トランプ・オーガナイゼーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランプ・オーガナイゼーション
The Trump Organization
The Trump Organization Logo.jpeg
本社のあるトランプ・タワー (ニューヨーク)
種類 株式非公開企業
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
設立 1923年
(エリザベス・トランプ・アンド・サン[1]
として)
業種 コングロマリット(複合企業)
事業内容 建設開発業レジャー産業
ホスピタリティ産業小売
オンラインショッピング投資
所有者 ドナルド・トランプ
関係する人物 ドナルド・トランプ・ジュニア
エリック・トランプ
外部リンク www.trump.com
テンプレートを表示

トランプ・オーガナイゼーション(旧名エリザベス・トランプ・アンド・サン)は、トランプ・タワーニューヨーク市マンハッタン区ミッドタウン)に拠点を置く株式非公開コングロマリット(複合企業)である。主要事業は、第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプによるベンチャー(投機的事業)と投資である。1971年から2017年にかけてドナルド・トランプが会長社長を勤めていた[2]。大統領職在任中はその地位から降り、会社の実権を息子二人(現在副社長であるドナルド・トランプ・ジュニアエリック・トランプ)ならびに運営委員会に譲るとしている。とはいえ、日々の業務には携わらないものの、その影響下にあることに変わりはない[3][4]

不動産開発投資仲介、売買マーケティングプロパティマネジメント(不動産資産管理)を主要事業とする。その所有・運営・投資・開発対象は様々な国の、住宅地ホテルリゾート超高層ビルゴルフ場に及ぶ。また、マンハッタン区の主要な不動産を数十万平方フィート(数ヘクタール)も所有している。515もの子会社・事業体を持ち、そのうちの264はトランプという名を冠し、54はイニシャルを冠している[5][6][7][8]

米国内外での投資の他にも、不動産開発、建築接客業娯楽産業書籍・雑誌出版モデル事務所小売業金融サービスボードゲーム開発、食品飲料職業訓練ネットを通じた旅行代理店航空機・ヘリコプター運航ミスコンテストなど事業は多岐に渡る[5][9][10]リアリティ番組アプレンティス」などを製作するニューヨークの番組制作会社もその傘下である[11]。その他にも、衣料宝飾品書籍家具照明浴室小物、寝室芳香剤小物、飲用食器ステーキ、板チョコレートミネラルウォーターなどの小売業も手掛けたことがある[12]

手離した事業も数多くあるが、傘下から離れたのちもトランプの名を冠したままのものも多い。例として2016年2月に売却された、ニュージャージー州アトランティックシティトランプ・エンターテイメント・リゾーツ(トランプ・タージ・マハルやトランプ・プラザ、トランプ・マリーナを擁していた)が挙げられる[13]

概要[編集]

ドナルド・トランプが単身オーナー、もしくは筆頭オーナーを務める約500の企業体の総称である[14]。合衆国大統領に就任するまで会長兼社長を務めていた。主要な経営幹部は、彼の3人の成人済みの子供たちと、親類ではない雇用者3名であった[15]

2017年1月11日、ドナルドは自身と娘イヴァンカが社の経営から退く一方で、息子ドナルド・ジュニアとエリックは現最高財務責任者であるアレン・ワイセルベルグと共に経営に参画し続けることを発表した[4]。社との経済的利害関係は保持し続けるとしている[16]。顧問弁護士シェリ・ディロンによると、ドナルドは1月20日の大統領就任前に、企業倫理企業コンプライアンスのアドバイザーを置き、保有する企業資産を信託するという。また、社は今後、新規に諸外国とビジネスを行わず、国内での活動に終始するという[17]

歴史[編集]

創業・初期[編集]

初期のロゴマーク。(1976年から使用)

ドナルド・トランプの祖母エリザベス・クライスト・トランプ(1880 - 1966)が、息子であるフレッド・トランプ(当時18歳であった)と共に、1923年にエリザベス・トランプ・アンド・サンを設立した[18][19][20]。エリザベスの夫フレデリック・トランプは、1906年に妻と共にニューヨーク市クイーンズ区に移住し、不動産開発業を始めた。しかし1918年にインフルエンザで亡くなり、3万1359ドル(2016年換算で49万2016ドル)相当の不動産を遺した[21]

