IラブU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mr.Children > IラブU
本来の表記は「I U」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
I U
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース 2005年9月21日
ジャンル ロック
時間 64分5秒
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2005年10月度月間2位(オリコン)
  • 2005年度年間8位(オリコン)
  • 登場回数42回(オリコン)
ゴールド等認定
Mr.Children 年表
シフクノオト
2004年
I U
2005年
HOME
2007年
I ♥ U収録のシングル
  1. Sign
    リリース: 2004年5月24日
  2. 四次元 Four Dimensions
    リリース: 2005年6月29日
テンプレートを表示

I U』(アイ ラブ ユー)は、Mr.Childrenの12枚目のアルバム2005年9月21日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作『シフクノオト』から約1年半ぶりのアルバム。タイトルの「IラブU」の「ラブ」の表記は、正しくはハートのマークが用いられている。

テーマは前作とは正反対で「死の匂い」「衝動」「情熱」など。当初のアルバムタイトルは『DOORS』だったが、暗いという理由で変更され『I U』になった。

4曲A面シングル「四次元 Four Dimensions」の中では「ヨーイドン」のみが未収録で、「Sign」のカップリング曲「妄想満月」「こんな風にひどく蒸し暑い日」も未収録となっている。

ジャケットは『深海』以来のアクリルケース入りで、デザインは原稿用紙の上に表題が記され、" "の部分は潰れたトマトで表現されている。歌詞カードには文字の配列によって模られた曲に関連する絵が載っているが、「靴ひも」だけは普通に載っている。歌詞カードをケースに入れた状態で黒いケースを取り外すと、巨大な"I U"の文字が現れる。

桜井は本作について「良いといってくれる人は賞賛するが、あまりいい評判をきかない」「自分にとっては最高傑作だが、思ったより一般に浸透しない」などとスガシカオに愚痴をこぼしており[1]、実際に前後の作品より売り上げが低いが、ミリオンセラーは達成している。

本作発売後にMr.Children初の全国5大ドームツアー「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U"」を開催した。

収録曲[編集]

  1. Worlds end
    桜井はこのアルバムで一番の自信作としてこの曲を挙げており、本作のアルバム曲で唯一PVが制作されている。
    後にベストアルバム「Mr.Children 2005-2010 <macro>」にも収録され、ベストアルバムのプロモーションで出演した2012年5月4日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』では「365日」と共に披露された。
    阪神タイガース藤浪晋太郎打席時登場曲(2014年 - )
    歌詞カードの配列は地球と飛行機雲。
  2. Monster
    Mr.Childrenがハードロックをやったらというコンセプトで作られた楽曲。
    歌詞カードの配列はモンスターの声。
  3. 未来
    27thシングル1曲目。
    歌詞カードの配列は道路。
  4. 僕らの音
    日清食品カップヌードル "NO BORDER"」CMソングだが、この曲が使われたCMは数日しか放送されず、再び「and I love you」が使われたCMが放送されていた。
    後にベストアルバム「Mr.Children 2005-2010 <macro>」にも収録された。
    歌詞カードの配列は傘と雨粒。
  5. and I love you
    27thシングル2曲目。
    歌詞カードの配列は花と地面。
  6. 靴ひも
    間奏などに聞こえる効果音ねじを巻く音である。
    本作のライブツアー「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U"」のグッズとして、靴ひもをかたどった携帯ストラップが販売された。
    歌詞カードは靴ひもの写真の隣に普通に配列されている。
  7. CANDY
    歌詞カードはくしゃくしゃになったキャンディの包み紙の上に大小様々な大きさの文字で配列されている。
    後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では17位に選ばれた[2]
  8. ランニングハイ
    27thシングル3曲目。
    歌詞カードの配列はスニーカー。
  9. Sign
    26thシングル。
    歌詞カードの配列は新芽の出た木。
  10. Door
    ビルの屋上で歌ったものがそのまま音源化された曲で、演奏時間は2分30秒足らずとかなり短い。
    歌詞カードの配列は鍵穴。
  11. 跳べ
    「Worlds end」ができるまではこの曲が1曲目の候補で、歌詞にみのもんたが登場する。
    後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では23位に選ばれた[2]
    歌詞カードの配列は跳んでいる人。
  12. 隔たり
    桜井はこの曲について「避妊具について歌いたかった」「男女で見解が違うであろう曲」と語っている。
    歌詞カードの配列はコンドーム
  13. 潜水
    深海」を若干意識して書いた曲。メロディーは前作『シフクノオト』のデッドストックで、前作には合わないという事で本作に収録された。
    本作のライブツアー「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U"」では最後に演奏された(最終日を除く)。
    歌詞カードの配列は水滴。

出典[編集]

  1. ^ 2007年3月6日「爆笑問題カーボーイ
  2. ^ a b 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット