ジョニー・マッド・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・マッド・ドッグ
Johnny Mad Dog
監督 ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
脚本 ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
製作 マチュー・カソヴィッツ
ブノワ・ジョベール
音楽 ジャクソン・テネシー・フルジョ
撮影 マルク・コナンクス
配給 日本の旗 インターフィルム
公開 フランスの旗 2008年5月20日CIFF
フランスの旗 2008年11月26日
日本の旗 2010年4月17日
上映時間 98分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
リベリアの旗 リベリア
言語 英語
テンプレートを表示

ジョニー・マッド・ドッグ』(Johnny Mad Dog)は、2008年フランス映画映画監督俳優として知られるマチュー・カソヴィッツがプロデュースした。

第61回カンヌ国際映画祭ある視点部門、さらには国連本部でも上映された。

ストーリー[編集]

内乱中のリベリア。ネバー・ダイと呼ばれる大将が率いる自称・反政府軍「デスディーラー」は、略奪や強姦、殺人を繰り返していた。少年部隊隊長であるジョニー・マッド・ドッグら反政府軍の少年兵たちは、みな本名を持たず、政府の側につく者たち「ドゴ」を激しく憎んでいた。

一方、13歳の少女、ラオコレは戦争で足を失った父と、弟のフィフィとともに戦禍から逃げ回る。この物語はマッド・ドッグら少年兵たちの行軍の描写の合間に逃げ惑うラオコレの姿を織り交ぜ進行してゆく。

ある日、旧市街へと侵攻したマッド・ドッグ、仲間と共にウージーを鹵獲したり、逃げ遅れた少年をなじっていた。そして、ある建物でマッド・ドッグが単身索敵を行ったが、そこでラオコレ姉弟と出くわす。しかし、なぜかマッド・ドックは彼女に一切危害を加えず立ち去った。そして反政府軍の侵攻によりラオコレの父は撃たれてしまい、弟とははぐれてしまう。そこでラオコレは国連軍の病院に向かう。

その後、政府転覆が成功し、ネバー・ダイは常備軍の兵士となり、マッド・ドッグは身分と名を失う。そのさなか、父を亡くしたラオコレとマッド・ドッグは再開を果たすが…。

キャスト[編集]

作品には実際に戦った元少年兵を起用している。

  • クリストフ・ミニー:ジョニー・マッド・ドッグ
  • デジー・ヴィクトリア・ヴァンディ:ラオコレ
  • ダグベス・トゥウェ:ノーグッド・アドバイス
  • モハメッド・セセイ:バタフライ

受賞歴[編集]

第61回カンヌ国際映画祭
  • 受賞: Regard Hope賞
第6回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
  • 受賞: 監督賞 - ジャン=ステファーヌ・ソヴェール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]