夫の死後、エリザベスは「恵まれた才能[18]」で不動産業を継続した。相続した空地に地元の土建業者に依頼して住宅を建て、売却し、その譲渡抵当(モーゲージ、不動産を担保として保有する代わりに金銭が貸し出される)や賃料で生活した。3人の子供たちが学業を修めたのちに事業を継がせようと考えていたが、真ん中の息子であるフレッドはより早く経営に参画したがったため、エリザベスは「エリザベス・トランプ・アンド・サン」という会社を設立して備えた。フレッドが未成年の間はエリザベスが法的書類にサインする役割を担っていた。フレッドは長じてから成功した不動産開発業者となったが、エリザベスは生涯経営に参画し続けた。70代になっても、社が保有するビルに設置されたコインランドリーから硬貨を集めようとしていたという[18]

ドナルド・トランプのもとで[編集]

ドナルドはペンシルベニア大学在学中からエリザベス・トランプ・アンド・サンの経営に参画しており、1968年には正式にその一員となった[22]1971年に社の実権を握り、最初の仕事は社名をトランプ・オーガナイゼーションに変えることであった[23][24]

所有する不動産[編集]

赤で示されている国は、トランプ・オーガナイゼーションが所有・ライセンス契約を行っている資産がある国。(2016年12月時点)[25][26]

2015年の時点で、所有する不動産価値は約35億ドルである。内訳は、商業用(投資用)不動産が13億ドル、居住用不動産が4億1000万ドル、会員制施設が8億6600万ドル、その他共同所有の不動産(つまり100%所持でないもの)が9億4000万ドルとなっている[27]。ドナルド・トランプの資産の大部分はこれらの不動産であり、収入の多くもそこから来ている。不動産にトランプの名を冠する権利を与えたり、ブランド化したり、売買するなどして得た配当と名称使用料がキャッシュ・フロー(企業活動における現金の流れ)の相当量を占めている[28][29]。ニューヨーク大手不動産コーコラン・グループによると、2005年、ニューヨーク市にあったトランプブランドの分譲マンションは、同等のマンションよりも36%も高く売れたという[30]。2015年には、1年でマンション売買で7100万ドルを、所有するビルからの賃料で4190万ドルを稼いだという[31]

主要資産[編集]

トランプ・ワールド・タワー(マンハッタン区ミッドタウン1番街)
  • トランプ・タワー (ニューヨーク) - マンハッタン区ミッドタウン5番街にある、58階建て複合用途高層ビル[32]。1983年に建てられ、トランプ・オーガナイゼーションの本社がある。ビル全体の宣伝広告・リース契約の実権は全てドナルド・トランプが握っている[33]。2006年時点の時価は3億1800ドルとされ、宣伝広告・リース収入は4億6000万ドルに上るという[34]。最上階3階部分はペントハウスとなっており、ダイヤモンド純金大理石・室内噴水・イタリア風天井画などで飾られている[33]。ニューヨーク市で最も高価な住居の一つであり、売値は5000万ドルだという[35]
  • アクサ・フィナンシャル・センター - マンハッタン区ミッドタウンの6番街カリフォルニア州サンフランシスコのカリフォルニア通りにそれぞれに建つ。両ビル合わせて30%を所有している。トランプ・オーガナイゼーションの保有部分の資産価値は、ミッドタウン6番街のビルで4億5000万ドル[33]、サンフランシスコカリフォルニア通りのビルで4億ドル[33]という。
  • トランプ・ビルディング・40 ウォール・ストリート - 1995年に100万ドルで購入し、大規模改修工事を行った物件。2011年時点での税引前の純営業利益(総賃料収入から必要経費を引いたもの)は2089万ドルであり、ビル自体はニューヨーク州財務部によると3億5000万ドルから4億ドルの価値があるという。トランプ・オーガナイゼーションは1億6000万ドルの譲渡抵当を得て、その資金を他の投資に回している[33]。フォーブス誌は2006年に2億6000万ドルの価値があると算出した[34]
  • トランプ・ホテル・ラスベガス - 著名なビジネスマンであるフィル・ラッフィン、ジャック・ウィシュナ、その他フォーブス誌の会友400名との共同開発で建設された。トランプ・オーガナイゼーションの所有分の価値は1億6200万ドルとされる。
  • トランプ・パーク・アヴェニュー - 評価額1億4200万ドルのビルであり、トランプ・オーガナイゼーションが23のアパートメント(最高で月10万ドルで貸し出されている)を所有し、19区画を子会社であるトランプ・パルクとして利用している[33]
  • ナイキ・ストア - トランプ・タワーに入っており、賃料は2億ドルである。ナイキリース契約は2017年に終了するため、その後は4640万ドルの担保物件としてトランプ・オーガナイゼーションが所有する予定である[33]
  • パーム・ビーチ・エステイト - フロリダ州パームビーチに面した、4000平方メートルもの広大なマンション群である。2004年の破産オークションで4000万ドルで落札したもので、2008年6月にアメリカ史上最高額である1億ドルで売却した。フォーブス誌は4300万ドルの価値だと見積もっている[38]。パーム・ビーチには、後述するマール・ア・ラーゴ・カントリークラブに隣接してドナルド・トランプの私邸が2つあり、別荘というより投資物件として使用されているようである。これらは650万ドルから300万ドルの価値があるとされる[33]
  • マール・ア・ラーゴ - フロリダ州パームビーチにある会員制クラブ。2013年時点で2億5000万ドルの資産価値があるとされる[33]
  • セブン・スプリングス - ニューヨーク州ウエストチェスター郡ベッドフォード郊外にある広大な高級住宅。寝室が13もあることで知られるが、周囲の土地も、更に13軒追加で住宅が建てられるほど広い。1995年に750万ドルで購入され、地元業者によると現在は4000万ドルまで価値が上がっているという[33]
  • トランプ・インターナショナル・ホテル(ワシントンD.C.) - ワシントンD.C.ペンシルベニア通りにあった歴史的に有名な建築物、オールド・ポスト・オフィス・パビリオン(古くはワシントンD.C.の中央郵便局として使用されていた)を高級ホテルとして改装、2016年9月にオープンさせた。

