History > Standard Pitching”. Baseball Reference.com. 2016年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]