メタルギア2 ソリッドスネーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メタルギア2 ソリッドスネーク
ジャンル ステルスゲーム
タクティカル・エスピオナージ・ゲーム
対応機種 MSX2
携帯電話
Wiiバーチャルコンソール
発売元 コナミ
シリーズ メタルギアシリーズ
人数 1人
メディア MSX2用カートリッジ
携帯アプリ
Wii バーチャルコンソール
発売日 MSX2:
日本の旗 1990年7月20日
携帯電話:
日本の旗 2004年10月11日
Wii VC
日本の旗 2010年3月30日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

メタルギア2 ソリッドスネーク』 (METAL GEAR 2: SOLID SNAKE) は、1990年7月20日にコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたゲームソフトメタルギアシリーズの2作目である為、よくMG2と略されるが「メタルギア2」ではなく「ソリッドスネーク」が正式タイトルである[1]。コナミのカスタム音源チップSCCを搭載している。

概要[編集]

コナミによるMSXオリジナル作品の最終リリースとなった[2]

前作では“前しか見ていない”敵兵士であったが今作では敵兵の視界が広がり、トラップ(罠)として足音が鳴る床などの仕掛けや、システム面でもトラックの下などに隠れられる匍匐操作、敵兵に発見された状態である“危険”から“回避”のモード移行など、後の続編であるPlayStation版『メタルギアソリッド』に繋がるアイデアが数多く採用されているなど、総合的な完成度ではコナミのMSXゲームの最後を飾るにふさわしく最高傑作との呼び声も高い。

メタルギアシリーズは本作で一度終止符を打ち、後の1998年に続編『メタルギアソリッド』が発売されたが、説明書にはMSX2版『メタルギア』についても触れており、また銃が使えず格闘戦になるサイボーグ忍者との戦いで「思い出さないか?」と、本作をプレイしたユーザーにしか思い出しようがないセリフが出てくるほか[3]、様々な細かいところにMSX2版の要素が仕込まれており、これまでの2作と密接なストーリー関係を持ったメタルギアソリッドシリーズとして生まれ変わり、現在に至るまで連綿と作品がリリースされ続けている。

2005年12月22日発売のPlayStation 2用ソフト『メタルギアソリッド3 サブシスタンス[4] と、2011年11月23日にPS3Xbox 360、2012年6月28日にPlayStation Vitaで発売された『メタルギアソリッド HDエディション』には、前作『メタルギア』と共に復刻版が収録されている。日本国外ではMSX2版が発売されなかったため、復刻版によって初めてプレイが可能になった[5]。2010年3月30日からはWiiバーチャルコンソールでも配信されている。

復刻版ではキャラクターの顔グラフィックおよび、一部キャラクターの名称が変更されている。

ストーリー[編集]

ザンジバーランド騒乱[編集]

1990年代後半、核の脅威の時代は終焉を告げた。米中ソ等の大国間を始め、各地の地域紛争も和解・緩和に向かい、世界は安定の世紀を迎えようとしていた。そんな折、中東のソ連、中国、中近東に隣接するザンジバーランドに新たな軍事政権が樹立。ザンジバーランドは世界各地の廃棄用核兵器貯蔵庫を襲撃し、世界唯一の核武装を遂げた後、隣国への無差別侵攻を開始、世界に再び核の脅威が訪れようとしていた。

一方、30年は持つとされていた世界の石油だが、代替エネルギーが得られぬまま石油資源の枯渇が到来し、世界は深刻なエネルギー危機に直面していた。そんな中、チェコの生物学者キオ・マルフ(Kio Marv)博士により、高純度の石油を精製する微生物(微細藻類)「OILIX」が発明され、世界はOILIXを巡り再び緊張と混沌の状態へ移行した。博士はアメリカの学会に出席する為に渡米するが、途中ザンジバーランドによって拉致される。ザンジバーランドは核とOILIXによる軍事優位の確保を試みたのである。わずか数ミクロンの微生物が世界を動かそうとしている。武装要塞ザンジバーランドに単独潜入、キオ・マルフ博士を救出し、世界を核の脅威から守るため、再びソリッド・スネークに極秘任務が下る。

基本ルール[編集]

本作においても主人公の任務は「極秘潜入」である。敵兵に見つからないようにマップを探索し、マップ内にいくつか設けられたチェックポイントに到達することでシナリオを進めていく。ただし、チェックポイントの一部には、任務を妨害するボスキャラクターが配置されており、この場合はボスキャラクターを撃破することでシナリオが進行する。

主人公ソリッド・スネークには体力を示すLIFEゲージがある。LIFEゲージは敵の攻撃や敵兵を含む一部の障害物との接触、子供を殺害、ガス室内や水中への長期滞在によって減少。回復アイテムである「レーション」を装備していない状態でLIFEゲージをすべて失うか、落とし穴などの即死トラップにはまるとゲームオーバーになる。