キャラセル(メリーゴーラウンド)[編集]

  • セントラルパーク・キャラセル - マンハッタン区セントラル・パークにあるメリーゴーラウンド。年間で58万9000ドル売り上げるという[39][40][41]

スケートリンク[編集]

セントラル・パークにあるウォルマン・リンク
  • ウォルマン・リンク - セントラル・パークに2つあるスケートリンクのうち、南側に位置するもので、2001年よりトランプ・オーガナイゼーションが他の企業と共同で運営している。壁や製氷車に大きくトランプと書かれている。年間870万ドルの売り上げとされる[31][39][40]

トランプ・ワイナリー[編集]

バージニア州シャーロッツビルモンティチェロワイン通りに位置するワイナリーで、500万ドルから2500万ドルの価値があるとされる[31]。2011年に購入され、その後ドナルド・トランプから息子のエリックへと経営権が移った[42][43][44]。1300エーカーのうち200エーカーのみが耕作されている。ドナルド・トランプによる「東海岸一広大な」「バージニア州で最も広大な」ワイナリーであるとの主張は誤りである[44]

ゴルフコース[編集]

アメリカ東沿岸地帯(ボストンからワシントンD.C.にかけて)、スコットランドアイルランドに15のゴルフコースを所有し、1億7640万ドルの売り上げがある[31]

アメリカ[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス郡ランチョ・パロスベルデスにある、トランプ・ナショナル・ゴルフクラブ(ロサンゼルス)

7つのゴルフコースを持ち[33]、キャッシュフローで年間2億ドルの売り上げがある[35]。ゴルフコースと付属のリゾート施設・カントリークラブを合わせて、15億7000万ドルの価値があると見積もられている[33]

2012年にはサウス・フロリダのリゾート温泉地を1億5000万ドルで買収し、2億5000ドル以上をかけて改築中である[45]。敷地800エーカーで、5つのゴルフコースと客室700のホテル、会議場や広大な温泉を有する。専門家は10億ドルの価値があると考えている。

海外[編集]

スコットランド[編集]

スコットランドのエアシャーにある、ターンベリー

2006年、スコットランドのアバディーンシャーに1400エーカーの土地を購入し、10億スターリング・ポンドの価値がある「世界一の」、そして全英オープンを開けるようなゴルフリゾートを開発する計画を進めている[46]。しかしこれに対して地元住民やその他のスコットランド・イギリス国民、更には環境保護団体から反対の声が上がっている。

計画では18ホールのゴルフコース、5つ星ホテル、別荘やゴルフアカデミーが作られるとしている。地元企業は歓迎しているが[47]、特別自然環境保護区に指定されている4000年前からの砂丘が破壊されると環境保護団体は懸念している。地元の委員会[48]は当初この計画に認可を与えなかったが、スコットランド政府の調査にドナルド・トランプ自身が出席して回答したのちに許可されることとなった[49]

