マー・ア・ラゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マー・ア・ラゴ
MaralagoLoC.jpg
パームビーチ島にあるマー・ア・ラゴ
マー・ア・ラゴの位置(フロリダ州内)
マー・ア・ラゴ
マー・ア・ラゴの位置(アメリカ合衆国内)
マー・ア・ラゴ
所在地 アメリカ合衆国フロリダ州パームビーチオーシャンブルヴァード1100 S.
座標 北緯26度40分40秒 西経80度02分10秒 / 北緯26.67778度 西経80.03611度 / 26.67778; -80.03611座標: 北緯26度40分40秒 西経80度02分10秒 / 北緯26.67778度 西経80.03611度 / 26.67778; -80.03611
面積 110,000 sq ft (10,000 m2)[1]
建設 1924年–27年
建築家 マリオン・シムズ・ワイエス 
ジョセフ・アーバン
NRHP登録番号 80000961
指定・解除日
NRHP指定日 1980年12月23日
NHL指定日 1980年12月23日[2]

マー・ア・ラゴ (マールアラーゴ[3]マララーゴ[4]英語: Mar-a-Lago [ˌmɑɹ.əˈlɑː.goʊ]) はアメリカ合衆国フロリダ州パームビーチにあるアメリカ合衆国国定歴史建造物で、第45代アメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプの別荘である。1924年から1927年にかけてフロリダの女性商人であるマージョリー・メリウェザー・ポストによって建設された。ポストはマー・ア・ラゴがアメリカ合衆国大統領や政府高官らののあいだの別荘として使えるように構想しており、1973年の死後、国に寄贈された。しかしその後の大統領らはマー・ア・ラゴを使用することがなく、1980年にポスト一族に返還された。[5]

110,000-平方フート (10,000 m2)[6]の敷地内には126の部屋やマー・ア・ラゴクラブ、アメニティなども兼ね備えたホテルさながらの客室やスパなどもある。トランプ一家は敷地内の独立したプライベート区域に滞在する。[7]

語源[編集]

マー・ア・ラゴはスペイン語であり、英語でSea to Lakeという意味である。[8]

歴史[編集]

1967年に撮影されたリビングルームの様子
オーナーズスイートのエントランス
2014年現在のエントランスの様子

マージョリー・メリウェザー・ポストは夫であるエドワード・フランシス・ハットンとともにマー・ア・ラゴを建設した。夫妻はマリオン・シムズ・ワイエスをデザイン担当として雇い、ジョセフ・アーバンをインテリアや内装のデザイン担当として雇った。[9][10] ポストは生前、マー・ア・ラゴがキャンプ・デービッドのように大統領別荘として使用されることを望んでいたため、1973年にポストが死去したのち、遺族はマー・ア・ラゴを政府に寄贈した。[11] リチャード・ニクソン大統領は冬の間、温暖なフロリダで冬を過ごすことを好んだが、ジミー・カーター大統領はあまり好まなかった。さらにマー・ア・ラゴは税金と維持費で年間百万ドルがかかるため、政府は財政削減の一貫で1981年にマー・ア・ラゴをポスト財団に返還し、その後2000万ドルで売りに出された。 ポストの娘である女優のダイナ・メリルとほかの二人の娘たちは、物件が売れることを期待して不動産を所有していなかった。[12] 彼女たちは1980年に国定歴史建造物に指定されていたマー・ア・ラゴを取り壊し、跡地に住宅街を建てることを市が承認するよう多少、望んでいた。[13] [14][15]

2012年にマー・ア・ラゴで開催されたチャリティーイベントで参加者と記念撮影するドナルド・トランプ

ドナルド・トランプはパームビーチに別荘を持つことを望み、物件を探していた。トランプは家族のために沿岸にある2つのペンションを統合して購入することを販売者に持ちかけたが、販売者だけでなく地元からも反発があり、失敗した。その後、トランプは不動産を学び、売りに出されていたマー・ア・ラゴを1500万ドルで購入することをポスト財団に持ちかけた。 しかしポスト財団はこれを拒否した。 これに対しトランプが反発し、「売らなければマー・ア・ラゴの美しい眺望を阻止する」と脅し、1985年12月、最終的にポスト財団はトランプの提示した800万ドルという購入額を受け入れた。[16][12] その後、トランプは大規模な改築を行い、新たに1900平方メートルのパーティー会場[13] や58のベッドルームと33のバスルーム、8.8mのピエトラ・ドゥーラ大理石のダイニングテーブルや12の暖炉、3つの防護シェルターなどを設置した。

