雷電 (メタルギアシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

雷電(らいでん)は、コナミ(現、コナミデジタルエンタテインメント)のゲーム「メタルギアシリーズ」に登場する架空の人物。同シリーズの主人公の一人。声優堀内賢雄、英語版の声優はQuinton Flynn(クイントン・フライン)で、『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』に収録された「メタルギアライデン」ではチャーリー・シュラッターが担当した。

概要[編集]

本名はジャック[1]。銀色の髪に中性的な風貌をしており、女性に間違えられた事もある。

性格は生真面目で単純(スネークには単純軟弱石頭と呼ばれている)。自分の過去を避け、恋人であっても自分の心に入ってくる事を嫌い、普段はベッドや机といった必要最低限の物しかない部屋で生活している。

ビッグ・シェル潜入までのコードネームは「スネーク」だったが、サンズ・オブ・リバティのリーダーが「ソリッド・スネーク」と名乗っていたため「雷電」に変更された。コードネームの由来は第二次世界大戦中の大日本帝国海軍局地戦闘機「雷電」で、彼が唯の兵器に過ぎないという意図が込められていた。戦闘機の雷電の連合国側のコードネームはJackで、本名と逆の関係になっている。

メタルギアソリッド2』では、シリーズの中心人物であるソリッド・スネークに代わる主人公となったことで批判的な反響(メタルギアソリッド2#主人公の変更)もあった。以後、頭髪がカツラであることを疑われ続け[2]、全裸のまま敵から逃げるゲームに登場させられるといった役回りを与えられ、『MGS3 サブシスタンス』では『メタルギアソリッド4』の主役の座をスネークから奪い取ろうと目論んだ雷電が過去にタイムトラベルする「メタルギアライデン(METAL GEAR RAIDEN)」というシークレットシアターが収録されるなど、派生作品やプロモーション映像においてコメディ要素にも使われる。

メタルギアオンライン』でも使用可能キャラクターとして登場している。

来歴・関わった事件[編集]

FOXHOUND入隊以前[編集]

リベリア出身で1980年代の少年時にソリダス・スネークに両親を殺害されている。その後、ソリダスの元で兵士として育てられ、反政府軍(リベリア国民愛国戦線)の少年兵としてリベリア内戦に参加。暗示をかける為として「マッチョな男が銃を持って戦う映画」[3]を観させられていた。6歳で銃を持ち、10歳で小隊長となる。白人である事と殺人数から「白い悪魔」、さらにジャックという名前から「ジャック・ザ・リッパー」の異名で伝説となり、恐れられていた。内戦終結後は人権団体に保護されたのち、アメリカに渡る。

また、バンドデシネ版では少年兵だった過去が描かれている。両親が殺害された理由は「両親が雷電を連れてリベリアから国外逃亡を図るために国境を渡ろうとした際に、当時そこで作戦を展開していたソリダスによって集中砲火を浴び取り除かれた」とされている(ソリダス本人はタイミングが悪かったためとしている)。そこで運よく生き延びた雷電をソリダスが息子同然に育て上げたが、戦功に目をつけた本国にいるソリダスのかつての雇い主(愛国者達)のエージェントに拉致された、とされている。

アメリカ陸軍に入隊した彼は、ナノマシンによる記憶操作と、VR訓練を施される。「キングコングが破壊したビルはエンパイアステートビルクライスラービルか」という口論がきっかけで恋人であるローズと出会う[4]

ビッグ・シェル占拠事件(プラント編)[編集]

2009年。海上除染施設「ビッグ・シェル」がサンズ・オブ・リバティと名乗る武装集団(テロリスト)に占拠された際に、大統領を救出すべく新生FOXHOUND隊員として単独潜入する。

この時に埋め込まれたナノマシンにより記憶を操作され、自身はFORCE21時代のVR訓練の経験しかなく、実戦は初めてで人を殺害したことがない新兵であるという記憶を植え付けられていた。少年時代の記憶を「自分が傷付きたくないから」という理由で、意図的に忘れようとしており、この過去と向き合わない姿勢がAIシステム「G.W」に利用された。

