投げナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイフ投げショー

投げナイフ(なげナイフ)、ナイフ投げ(ナイフなげ)、またはナイフスローイング: Knife throwing)は、ナイフを投げる技術のこと。また、投擲に適するように工夫された形状を持つ専用ナイフも投げナイフ、ないしスローイングナイフ: Throwing knife)と呼ばれる。

どのようにしてナイフ投げが広まったのかについては、兵士がベースキャンプなどでナイフを投げて遊んでいたのを起源とする説が最も有力である。 古くから見せ物としても行われており、サーカスなどでは定番の一つになっている。

映画漫画などによく登場する技術であるが、実際にナイフを投げて使うことはほぼ無い。なぜならナイフは、投げて当てるより近づいて使ったほうが確実性があり、また戦場において重要な武器の1つを失ったり、敵に鹵獲される可能性がでてきてしまうからである。飛距離や精度も非効率的で投げる技術も高度であり、誰でも出来て武器の確保が容易な投石のほう使用頻度と期待値が高いと言える。つまり、投げナイフとは元来確実性のあるものではなく、趣味としての要素が大きいといえる。

ただし、ナイフ以外の投擲する刃物としては、インドチャクラム(戦輪)や日本手裏剣など、実用されている物もある。また一部の軍隊では、現在でも投げナイフを訓練に取り入れているところがある。

投げナイフにおいて、ナイフをのように真っ直ぐ飛ばす技術は多くの人が研究している。しかし、実際に真っ直ぐ飛ばすことは簡単ではない。大抵の場合、投擲されたナイフは回転しながら飛んでゆき、ターゲットに刃の方から接触する。

使用するナイフの特徴[編集]

使用するナイフの特徴として、ターゲットに当たった際の衝撃で折れないように一般的なナイフより柔らかく焼き入れがしてある。そのため、切れ味がほとんど無く通常の使用が出来ない物が多い。また、刺さりやすい様にダガータイプの物が多い。  

投げ方[編集]

代表的なものは2種類。

ブレードグリップ
ナイフの刃の部分(ブレード)をつかんで投げる方法。
ハンドルグリップ
ナイフの柄(ハンドル)をつかんで投げる方法。

関連項目[編集]