1990年代初め、トランプは財政難に陥った。トランプは銀行家と交渉し、パームビーチの住民を警戒するため、マー・ア・ラゴの資産を細分化しようとしたものの、市議会がその計画を拒否した。トランプは変わりに、マー・ア・ラゴを別荘としてだけでなく、プライベートクラブとしても運営することを決めた。彼はパームビーチにそれまであったバースアンドテニスクラブエバーグレイズクラブとは異なり、ユダヤ人や黒人、さらにトランプのように自分自身に注意を喚起しようとする人(エバーグレイズクラブのメンバーが言ったように)をメンバーとして受け入れるクラブを設立した。セリーヌ・ディオンビリー・ジョエルが新しいこのクラブでコンサートを主催した際、地元の騒音規制に違反したとされている。またマイケル・ジャクソンリサ・マリー・プレスリーは新婚旅行の際にマー・ア・ラゴを利用した。 [13][12][17]

2012年4月18日アメリカ建築家協会のフロリダ支部は"Florida Architecture"で、マー・ア・ラゴを5位に選んだ。[18]

マー・ア・ラゴでは毎年、赤十字の大規模な舞踏会が開催されている。これはアメリカ赤十字社のミッションを実現するために、世界中の社交界のメンバーや大使らが集まるパーティーでポストによって創設された。2017年、トランプが大統領に就任したことにより、ポストの「マー・ア・ラゴが大統領の別荘として使われる」という長年の夢がポストの死後40年近く経って、皮肉にも叶うことになった。[19]

2017年1月18日、トランプは正式にマー・ア・ラゴを「Winter White House(冬の間のホワイトハウス※大統領の別荘)」とすることを発表した。[20]

ウィンター・ホワイトハウス[編集]

  • 2017年2月3日、ドナルド・トランプ大統領は大統領就任後初めて、ウィンター・ホワイトハウスであるマー・ア・ラゴを訪問し、2月6日まで滞在した。滞在中、 マー・ア・ラゴクラブで、ダイアモンド・レッドクロス・パーティーを開催したり、スーパーボウルの試合を観戦した。
  • 同年2月10日、日本安倍晋三首相が訪米し、ワシントンで日米首脳会談を行った。その後トランプ大統領と安倍総理は飛行機でマー・ア・ラゴに向かい、二日間にわたりゴルフなどで親睦を深めた[21]
  • 同年4月6日、中華人民共和国習近平総書記が訪米し、マー・ア・ラゴで米中首脳会談を行った。初日は晩餐会のみで、二日目は周辺を散策しながらの会話や昼食会などで親睦を深めた[22]。また、晩餐会と同時刻に決行した米軍シリア攻撃のブリーフィングもマー・ア・ラゴで行われた[23]

マー・ア・ラゴ クラブ[編集]

マー・ア・ラゴを運営していくための事業の大部分は、会員制のマー・ア・ラゴ クラブのメンバーのためのリゾートやホテル業で、会員のプライベートなイベントのための会場としても貸し出している。会員になるためには2017年1月現在、20万ドルの入会費(それ以前は10万ドルだったが、トランプの大統領就任後値上げされた)と1万4000ドルの年会費が必要である。[24] [25] また宿泊費は一泊2000ドルである。[13] ドナルド・トランプが開示した財務状況申告書によれば2015年6月から2016年5月までの1年間で2970万ドルの収益があった。[26]

訴訟[編集]

星条旗掲揚問題[編集]