本人は大佐やローズ、米海軍特殊部隊Navy SEALs隊員のイロコィ・プリスキン中尉爆発物処理班のスティルマン、ミスターXなどの助言に従い、人質救出や、仕掛けられた爆弾の凍結作業を行っている。

テロリストの人質となっていたジェームズ・ジョンソン大統領と接触し、ビッグ・シェルが「愛国者達」の建造した巨大兵器「アーセナルギア」であることを知った後は、中枢AI「G.W」の破壊を目指した。有効なコンピューターウイルスの所持者であるエマ・エメリッヒの救助に向かったが、テロリストのメンバー、ヴァンプの襲撃でエマを失い、ウィルス注入にも失敗してアーセナルギアは起動、サイボーグ忍者に気絶させられ、アーセナルギア内に捕えられた。

再会したソリダスによる拷問と会話で過去の記憶を徐々に取り戻したが、これにより現在の自分と周囲の状況を疑い始める。愛国者達のスパイ、オルガの協力で脱出した後に、雷電を囮にアーセナルギアへ潜入していたスネークと合流。それまで「大佐」や「ローズ」として自分に指示を出していたのが、AIであるG.Wの造った幻だったことが判明したことで自身に対する疑念をさらに強めたが(特にローズとの関わりに関しては愕然とする)、多数のメタルギアRAYとの戦闘も切り抜けた。

ウィルスの影響で機能不全となったアーセナルギアがニューヨークフェデラルホールに突入して停止するまでの間に、一連の自分の体験は「情報管理の中での無意識的な人間の支配」のための演習だったことも知り、演習の完結となることを自覚しながらも、ソリダスとは一騎打ちにて決着をつけている。その後、スネークの意思を聞き、本物のローズと連れ添って、崩壊したニューヨークの街へと消えていった。

偽りの記憶が彼の中にあったが、ローズとの思い出に関しては真偽入り交じっていた模様。

リキッド・オセロット蹶起事件[編集]

2014年。デモシーンのみの登場で、プレイヤーが操作することはできない。ローズとともに生活していたが、ソリダス・スネークとの接触からリベリア内戦当時の記憶を思い出したことで生活が荒み、ローズのもとを去ってしまう。彼女への想いは常に抱いていた模様。

ビッグ・ママが率いる対愛国者達レジスタンス「失楽園の息子達」、ボリスと協力してエリア51からサニーを救出した後、「ビッグ・ボスの遺体」を取り戻すために動き始める。しかし、その途中で「愛国者達」に囚われ、人体強化改造の被験体にされる。その後、「失楽園の息子達」に救出され、ビッグ・ママが懇意にしていた東欧のサイバネティックスの世界的権威・マッドナー博士[5]によって、血液を「ホワイトブラッド」と呼ばれる旧式人工血液に置き換えられ[6]、一定時間毎に透析を行わないと自家中毒症状を起こすようになった代わりに、高周波ブレードと投げナイフを駆使した接近戦用の強化外骨格を纏った。剣は足裏で掴んで持つ事も出来、蹴りと連動して振るう。スネークからもらったSOCOMピストルも右腿のホルスターにある。

リキッド・オセロット暗殺任務を請け負っていたソリッド・スネークの援護に現れる。南米ではIRVING複数を撃破し、ヴァンプとの戦いにも辛うじて勝利するも東欧のマッドナー博士の発明したホワイトブラッド専用の透析機での治療を受けることとなる。続くシャドーモセス島の戦闘ではスネークの危機に駆けつけ、ヴァンプとの因縁に決着を着ける。その後、メタルギアREX駆るスネークらと脱出の際に月光の爆発に巻き込まれ、瓦礫に埋もれてしまう。片腕を自ら切断することによって辛くも抜け出すが、REXとRAYによるリキッドとの死闘後に現れたアーセナル・シップ、アウターヘイブンの突進から疲弊しきったスネークを守るために盾となるも、圧倒的質量に押し潰され海中に沈む。死亡したように思えたが、リキッドが退散した後にオタコンによって救出され一命を取り留める。その後、アウターヘイブンに潜入したスネークが中枢直前で危機に陥った際にも両腕のない状態で援護に現れ、高周波ブレードを口に咥えて敵兵の一団と渡り合った。