2009年には、ゴルフ場用地に含まれない近隣地所(4世帯の私有地も含まれる[50])に対して土地収用(公共の利益になる事業のために所有者の意思に反しても土地を取得すること)を試み、地元住民から猛反発を受けた。「トリッピング・アップ・トランプ(トランプに足払いを)」というキャンペーンが展開され、クイーンギタリストであるブライアン・メイは、バンドのヒット曲である「ボヘミアン・ラプソディ」をドキュメンタリー映画のハイライト(土地収用をかけられる側の家族の苦境を描いたシーン)で流すことに賛同した。ドナルド・トランプはビデオメッセージを公開し、「土地収用をしようとは思わないし、試みたこともなかった」と表明、強制立ち退きを否定した[51]

2011年には、新ホテル・高級別荘にほど近い海岸における集合型風力発電所の建設計画に反対を表明した。ドナルド・トランプ自身が私的にスコットランド首相に書簡を送り、集合型風力発電所の建設によって土地の美観が損なわれ、「醜く」なってしまうと訴えた。「ただわが社のゴルフコースの利益のためだけでなく」、スコットランド国民を代表した主張であるとも併記されてた[52]。トランプ・オーガナイゼーションは訴訟を提起し[53]イギリス最高裁まで争ったが敗訴した[54]

同年、イギリス人ジャーナリストのアンソニー・バクスターによってドキュメンタリー映画「Tou've Been Trumped(あなたも既にトランプ化されている)[55][56]」が公開され、地元住民がゴルフリゾートの建築に多大な影響を受けている現状を写した。映画の中で経済学者はリゾートが地元経済に与えるとされる利益に疑問を呈し、環境保護活動家は開発によって引き起こされる環境破壊に警鐘を鳴らし、ゴルファーたちはリゾートの素晴らしさを列挙した宣伝を疑問視している[57]。バクスターが映画撮影中に地元警察逮捕されるシーンもある[58][59]。ドナルド・トランプは、この映画は「退屈」でバクスターは「詐欺師だ」と断じた[60]。しかしいくつもの映画賞(ハンプトンズ・フィルム・フェスティバル(ニューヨーク州サフォーク郡)の社会正義賞、デンバー・フィルム・フェスティバルのメイスルズ兄弟賞を含む)を受賞している。

風力発電所をめぐる騒動の最中に、もうこれ以上スコットランドでは開発事業を行わない意向を示していたが、2014年にはエアシャーにある有名ゴルフコースであり全英オープンも開かれるターンベリーを購入している[61][62]

ドバイ[編集]

2014年には、ドバイの地元企業と共同でトランプ・ワールド・ゴルフクラブを建設する計画を発表した[63][64]

2015年には、広告や建築現場を囲む壁の一部からトランプの名前とドナルド・トランプの似顔絵が剥ぎ取られているのがパトロール中の警備員や警官によって発見された[65]。ドナルド・トランプの、イスラム教徒にはアメリカに入国させるべきではないという発言や、アメリカ国内のモスクには監視カメラをつけるべきだという発言が影響したものと考えられ[65]、同様のいたずらはトルコにあるトランプ・タワーズ・イスタンブールでも起こっている[66]

不動産ライセンス契約[編集]

多くの不動産開発業者がドナルド・トランプの名前を使って売買や取引を行いたがるため[67]、実際にはドナルド・トランプの所有でないにもかかわらず、その名前を冠しているビルが多く存在する[67]。フォーブス誌によれば、この形態の不動産は総額5億6200万ドルに上るといい、当時、7つのトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーを含む33ものプロジェクトが進行中であったという。このライセンス契約によって7400万ドルが、合弁事業によって8億2330ドルがドナルド・トランプのもとに入るという[33]

マンハッタン区[編集]

  • トランプ・パレス - 69番街
  • トランプ・パルクトランプ・パルク・イースト - 6番街、セントラル・パークそばの隣接する高層ビルで、前者(かつてはバルビゾン・プラザ・ホテルであった)は38階建ての高級マンション、後者は14階建てのアパートメントとなっている。
  • トランプ・プラザ - アッパー・イースト・サイドに位置する、Y字型の39階建て高級マンション
  • パーク・アベニュー610(旧メイフェア・ホテル) - コロニー・キャピタルと共同で開発中
  • トランプ・ソーホー - ソーホーに建築中の42階建てのホテル兼高級マンションで、ベイロック・グループと共同開発

