投擲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

投擲(とうてき)とは、手を使って物を遠くへ投げること。投擲のの字が常用漢字表外字であることから「投てき」と表記されることもある。

ヒトは他の生物より際立って投擲が上手[1]であり、有史以前から投擲によって狩猟や戦闘を行なっていた。現代人以外の絶滅人類も投擲を行なっていたと考えられており、道具の高度化と平行して、ヒトが狩猟・自衛能力を獲得するうえで重要な要素であったと考えられている。

有史以後も、投擲は主要な戦闘技術で在り続けた。現代でも兵士手榴弾などを投擲する。

また、投擲の能力を競う投擲競技陸上競技に含まれている。

投擲武器[編集]

しばしば狩猟用と戦闘用を兼ねる。

狩猟・漁労専用の投擲具[編集]

投擲を補助するための道具[編集]

投擲競技[編集]

陸上競技には投擲するものの違いにより、以下の4種目の「投擲競技」がある。いずれも、投擲しものの到達距離を競う。

スポーツ・遊戯としての投擲[編集]

ボールを使用するものについては球技を参照のこと。

出典[編集]

  1. ^ ^ 飛び道具の人類史―火を投げるサルが宇宙を飛ぶまで アルフレッド・W・クロスビー (著)

関連項目[編集]