事件の後に強化外骨格は取り除かれ、失った両腕にはより人間の皮膚に近い義腕が取りつけられた。また、疎遠になっていたローズから、ロイ・キャンベルとの婚姻と胎児の流産は、「愛国者達」からの監視を欺く為の偽装であったことを明かされる。息子であるジョンは無事に育っており、そこで初めて顔を合わせた。真実を聞かされた後にローズマリーと復縁、ジョンとも心を通わし新しい人生を家族と共に生きていくことを決意する。

その後については詳細に語られていないが、自分の寿命が尽きるまで世界を見届けると語りあうスネークとオタコン、サニーの輪の中で「みんな」という形容が使われており、小島秀夫は特典ディスクのインタビューで「サニーの“みんな”が誰を指すのかは敢えてハッキリとは描写せず、プレイヤーの想像に委ねる。もしかしたら雷電(ジャック)も居たかもしれない。そういうことをユーザーの皆さんに想像してみてほしい」と述べている。

新興国首相誘拐事件・アブハジア首都占拠事件[編集]

「ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」事件から4年後の2018年。民間軍事警備会社(PMSCs)「マヴェリック・セキュリティ・コンサルティング」に所属しており、その優れた兵士・サイボーグとしての技能を活かして、要人警護や国軍の指導の請負をしていた。高周波ブレードを扱う内に柳生宗矩兵法家伝書で伝える「活人剣」に発想を得て、一人の悪を斬り多くを救う「一殺多生」を信条とする。世界各国からの大口案件を抱え、PMSCsにおける彼の業務は複数多岐にわたり、安定していると言えた。しかし、アフリカ新興国の首相護衛、黒海沿岸非承認国家クーデターの鎮圧作戦、メキシコ地下研究所潜入調査等の案件を通じてデスペラード・エンフォースメント・LLCの暗躍を目の当たりにする間に、彼の状況は俄かに変化して行く。

デスペラード社の奇怪で残忍なサイボーク達と対峙すると同時に、少年兵だったリベリア内戦時、捕虜や民間人を殺害した事や、人を斬る事に快楽を得る本性など、自己が内面に抱える大きな闇とも対峙する事になる。この物語の背景には「ミーム(MEME:文化的遺伝子)の感染・拡散」というメタルギア・シリーズ共通の要素が登場する。登場人物達が雷電にもたらすそれらによって、過去と自己の本質を恐れ「活人剣」によって欺瞞してきた彼の心境は変化して行く。

スティーブン・アームストロングの野望・理想とは全く相容れなかったが、「気に入らない相手は実力行使で押し退ける」というアームストロングの流儀には少なからぬ感化を受けた模様。搾取される弱者の救済といった雷電の目的・望みの前に、法的な制約が付きまとうPMSCsでの活動は既に限界に達し、退社する。ボリスからはマヴェリック社復帰を期待されるが、「己の闘争を続ける」としてそれを断っている。

今作では、ボリスより紹介されたヴィルヘルム・フォークト博士(ドクトル)の手による最新最高スペックを誇る黒い特殊作戦用義体と、敵対サイボーグの電解質を吸着する機能を付加された高周波ブレードを装備している。カーボンナノチューブ(CNT)製の筋肉は電気で動き、かつての様な透析の必要は無い。脳へ供給されるブドウ糖は体内に有る量で一週間は保つ。通常は栄養パックの交換などで必要な栄養を補うが、経口にて食物を摂取する事も可能。消化はナノマシンが行う。味覚のON・OFFが出来、何かと重宝しているとの事。

