マイ・バック・ページズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイ・バック・ページズ
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン
リリース アメリカ合衆国の旗 1964年8月8日
イギリスの旗 1964年8月
規格 12" アルバム
録音 1964年6月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク
コロムビア・レコーディング・スタジオ
ジャンル フォーク
時間 4分22秒
レーベル コロムビア
作詞者 ボブ・ディラン
作曲者 ボブ・ディラン
プロデュース トム・ウィルソン
その他収録アルバム
悪夢のドライブ
(7)
マイ・バック・ページズ
(8)
アイ・ドント・ビリーヴ・ユウ
(9)
マイ・バック・ページズ
My Back Pages
ボブ・ディランシングル
初出アルバム『30〜トリビュート・コンサート
リリース
録音 1992年10月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク
マディソン・スクエア・ガーデン
ジャンル フォーク・ロック
時間
レーベル コロムビア
作詞・作曲 ボブ・ディラン
チャート最高順位
ボブ・ディラン 年表
アンビリーヴァブル
1990年
マイ・バック・ページズ
(1993年)
ディグニティ
1995年
テンプレートを表示

マイ・バック・ページズ」(My Back Pages[1]は、ボブ・ディランが作詞・作曲・演奏・歌唱し、アルバム『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』(1964年)に収録された楽曲。

解説[編集]

淡々としたギターの弾き語りに乗せて、彼自身の過去の闘争的な内面風景を描き出し、その当時の自分を「Ah, but I was so much older then,I'm younger than that now(ああ、だが私はとても年老いていた。そして今、私はあの頃よりずっと若い)」というフレーズによって相対化する。「生きる事は黒と白だという嘘」をつき、「善と悪」という言葉を明確に定義していた自己の精神のあり方が、価値観の硬直化(精神の老化)につながるものとして否定されており、政治的なトピカルソング・プロテストソングの担い手であった時期の彼自身に対する批判と見る説もある。

カバー・バージョン[編集]

ザ・バーズ[編集]

1967年2月発売のアルバム『Younger Than Yesterday』に収録。アルバムのタイトルは本作品の歌詞からとられた。同年3月13日にシングルカット。5月6日付のビルボード・Hot 100で30位を記録した[2]。『Younger Than Yesterday』の1996年再発盤に別テイクが収録されている。

また、1969年3月発売のアルバム『Dr. Byrds & Mr. Hyde』にメドレーの一曲として収録された。のちに30周年記念コンサートで歌われたバージョンはバーズのアレンジによるものである。

キース・ジャレット[編集]

キース・ジャレット・トリオ名義の1969年5月発売のライブ・アルバム『Somewhere Before』に収録。ベースはチャーリー・ヘイデン、ドラムスはポール・モーシャン。1968年8月30日-31日録音。ジャレットのバージョンもバーズのアレンジを元にしている。

30周年記念コンサート[編集]

1992年10月ニューヨークで行われたディランのデビュー30周年記念コンサートでは、ロジャー・マッギン(ザ・バーズ)、トム・ペティニール・ヤングエリック・クラプトン、ディラン、ジョージ・ハリスンが、それぞれギターを弾きながら「マイ・バック・ページズ」を交代で歌った(ギター・ソロは、クラプトンとヤング)。このコンサートの模様はビデオやアルバム『30~トリビュート・コンサート』(1993年)としてリリース。海外では「マイ・バック・ページズ」はシングルとしてもリリースされ、ビルボード Hot Mainstream Rock Tracks のチャートで26位を記録した。

PVはライブ映像に編集を加えたもの。ディランが元メロディを崩して歌い出すとトム・ペティとG. E. スミスが顔を見合わせ苦笑いする場面が観客の場面に差し替えられている。

真心ブラザーズ[編集]

2003年7月公開のディランの主演映画『ボブ・ディランの頭のなか』の挿入歌として使用された。同年8月発売のサウンドトラック・アルバム『マスクト・アンド・アノニマス』に収録されている。

2011年5月公開の映画『マイ・バック・ページ』では「真心ブラザーズ + 奥田民生」として前述の日本語カバーと原曲の英語詞を組み合わせたバージョンが主題歌に起用され、シングルがリリースされた。

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]