高嶋ちさ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高嶋ちさ子
基本情報
出生名 高嶋知佐子
出生 1968年8月24日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 A型
学歴 イェール大学音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコース修了
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト音楽プロデューサー
担当楽器 ヴァイオリン
活動期間 1994年 -
レーベル 日本コロムビア
事務所 ジェイ・ツー
共同作業者 岡野博行
高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト
公式サイト www.j-two.co.jp/chisako/
著名使用楽器
ストラディバリウス「ルーシー(Roussy)」(1736年)

高嶋 ちさ子(たかしま ちさこ)、1968年8月24日 - )は、日本のヴァイオリニスト

年譜[編集]

活動[編集]

音楽[編集]

クラシックからポップスミュージカルナンバー、映画音楽までジャンルにとらわれない活動が特徴である。コロムビアミュージックエンタテインメントJ-クラシックの一員として、岡野博行のプロデュースを受ける。ピアニスト加羽沢美濃をはじめ多彩な音楽家との共演もこなすほか、ヴァイオリンのみによるアンサンブル高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』では、リーダー役を務めている。

『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』は、グループ名と違い実際は14人のメンバーがおり疾病事故などのアクシデントがあっても、必ず12名で演奏できる体制にしている。これは女子十二楽坊に倣ったものである。

テレビタレントとして[編集]

『芸術に恋して』の司会をはじめ、テレビ番組への出演も多い。番組放映開始直後からの出演歴である『踊る!さんま御殿!!』をはじめ、さまざまなトーク番組での歯に衣着せぬ発言でも知られる。チョコレート・ファッションのCDが売れず、キャバレーにキャンペーンで行ったとき、酔客たちはほとんど演奏を聞いていなかった。そこで「だれでもクラシックに興味を持ってもらえるようにしよう」と考え、現在のように面白く自分のことやクラシックのことを話すようになった[要出典]

人物[編集]

生い立ち[編集]

  • 知的障害を持つ姉がおり[2]、姉にひどい“いじめ”をする人々に抗議や仕返しをしているうちに気性が荒くなったという[3]
  • 小1のときには、クラスの男子全員を泣かしたこともある。ミッション系の小学校のため、夜寝る前にお祈りすることが決められていたが、小3のころはクラス全員が「明日はちぃちゃん[4]に意地悪されませんように」と、お祈りしてから寝ていたほどである[要出典]
  • 高校時代はファッション誌読者モデルをしていた[要出典]

性格[編集]

  • 子供時代のあだ名は「悪魔」[5]留学先でも、「デビル」というあだ名がついていた[5]。『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』のメンバーからは、「ジャイアンみたいな人」と評されている[5]

出産・育児[編集]

  • 妊娠7カ月となる2006年11月上旬まで、身重ながら、妊娠以前より受けた依頼を果たすため仕事を続けていた。日程が出産間近に予定されていたコンサートは約半年の延期となった。
  • 医師からは自然分娩での出産を勧められたが、陣痛に耐える自信が無かった高嶋は帝王切開を希望した。話し合いの結果、麻酔を使用する“無痛分娩”を選択することになったが、麻酔が効かず、分娩が始まらなかったため、最終的には帝王切開による出産となった[3]
  • 2009年1月16日、自身のブログで切迫流産の恐れがあり、医師から即入院を言い渡されるが演奏会があるため入院しないことを打ち明けている[6]
  • 2009年1月16日、自身のブログでは「この土日は乗り切れる自信がなぜかあるのです。これは動物的な勘かな」と記したが、1月24日のブログで健康上の理由によって1月25日・2月1日の2つのコンサートを直前キャンセルすることを報告し、2月10日のブログで合計19コンサートのキャンセルを報告している。

その他エピソード[編集]

  • 夫は高嶋の友人から紹介してもらった男性[7]で、交際3か月で高嶋の方からプロポーズした。高嶋とは対照的に「とにかく優しく、誰に対しても平等に接する」人物で、高嶋は「こんなによくできた人間が本当にいるのか?」と語っていた[8]
  • 松田聖子の大ファン。2004年年末『ザ・ベストテン』特別版にて松田聖子の伴奏を担当するため、わざわざほかの仕事をキャンセルした[要出典]
  • 自他ともに認める大のドラえもんファン(ドラフリーク)で、てんとう虫コミックス全45巻を3セットも持っており、イェール大学留学中には、映画を観るために一年に一度必ず帰国していた[9]バカラ製クリスタルガラスのドラえもんをはじめ、数えきれないほどのドラグッズを持っており、自宅には「ドラえもん部屋」がある。お気に入りは『ドラえもん百科』で、気になることがあると調べている。一番好きな登場人物は骨川スネ夫で、人をからかったり、意味もなくいじわるをする点が自分と共通しているという。一方、嫌いな登場人物はドラミで、いい子ちゃんキャラで、説教などをする点がうるさいとしている。源静香は、ピアノに目移りしたり、みんなと遊びに行ったりして、バイオリンの練習量が極端に少ないと指摘しているが、しずかは、バイオリンが下手だからしずかであり、アドバイスする必要はないとしている[10]
  • 野菜嫌いで、その中でもセロリが特に嫌い(本人曰く「ワースト3に入る野菜」)[11]
  • 自動車好きである。(学生時代からユーノスロードスターポルシェ カイエンレンジローバー等のオーナー歴がある。)[12]