電力を消費して、高周波ブレードによる攻撃速度と切断力を高める斬撃モードを発動する。断続的に斬撃モードを使用するにはサイボーグ等から電解質を奪い消費を補う必要がある。サイボーグを高周波ブレードで斬りつける事により活動に必要な電力の回復が可能である他、その体内より自己修復ユニットを獲って(斬奪)吸収する(手で握りつぶす)事で義体の損傷と電力を瞬時に回復する修復用ナノマシンを実装している。頭部両側面に索敵・状況分析用合体型バイザー、左目部分に2億画素の眼帯型人工複眼(ACE)ユニットを搭載。視覚情報には拡張現実(AR)が投影され、視野に通信メニュー等のインターフェイスが展開される。高周波ブレードが納められる鞘は基本的に背中に固定されているが、アームパーツにより左腰へ移動・抜刀が可能。物語が進行するとFCゲージ(燃料電池ゲージ)がフルゲージに達している時に「リッパーモード」が使用可能になり、通常よりも大量にエネルギーを消費する代わりに攻撃力が10倍(ボスに対しては1.2倍)になる。

今作においては、相変わらず精神的な危うさが散見されるものの、同僚で後輩のコートニーを度々「お嬢ちゃん」と呼ぶなどの軽口、「とんだ悪党」と同僚のケヴィンに言わしめる計算ずくの不法行為、敵前で闘志をあらわにした恫喝等、前作と比べやや豪胆な様子も描写されている。また、作中幾度となく下顎への攻撃を受け、度々鉄の顎が真っ赤に熱している。

映画好きを伺わせる無線会話は幾つか存在し、関連して「自分は文化系だ。」と発現している。一方、スポーツ観戦をする習慣は特に無いらしく、「ボールを投げて、ゴールに入れるだけ」との短絡的な解釈から、「フットボールよりもバスケットボールの方がわかりやすい」といった暴言めいた発言もあり、スポーツの妙を解する感性を今ひとつ持ち合わせていない事を伺わせる。

ローズに関する話題は無線会話に複数回登場しており、彼女に叱られる事を恐れ少なからず狼狽する雷電の会話も存在する。息子の事を嬉しそうに語り、会えない事を憂う等、子煩悩な面も露見する。

イワン・ライデノヴィッチ・ライコフ[編集]

1964年が舞台である『メタルギアソリッド3』には、容姿が酷似したイワン・ライデノヴィッチ・ライコフという人物が登場する。「ヴィッチ」はスラブ系言語における父称であり、言葉の内容は雷電の家系であることを意味するが、関係性については明確にされていない。他の主要キャラクターのように、殺害することでタイムパラドックスが起きることも無い。

格闘スタイルが雷電と同じで、拘束し尋問をすると『MGS2』の雷電の台詞を言う。また、彼をロッカーに隠すイベントではロッカーのなかに雷電のポスターが貼ってある。男性であるが、上司のヴォルギン大佐の愛人とされており、パロディムービーの「メタルギアライデン」では雷電がライコフと勘違いされてヴォルギンに襲われている。

メタルギアソリッド ポータブル・オプス』の舞台となった時期には、ヴォルギン大佐死亡後の権力者競争に敗北し、サンヒエロニモ半島に左遷され、そこでも奇行が目立ったために味方の反乱軍に拘束されてしまった。スネークが接触することで仲間にすることが可能。『メタルギアソリッド ポータブル・オプス+』では雷電がユニークキャラクターとして登場している。

メタルギアオンライン[編集]

MGS3 版[編集]

『MGS3 サブシスタンス』に同梱されていた「メタルギアオンライン」ではライコフがユニークキャラクターとして登場した。格闘スタイルはスネークのものと同様に変更されたが、CQCは敵の股間を握りつぶすという独自のアクションが導入されている。このほか、視線を釘付けにするアイテムのグラビア雑誌に反応しない、赤外線ゴーグルが蝶の形をした眼鏡に変化するなどの特徴がある。

MGS4 版[編集]