ニューヨーク市郊外[編集]

  • トランプ・ベイ・ストリート - ニュージャージー州ハドソン郡ジャージーシティに建設予定の447世帯向けの賃貸アパートで、クシュナー・プロパティーズ(娘婿であるジャレッド・クシュナーの会社)やKABRグループと共同開発[68]
  • トランプ・プラザ(ジャージーシティ) - ジャージーシティに建設予定の二つのタワーで、ニュージャージー州で最も高さが出る予定だったが、二つ目のタワーは計画が中止された[69]
  • トランプ・プラザ(ニューロシェル) - ニューヨーク州ウエストチェスター郡ニューロシェルに建設予定の39階建てのホテル兼高級住宅で、事業家ルイス・キャペリーと共同開発
  • トランプ・タワー(シティーセンター) - ウエストチェスター郡ホワイト・プレインズに建設中の35階建ての高級マンションで、同じくルイス・キャペリーと共同開発
  • トランプ・パーク・スタンフォード - コネチカット州フェアフィールド郡スタンフォードに、F・D・リッチ・カンパニーとルイス・キャペリーと共同開発
  • トランプ・パーク・レジデンス - ニューヨーク州ウェストチェスター郡シュラブオークに、ルイス・キャペリーと共同開発

フロリダ州[編集]

  • トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー(フォートフロリダ) - 2007年に完成見込みであったが、1億3900万ドルの債務不履行により強制執行債権者に代わって、国が強制的に請求を実現すること)にかけられた[70]。2010年にドナルド・トランプはこの建設計画にもう関わらないことを発表した[71]
  • トランプ・タワー・サニー・アイルズ・ビーチ(フロリダ) - 海に面した高級マンションの建設計画で、3棟271室が作られるという。デザー・プロパティーズとの共同開発
  • トランプ・グランデ・オーシャン・リゾート・アンド・レジデンシズ - 海に面した別々の3棟(トランプ・インターナショナル・ビーチ・リゾートと、高級マンションであるトランプ・パレスとトランプ・ロワイヤル)で、デザー・プロパティーズとの共同開発
  • トランプ・ハリウッド - ハリウッド・ビーチの40階建ての高層ビルで、ジョージ・ペレスとの共同開発
  • トランプ・タンパ・ベイ - 中止

他の国内事業[編集]

海外[編集]

  • エリート・タワー - イスラエルテルアビブ地区ラマト・ガンに建設予定だった商業ビルで、イスラエルのランドマークになるはずであった。トランプ・プラザ・タワーと呼ばれていたが、ドナルド・トランプは2007年に計画から撤退、4400万ドルで購入した用地[76]をアゾリム(イスラエルの最大手住宅開発業者の一つ)に3億650万新シェケル(イスラエルの通貨単位)で売り渡した[77][78]
  • トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー・リド・レイク - インドネシア西ジャワ州に建設予定で、バンドンから1時間離れたリド・レイクの700ヘクタールに、7つ星の高級リゾート、18ホールのアーニー・エルス南アフリカ共和国出身のゴルファー)・チャンピオンシップ・ゴルフコース、会員制のライフスタイル・カントリークラブ・アンド・スパ、高級別荘・マンションを擁する。トランプ・オーガナイゼーションにとってこの種の試みは、アジアにおいて、そしてイスラム教が主要宗教である国において初めてである[79]
  • トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー(バンクーバー) - カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー都心部にそびえ立つ摩天楼で、63階建て、高さ188メートル。2017年完成予定で、シャングリラ・タワーに次いで、街で2番目の高さとなる。
  • トランプ・タワー・イスタンブール - トルコ、イスタンブールに建設済み[80]
パナマにある、トランプ・オーシャン・クラブ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー

脚注[編集]

