ホワイト・プレインズ (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
White Plains, NY at Martine Ave. and Bank St.

ホワイト・プレインズ(英:White Plains)は、ニューヨーク州ウエストチェスター郡 (Westchester County) の郡庁所在地である。

2000年の統計によれば、人口は55,394人。但し、この統計は、昼間のオフィス街の人口を含めた物では無い。

ニューヨークの北に位置し、居住コストが全米でニューヨークに次いで2番目に高い事で知られる。

隣接する州市町村を含めて、全米屈指の高級住宅街も構成する。居住環境はニューヨークに比べ格段に良く車の運転もしやすい。

そのためニューヨーカー達も免許の実技試験の時にここまでに受けに来る者も多数いる。ウエストチェスター郡の中でも特に合格しやすい事で知られている。実際にここで暮らす場合は車がないとひどい目にあう。

町のダウンタウンエリアには通信、金融の有力企業の本社、及びセンターがあり、町の、北側、及び東西の境界域に、大企業の本社が立ち並ぶ、ビジネス地区が存在する。また、ダウンタウンエリア、及び境界エリアに複数の大学、専門学校も存在する。

駅前通り(メインストリート)の一角では、シティーセンターという商業再開発施設が完成し、中核には、最高級コンドミニアムであるトランプタワー、リッツカールトン(レジデンス)などが相次いで完成している。 マンハッタンに次ぐ価格帯であるものの価値も高く人気がある。

歴史[編集]

ホワイト・プレインズの名前の由来は、原住部族であるWeckquaeskeck族のQuarropasという言葉を訳したもので、意味としては、白い草の生える湿地帯と言う意味になる。

1683年にモヒカン族 (Mohican)から土地を購入したイギリス人の植民が行われ、それが町の元になったとされる。

独立戦争時は、ハウ将軍の率いるイギリス軍と、ワシントン将軍の率いる大陸軍の小競り合いである、ホワイトプレインズの戦いが現在のホワイト・プレインズ駅近辺で行われた。

また、ニューヨーク州での独立宣言は最初にホワイトプレインズ村で読み上げられたとされる。

郡都には1866年に指定され、1916年に市となった。

外部リンク[編集]