出演[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

他多数

CM[編集]

映画[編集]

作品[編集]

音楽[編集]

シングル
  • THE CHARM OF ENGLISH MUFFIN(1996年3日20日)
  • 黒ネコのタンゴ(1996年10月16日)
アルバム
  • CHOCOLATE FASHION 1(1995年5月24日)
  • CHOCOLATE MIX(1995年9月27日)
  • ENGLISH MUFFIN(1996年1月31日)
  • 悪魔のロマンス(1996年12月21日)
  • Colorful(収録曲の「Orange」のヴァイオリン)(1997年7月16日)
  • RARE CHOCOLATE(1998年7月8日)
  • CHISA & MINO(1999年7月17日)
  • めざましクラシックス(2000年5月20日)
  • ニュー・シネマ・パラダイス~Cinema on Violin(2000年9月21日)
  • 風のとおり道(2000年11月18日)
  • Lovin' You(2001年4月21日)
  • めざましクラシックス 2(2001年6月16日)
  • CHISA & MINO 2(2001年8月18日)
  • CHISAKO! EARLY BEST!1995-1998(2001年10月17日)
  • ANGEL'S DREAM ~IN PARADIUM~(2001年11月21日)
  • Simba(2002年9月21日)
  • めざクラ2003~高嶋ちさ子と仲間たち(2002年12月21日)
  • ARIA高嶋ちさ子 ベスト・コレクション(2003年2月1日)
  • AROUND THE WORLD~高嶋ちさ子&プラハカメラータ(2003年8月20日)
  • めざましクラシックス・ベスト(2004年6月23日)
  • freedom~chisako style music(2004年7月21日)
  • CROSSOVER SELECTION(2005年11月2日)
  • CLASSICAL SELECTION(2005年11月2日)
CD EXTRA
  • カルメンファンタジー (1996年3月20日)
  • 哀愁のヨーロッパ〜EUROPE〜(1996年9月19日)

成績・賞歴[編集]

  • 1997年 コンチェルトコンペティション入賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高嶋政伸と従兄弟の高嶋ちさ子 親戚関係は何年も断絶状態にNEWSポストセブン
  2. ^ a b c "賢人:高嶋ちさ子". ソロモン流. テレビ東京. 2013年12月1日放送. 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ a b “【エンタがビタミン♪】高嶋ちさ子、分娩中に医者に怒り爆発。「○○だって、言ってんだろうが。コノヤロー!」”. Techinsight. (2010年6月25日). http://japan.techinsight.jp/2010/06/takasimatisako_ikaru1006240922.html 2013年12月8日閲覧。 
  4. ^ 「ちぃちゃん」とは、高嶋の幼少時の愛称
  5. ^ a b c “【エンタがビタミン♪】「いじめに近いいたずらが好き」。超ドS高嶋ちさ子は”悪魔”。”. Techinsight. (2009年10月20日). http://japan.techinsight.jp/2009/10/maki20091019113.html 2013年12月8日閲覧。 
  6. ^ 魚拓
  7. ^ おぎやはぎの愛車遍歴 #41 2012年11月28日放送分での本人のコメント。
  8. ^ “【エンタがビタミン♪】「夫の方がマリッジブルーに…」。ドS・肉食系、高嶋ちさ子の“攻撃型プロポーズ”。”. Techinsight. (2010年7月1日). http://japan.techinsight.jp/2010/07/takasimachisako-gyakupuropo-zu100629233.html 2013年12月8日閲覧。 
  9. ^ 高嶋ちさ子さん マル秘情報!! - ドラえもんチャンネル
  10. ^ [ぼくドラえもん04(2004年4月20日、小学館)]
  11. ^ ためしてガッテン 2014年1月15日放送分での本人のコメント。
  12. ^ 若大将のゆうゆう散歩 2014年8月29日放送分での本人のコメント。

外部リンク[編集]