  1. ^ Wooten, Sara (Sep 1, 2008). Donald Trump: From Real Estate to Reality TV. Enslow Publishers, Inc.. pp. 12. ISBN 978-0-7660-2890-6. https://books.google.com/?id=NIPOonZnkDEC&pg=PA12&dq=elizabeth+trump+and+son#v=onepage&q=elizabeth%20trump%20and%20son&f=false 2015年7月11日閲覧。. 
  2. ^ Donald J. Trump Biography”. The Trump Organization. 2016年10月7日閲覧。
  3. ^ Trump Organization Next Generation: Donald Jr Ivanka Eric Trump Hotel Collection Real Estate Casinos Golf Clubs Restaurants Merchandise Corporation Company Publications”. 2016年5月14日閲覧。
  4. ^ a b “Trump hands over business empire to sons”. BBC News. (2017年1月11日). http://www.bbc.com/news/business-38587628 2017年1月11日閲覧。 
  5. ^ a b Damien Moore Evans (2015年7月17日). “James Fox weighs in on Donald Trump in The Wall Street Journal”. Read Peak. 2016年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月18日閲覧。
  6. ^ Anthony Zurcher (2015年7月23日). “Five take-aways from Donald Trump's financial disclosure”. BBC. 2016年1月17日閲覧。
  7. ^ Garver, Rob (2015年7月24日). “7 Revelations from Donald Trump's Financial Disclosure”. CNBC. 2016年1月17日閲覧。
  8. ^ How Donald Trump brings in over $250M a year”. Las Vegas Review Journal (2015年8月21日). 2016年1月17日閲覧。
  9. ^ 21 Unusual Facts About Billionaire Politician Donald Trump”. Inc.com. 2016年1月17日閲覧。
  10. ^ Yanofsky, David (2015年7月22日). “A list of everything Donald Trump runs that has his name on it”. Quartz. 2016年1月16日閲覧。
  11. ^ Reid J. Epstein Heather Haddon (2015年8月11日). “Donald Trump Is Frugal With His Cash in Republican Presidential Race”. The Wall Street Journal. 2016年1月17日閲覧。
  12. ^ The Trump Organization LLC”. Bloomberg Businessweek. 2015年1月15日閲覧。
  13. ^ Parry, Wayne (2016年2月26日). “Trump Taj Mahal Casino Out of Bankruptcy, Into Carl Icahn's Hands”. Associated Press. オリジナル2016年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160308085250/http://bigstory.ap.org/article/b4b87d96fc274c32b1092a7c28270e36/taj-mahal-casino-out-bankruptcy-icahns-hands 2016年3月7日閲覧。 
  14. ^ Morgan, Lewis & Bockius LLP. “Status of U.S. federal income tax returns”. The Trump Organization. 2016年10月7日閲覧。
  15. ^ The Trump Organization LLC”. Bloomberg L.P.. 2016年10月7日閲覧。
  16. ^ Blumenthal, Paul (2017年1月11日). “Donald Trump Won’t Divest From His Business Interests, Opening Door To Years Of Ethics Conflicts”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/entry/donald-trump-conflict-of-interest_us_587660f3e4b05b7a465cdf13 2017年1月11日閲覧。 
  17. ^ Schouten, Fredrecka (2017年1月11日). “Trump won't drop ownership of business”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/news/politics/2017/01/11/trump-wont-drop-ownership-business/96443170/ 2017年1月11日閲覧。 
  18. ^ a b c The Trumps. https://books.google.com/books?id=PmrwtRTQ3fMC&q=Elizabeth#v=snippet&q=Elizabeth&f=false 2016年5月14日閲覧。. 
  19. ^ Wooten, Sara Mcintosh (2008-09-01). Donald Trump. ISBN 978-0-7660-2890-6. https://books.google.com/books?id=NIPOonZnkDEC&pg=PA12 2016年5月14日閲覧。. 
  20. ^ Knight, Gladys L (2014-08-11). Pop Culture Places: An Encyclopedia of Places in American Popular Culture [3 ... ISBN 978-0-313-39883-4. https://books.google.com/books?id=kheDBAAAQBAJ&pg=PA874 2016年5月14日閲覧。. 
  21. ^ CPI Inflation Calculator”. 2016年5月14日閲覧。
  22. ^ Trump, Donald; Schwartz, Tony (1987). The Art of the Deal. Random House. p. 67. ISBN 978-0-345-47917-4. https://books.google.com/books?id=Ye6e_VxM00kC&pg=PA67&lpg=PA67#v=onepage&q&f=false. 