2006年10月3日、トランプは24メートルの旗竿に6.1メートル×9.1メートルの星条旗を掲揚した。これに対し、地元の地域管理者がトランプ側に対し、旗竿の高さは13メートルまでと定めた地域の条例を遵守するよう求めた。[27] パームビーチの議会はこれに続くように、トランプが旗を掲げ続けるならば、罰金として一日あたり1250ドルを徴収すると決めた。これに対しトランプはパームビーチの町を相手取り、訴訟したものの、敗訴した。しかし同時に町も罰金を徴収することを放棄した。[28] 裁判所による調停の結果、トランプは許可書を提出し、もとの長さから3メートル旗竿は短くなり、掲揚台も別の場所に移動させられたものの、旗を掲揚し続けることが可能になった。裁判所の調停による町とトランプとの協定にはこのほかにも、トランプが退役軍人の慈善団体に10万ドルを寄付することや、町が町に居住している人以外でもパームビーチのクラブに入会できるように条例を変更することなどが盛り込まれた。2016年の大統領選挙でトランプが勝利したため、以後、トランプはどのサイズの旗でも掲揚することができるようになった。 [12]

差別問題[編集]

1997年12月、トランプはパームビーチは黒人やユダヤ人に対しても解放しているマー・ア・ラゴに対して反発しているが、これは町による人種差別だとして、フロリダ州南部地区の連邦地方裁判所に提訴した。[29]

飛行問題[編集]

トランプはパームビーチ国際空港に離着陸する飛行機がマー・ア・ラゴに対して騒音などの悪影響を与えているとして何度も訟訴している。[30]

最初の訟訴を行ったのは1995年で、その際は連邦航空局が騒音の大きなジェット機の飛行ルートを変更し、騒音が集中しないよう、航空機を分散化させることで和解した。 和解策のひとつとして、トランプはパームビーチ郡から215エーカーの土地をリースし、18ホールあるトランプ・インターナショナル・ゴルフクラブを建設した。[12] 2010年7月、トランプはパームビーチ国際空港が二本目の滑走路を建設することに反対し、訟訴した。[31] しかしこの裁判はトランプ側の敗訴で終わっている。

2015年1月、トランプはパームビーチ郡がFAAに対し、パームビーチ国際空港へ離着陸する航空機を「故意かつ悪意的」にマー・ア・ラゴに誘導するよう圧力をかけたため、不合理な量の騒音と排出ガス、汚染物質が発生しているとして100万ドルの損害賠償を求め、三度目の訟訴をおこなった。[32]

2015年11月、 フロリダ州の連邦控訴裁判所は大半のトランプ側の訴えを棄却し、6つの要求のうち2つだけを正式な訴えとして認めた。 トランプは大統領選に勝利した後、新たにFAAが設定した飛行ルートにマー・ア・ラゴが含まれていないことから、訴えを取り下げた。[33][12] 2017年1月、パームビーチ郡は、トランプが勝利し、マー・ア・ラゴにマリーンワンなどのヘリコプターが着陸する必要性が生じるため、これまで禁止していた居住地への離着陸をマー・ア・ラゴに限り許可する決定を下した。[34]

脚注[編集]