『MGS4』同梱の「メタルギアオンライン」においては、2009年3月17日よりユニークキャラクターとしてメタルギアソリッド4仕様の雷電が登場。本編では不可能だったプレイヤーによる操作が可能となった。専用武器として、高周波ブレードと投げナイフを装備でき、他のキャラクターと比べて移動速度が速く、正面からの銃撃を弾く、高所から落ちてもダメージを受けない、バイザーを装着することで仕掛けられたトラップを視覚化できる、チームメンバーを踏み台にして高所へ登る「リフトアップ」が必要な段差を単独で飛び越えられるなどの特性がある。使用するには拡張パック「SCENE EXPANTION」の購入が必要。

誕生の経緯[編集]

小島秀夫は、ゲーム製作時のアンケートで女子中学生から「こんなにオヤジばっかり出るゲームは嫌だ、発売されても絶対に買わない」と言われたことに製作陣がショックを受け、女性ファンも取り込む若い美形のキャラクターとして考案したと述べており、「歴戦の戦士であるソリッド・スネークが、何度も初期状態に戻って戦うのはおかしいと思ったので、新しい主人公を立てようと思った」という考えも公開している。

小島は2010年4月26日から28日にかけてのtwitterでは、2008年公開のフランス映画「ジョニー・マッド・ドッグ」などで取り上げられた少年兵問題をMGS2で扱おうとしていたとしている。没になった設定として、雷電が銃を撃つとガンパウダーで過去の映像を頻繁にフラッシュバックし、そのとき写る国旗が一見アメリカ国旗だが、実はリベリア国旗であることが後に明らかになるなどの設定があったという。「自由の国」アメリカによって建国されたリベリアの内戦において雷電が少年兵となったこと、ナノマシンを通じて雷電を操っていたコンピューター「GW」が、「ジョージ・ワシントン」の頭文字である等の設定も、他の物語の設定と絡むものとなるはずだった。小島はゲーム内で使用するため少年兵関連の映像を集め、自ら編集もしていたが、ストップがかかり、その映像は使えなくなってしまった。数日後、同じ映像が少年兵問題を扱ったNHKスペシャルで放送されたことで、「大きな雪辱(屈辱)感」を感じ、ゲーム製作をやめようかとまで思ったという。

なお、当初名前の表記はカタカナの”ライデン”だった。しかし、9.11により、スタッフがウサマ・ビンラディンを思い浮かべたので、漢字表記となった。

その他の出演作品[編集]

PSP『メタルギアソリッド ポータブル・オプス+』(コナミ)
追加ユニークキャラクターとして登場している。
PS3・PS Vita『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』(ソニー・コンピュータエンタテインメント
MGRに先駆けて操作キャラクターとして登場している。
Xbox 360・Xbox One[7]メタルギアソリッドV GROUND ZEROES』(コナミ)
スナッチャーを排除する特別ミッション「ジャメヴ・ミッション」で操作キャラクターとして登場している。

脚注[編集]

  1. ^ フランスのテレビ局によるインタビューの中で小島秀夫は、名前の由来は映画『タイタニック』の主人公だと述べている。恋人のローズマリーも、映画のヒロインの名前に由来する。
  2. ^ クリア後に特殊能力の備わったカツラを入手できるが彼自身の髪がどうなっているのかは不明である。またエマ・エメリッヒがオイルフェンスを歩くシーンでカツラ疑惑をつぶやいているところを集音マイクで聴く事が出来る
  3. ^ 『MGS4』の小説版では『ランボー』であるとされている。
  4. ^ 『キングコング』で壊れたビルはエンパイアステートビルで、クライスラービルが壊れたのは『ゴジラ』だという雷電の主張が正しい。
  5. ^ メタルギア』、『メタルギア2 ソリッドスネーク』に登場したドラゴ・ペトロヴィッチ・マッドナー博士と同一人物
  6. ^ 実際には、血液をすべて抜き出すことで、愛国者達によって体内に注入されていたナノマシンを全て取り除く目的があった。
  7. ^ 2014年5月1日のアップデートでPS3・PS4でも操作可能になった

関連項目[編集]