  23. ^ Blair, Gwenda (2005). Donald Trump: Master Apprenticel. Simon & Schuster. p. 23. ISBN 978-0-7432-7510-1. https://books.google.com/books?id=AiFeQZhakXQC&pg=PA23#v=onepage&q&f=false. 
  24. ^ Trump, Donald; Schwartz, Tony (1987). The Art of the Deal. Random House. p. 105. ISBN 978-0-345-47917-4. https://books.google.com/books?id=Ye6e_VxM00kC&pg=PA105#v=onepage&q=trump%20organization&f=false. 
  25. ^ Trump Real Estate Portfolio”. 2016年12月2日閲覧。
  26. ^ Trump Golf”. 2016年12月2日閲覧。
  27. ^ Brownell, Claire (2015年7月17日). “Donald Trump is rich, but is he 'really rich?'”. Financial Post. 2016年1月16日閲覧。
  28. ^ $10 billion man? Trump unveils details of his fortune”. MoneySense (2015年7月15日). 2016年1月17日閲覧。
  29. ^ Horwitz, Jeff (2015年7月23日). “Donald Trump wealth details released by federal regulators”. MoneySense. 2016年1月17日閲覧。
  30. ^ Williams, Alex (2006年11月21日). “Trump Jr.: Finally trading on a famous name”. The International Herald Tribune. http://www.nytimes.com/2006/11/21/arts/21iht-trump.3611735.html 
  31. ^ a b c d Trump lifts the veil on his empire”. Politico (2015年7月22日). 2016年1月17日閲覧。
  32. ^ New York Metro Short List: Trump's Edifice Complex”. 2016年5月14日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n Katherine Clarke (2013年7月1日). “What does Donald Trump really own”. The Real Deal. 2016年1月18日閲覧。
  34. ^ a b c “What is Trump Worth?”. Forbes. (2006年9月21日). http://www.forbes.com/2006/09/20/trump-wealth-biz_06rich400_0921trump.html 
  35. ^ a b Donald Trump's net worth at least $1.4 billion, election filing shows” (2015年7月23日). 2016年1月17日閲覧。
  36. ^ Max Abelson (2007年10月1日). “Mystery Man Buys $33 M. Trump World Tower Duplex”. 2014年5月31日閲覧。
  37. ^ Donald Trump”. Golf Channel. 2014年5月31日閲覧。
  38. ^ Homes of the billionaires”. The Globe and Mail (2007年9月21日). 2016年1月17日閲覧。
  39. ^ a b Donald Trump's Income and Wealth Are Shown in Filing but Are Hard to Pinpoint”. The New York Times. 2016年1月16日閲覧。
  40. ^ a b Sahadi, Jeanne (2015年7月24日). “What we know – and don't know – about Donald Trump's wealth”. CNN. 2016年1月16日閲覧。
  41. ^ Donald Trump Has 487 Job Titles And Everything Else We Learned About His Finances Today”. ABC News (2015年7月22日). 2016年1月16日閲覧。
  42. ^ Trump Winery Opens in Albemarle County”. Newsplex.com (2011年10月4日). 2012年6月19日閲覧。
  43. ^ Hoover, Andrew (2013年11月17日). “2013 Rising Star of the Year: Eric Trump”. Wine Enthusiast Magazine. http://www.winemag.com/Web-2013/2013-Rising-Star-of-the-Year-Eric-Trump/ 2013年11月17日閲覧。 
  44. ^ a b Sean Gorman, Donald Trump incorrectly says Virginia winery is the largest on East Coast, PolitiFact (March 21, 2016).
  45. ^ Donald Trump gets his key to Doral The Miami Herald. March 4, 2015.
  46. ^ n:Donald Trump to build £300m "golfing paradise" in rural Scotland
  47. ^ “News.bbc.co.uk, Trump £1bn golf inquiry tees off”. BBC News. (2008年6月10日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/north_east/7444123.stm 2011年4月21日閲覧。 
  48. ^ Trump's £1 billion golf complex wins planners' approval”. 2007年10月24日閲覧。
  49. ^ Trump International Golf Links, Aberdeen, Scotland : News and Events”. 2010年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月26日閲覧。
  50. ^ Aberdeenshire Council's position: Compulsory Purchase Orders (News Release) 22 July 2009”. Aberdeenshire.gov.uk (2009年7月22日). 2010年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月21日閲覧。
  51. ^ Crighton, Ryan (2011年1月31日). “Press & Journal "Trump lifts threat of eviction at resort site" Ryan Crighton 31 Jan 2011”. Pressandjournal.co.uk. 2011年4月21日閲覧。