  1. ^ "Mar-A-Lago, the Trump Winter White House". The Huffington Post. August 11, 2015. March 10, 2016閲覧. 
  2. ^ "Mar-A-Lago". National Historic Landmarks Program. National Park Service. 
  3. ^ “米中首脳会談、「トランプ別荘で開催」に中国側はためらい”. ロイター. (2017年4月6日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7346.php 2017年4月9日閲覧。 
  4. ^ “日米首脳:機密大丈夫? 北ミサイルをリゾート施設で協議”. 毎日新聞. (2017年2月14日). http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00m/030/027000c 2017年4月15日閲覧。 
  5. ^ Draper, Robert (May 18, 2016). "Mr. Trump's Wild Ride". The New York Times. ISSN 0362-4331. May 18, 2016閲覧. 
  6. ^ "Trump Honored for Preservation of Mar-a-Lago". Miami Herald. March 2003. 
  7. ^ Sherman, Erik. "A Look Inside Donald Trump's Lavish, $200 Million 'Palace'". Fortune. November 18, 2016閲覧. 
  8. ^ "History". The Mar-a-Lago Club. Trump Golf 2017. 2017-01-21閲覧. 
  9. ^ Mar-a-Lago HABS No. FLA-195
  10. ^ "The History and Memories Behind Mar-a-Lago". Palm Beach Post. December 17, 2005. 
  11. ^ Time, August 1, 1980[要文献特定詳細情報]
  12. ^ a b c d e f Seal, Mark (February 2017). "How Donald Trump Beat Palm Beach Society and Won the Fight for Mar-a-Lago". Vanity Fair. 
  13. ^ a b c d Brown, Ian (2016-12-31). "A look inside Palm Beach, where wealthy Canadians are one degree of separation from Donald Trump". The Globe and Mail. 
  14. ^ Cecil N. McKithan (August 31, 1981). "National Register of Historic Places Inventory-Nomination: Mar-a-Lago" (PDF). National Park Service. 
  15. ^ "AssetDetail". focus.nps.gov. April 23, 2016閲覧. 
  16. ^ "Trump Fights Property Taxes". Associated Press. March 29, 1988. 
  17. ^ Mazzei, Patricia (2017-01-17). "Haughty Palm Beach learns to love Trump, once a scorned outsider". Miami Herald. 
  18. ^ "Current Standings". 2015 People's Choice Award (Florida Architecture). March 10, 2016閲覧. 
  19. ^ Putzier, Konrad (January 2, 2017). "Inside Donald Trump's winter retreat". The Real Deal. 18 January 2017閲覧. Ironically, when Mar-a-Lago’s first owner Marjorie Meriweather Post died in 1973, she left the estate to the federal government hoping it would become a vacation home for Presidents. But the government wasn’t interested, and later Trump bought it. 
  20. ^ Caputo, Marc. "Trump dubs Mar-a-Lago the new 'Winter White House'". Politico. 
  21. ^ Matthew Nussbaum (February 3, 2017). "Trump's Mar-a-Lago getaway could cost taxpayers more than $3 million". Politico. February 6, 2017閲覧. 
  22. ^ NHK (2017年4月8日). “米中首脳会談 トランプ大統領「米中関係大きく進展」”. NHK. 2017年4月13日閲覧。
  23. ^ 川上泰徳 (2017年4月8日). “シリア攻撃 トランプ政権の危険なミリタリズム”. ニューズウィーク. 2017年4月13日閲覧。
  24. ^ Hui-Yong Yu; Melby, Caleb (January 26, 2017). "Trump Hotels, Amid Calls to Divest, Instead Plans U.S. Expansion". Bloomberg. Bloomberg L. P. January 26, 2017閲覧. new membership fees at Trump’s Mar-A-Lago club have doubled 
  25. ^ Jordan, Mary. "Inside Trump's Palm Beach castle and his 30-year fight to win over the locals". The Washington Post. November 18, 2016閲覧. 
  26. ^ "Donald Trump Personal Financial Disclosure Form 2015" (PDF). 
  27. ^ "Town cites Trump, but big banner still waves | www.palmbeachpost.com". Archived from the original on 2009-09-29. 2017-02-09閲覧. 
  28. ^ "City to Trump: You're Fined!". CNN. Archived from the original on January 21, 2007. January 19, 2007閲覧. 
  29. ^ Journal, Jacqueline Bueno Staff Reporter of The Wall Street (1997-04-30). "Trump's Palm Beach Club Roils the Old Social Order". Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. 2016-11-30閲覧. 
  30. ^ Reid, Andy (December 11, 2015). "Trump's Airport Lawsuit Lingers as Presidential Bid Heats Up". South Florida Sun-Sentinel. 
  31. ^ Playford, Adam (July 20, 2010). "Trump Sues to Prevent Runway Expansion". Palm Beach Post. 
  32. ^ Sedensky, Matt (January 13, 2015). "Trump Sues for $100M, Says Air Traffic Targets Him". USA Today. February 23, 2015閲覧. 
  33. ^ "Mar-a-Lago no-fly zone renders Trump lawsuit moot". 
  34. ^ "President Elect Trump Given Permission to Land Helicopter at Mar-A-Lago Estate". Heliweb. January 2017. 

関連資料[編集]

  • Florida. DK Eyewitness Travel Guides. 2004. p. 117. 
  • Blair, Gwenda (2000). The Trumps. p. 364. 

外部リンク[編集]