  52. ^ “Donald Trump's wind farm fight 'for Scotland's benefit'”. BBC News. (2011年9月15日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-north-east-orkney-shetland-14940814 
  53. ^ New Judgment: Trump International Golf Club Scotland Ltd & Anor v The Scottish Ministers (Scotland) [2015 UKSC 74]” (2015年12月16日). 2016年2月15日閲覧。
  54. ^ Judgment”. 2016年5月14日閲覧。
  55. ^ Jennifer Merin. “You've Been Trumped – Movie Review – 2011”. About.com Entertainment. 2017年1月26日閲覧。
  56. ^ You've Been Trumped”. The List. 2017年1月26日閲覧。
  57. ^ Ward, Bob (2011年9月14日). “You've Been Trumped: film reveals tycoon's ruthless efforts to build Scottish golf resort – Bob Ward”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/environment/blog/2011/sep/13/youve-been-trumped-scotland-golf-course 
  58. ^ You've Been Trumped – Suzanne Kelly Reviews”. Aberdeen Voice. 2017年1月26日閲覧。
  59. ^ Collins, Daniel (2011年10月21日). “Donald Trump Tortures The Weak”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/daniel-collins/donald-trump-tortures-the_b_1024002.html 
  60. ^ http://easthampton.patch.com/articles/preview-scots-take-on-the-donald-in-trumped#comments_list Archived 2012年4月4日, at the Wayback Machine.
  61. ^ Corrigan, James. “Donald Trump buys classic Open venue Turnberry for Bargain Price of £35.7m”. The Daily Telegraph. 2014年4月29日閲覧。
  62. ^ James Corrigan (2014年4月29日). “Donald Trump's purchase of Turnberry is good”. The Telegraph. 2016年1月17日閲覧。
  63. ^ Sean Cronin. “Tiger Woods takes another swing at designing golf course in Dubai”. The National. 2016年5月14日閲覧。
  64. ^ Home – Trump International Golf Club – Dubai”. 2016年5月14日閲覧。
  65. ^ a b "Donald Trump's name torn off Dubai golf course", New York Post, December 11, 2015
  66. ^ “Turkish partner condemns Donald Trump's anti-Muslim remarks, reviews ties”. Reuters. (2015年12月11日). http://mobile.reuters.com/article/idUSKBN0TU0JD20151211 2015年12月11日閲覧。 
  67. ^ a b Frangos, Alex (2009年5月18日). “Trump on Trump: Testimony Offers Glimpse of How He Values His Empire: Worth Rises, Falls 'With Markets and Attitudes And With Feelings, Even My Own Feeling'”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB124261067783429043.html 2011年4月14日閲覧。 
  68. ^ Whelan, Robbie (2014年5月11日). “Trump and Kushner Families Are Coming Together for Another Union – This Time a Deal”. The Wall Street Journal. 2014年6月18日閲覧。
  69. ^ skyscraperpage”. 2017年1月26日閲覧。
  70. ^ Karmin, Craig. “Glitz Masks Woes For Trump SoHo”. The Wall Street Journal: pp. B1–B2 
  71. ^ “Trump says he is no longer involved in condo-hotel”. The Miami Herald. http://www.miamiherald.com/2010/11/04/1908843/trump-says-he-is-no-longer-involved.html 
  72. ^ Trump Towers Atlanta Site to Remain Parking Lot”. Skyline Views. 2017年1月26日閲覧。
  73. ^ Emporis GmbH. “Trump Towers Atlanta One, Atlanta – 273465”. emporis.com. 2017年1月26日閲覧。
  74. ^ Trump Philadelphia to Avoid Foreclosure”. 2014年5月31日閲覧。
  75. ^ The official Trump esy.es encyclopedia”. Devland Mccullough (2015年6月12日). 2016年5月26日閲覧。
  76. ^ Donald Trump plans Ramat Gan luxury tower | Jerusalem Post[リンク切れ]
  77. ^ בלעדי ל"כלכליסט" - שנה אחרי ההקפאה: אזורים מפשירה את תוכנית מגדל עלית”. כלכליסט - www.calcalist.co.il. 2017年1月26日閲覧。
  78. ^ Parting with Ramat Gan's Elite landmark is sweet sorrow | Jerusalem Post[リンク切れ]
  79. ^ https://www.trumphotels.com/lido
  80. ^ Trump Istanbul”. 2014年5月31日閲覧。
  81. ^ a b Trump Trump's India Ventures”. 2014年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]