コナミの「新10倍」に対応
MSX2版は、通称「新10倍」と呼ばれるコナミ製のMSX用ユーティリティソフトに対応しており、2スロット搭載機種にて本作と「新10倍」の両方を差し込んで起動することで、「新10倍」内部のバックアップ用SRAMにゲームデータを保存可能。
これ以外では、2DD規格のフロッピーディスクやカセットテープへのデータセーブが可能なほか、手間はかかるものの「パスワード入力によるゲームの再開」も可能となっていた。のちに登場する復刻版では(携帯やメモリーカードなどの)内蔵メモリへのセーブが標準的になっているので、これらの煩雑さは解消されている[6]

システム[編集]

前作『メタルギア』を改良すべく再構築されたシステムは当時としても完成度が非常に高く、その根幹部は後の「メタルギアソリッド」シリーズへ継承されている。代表的なものを下記に列挙する。

  • 新たに匍匐前進が可能になり、構造物や車両下部の隙間に隠れることが可能(画面上下方向に限る)。
  • 敵兵の視界が45度に広がり、首振りや聴覚による索敵・追跡も実行可能に。
  • 壁などをパンチして物音を立てる、金網の上を通ると足音が鳴る、など「聴覚」に関係するギミックが初登場。
  • プレイヤーのいる画面を中心に3×3画面分、マップと敵兵の位置を確認できる「動体反応レーダー」が登場。
  • 敵の警戒レベルが「潜入・危険・回避」の3つのモードに細分化され、敵兵の行動パターンに「物音モード」が導入された。
  • 前作にあった「階級」システムは削除。
  • 主人公のLIFEゲージ、および携行可能なアイテム数の上限は「ボスキャラクターを倒す」ごとに増えていく。
  • タップコードと呼ばれる北ベトナムの捕虜収容所(ハノイ・ヒルトン)で使われていた通信方法が登場。物音を利用した暗号であり、プレイヤーによる解読が求められる[7]
  • レーションのように周囲の温度の影響を受けたり、ブローチのように意図的に利用して変化させて使うアイテムが初登場。
敵兵に発見された場合のモード変化。
敵に発見されると動体反応レーダー上に「危険」の文字が上書きされて危険モードに移行する。危険モードではレーダーが使用不能になり、プレイヤーを殺害すべく敵兵が殺到し、倒されても一定数まで自動的に補充される。
一定数の敵兵を排除するか「一人も敵兵がいない画面」に移動すると、レーダー上の文字が「回避」に変化して回避モードに移行。依然としてレーダーは使用できず、さらに2人の追っ手が追跡してくる。この2人を両方とも排除するか、画面右上の制限時間がゼロになるまで敵兵から隠れ続けるか、最後に見つかった画面から2画面以上移動すると通常の潜入モードに戻ることができる。

登場人物[編集]

本作から無線通信画面ではスネークに加えて通信相手のフェイスグラフィックが表示されるようになった。このグラフィックは写実的なものだったが、携帯版、PS2版およびWii バーチャルコンソール版では新川洋司によって全キャラクターの顔が描き直された。このうち、『メタルギアソリッド』に登場したキャラクターはそちらでの容姿が元になっており、MSX2版とは全く違うイメージとなったキャラクターもいる。

ソリッド・スネーク
FOXHOUND隊員。「OPERATION INTRUDE N313」でFOXHOUNDの名を一躍、世界に知らしめた本人である。本名および家族は不明。アウターヘブン蜂起後除隊、その後CIAに属すが除局し、隠遁生活を送っていたが、キャンベルの要請で再び任務に就く。日系とイギリス系の混血。
グレイ・フォックス(本名:フランク・イェーガー)
かつてアウターヘブンでスネークとともに戦った戦友。今回の騒乱にビッグボスとともに参画し、スネークと敵対する事になる。
ビッグボス
元FOXHOUND総司令官であり、かつてのアウターヘブンの首領。アウターヘブンでスネークに敗れ去った後も義体化を受けて延命し、中近東にザンジバーランドを築く。マルフ博士を誘拐し「OILIX」を手に入れ、核搭載重歩行戦車「メタルギアD」と共に軍事優位性を確立しようとした。最後は、ソリッド・スネークにラッカースプレーと100円ライターを組み合わせた即席の火炎放射器で倒される。サイボーグ化しており戦闘中の姿は「スナッチャー」を髣髴させる。
ロイ・キャンベル
FOXHOUND現総司令官。今回の「OPERATION INTRUDE F014」作戦司令官となる。スネークを呼び戻し、彼を無線でサポートする。
ホーリー・ホワイト
騒乱1カ月前に先に潜入していたアメリカの女性で、フリーの国際ジャーナリスト。身長167cm。フランス人の母とイギリス人の父の間に生まれる。アフガン問題ピューリツァー賞を受賞し、KTVのドキュメンタリー「知られざる血流」でもグラミー賞を受賞している。また、「デイペッシュ・ヴォーグ」の専属モデルとして活躍していたという多彩な面を持つが、彼女の地位と名誉を最大限に生かすのは諜報活動を行うCIAの秘密工作員(アンダー・カヴァー)としての活躍である。取材の形でザンジバーランドへ潜入し、スネークを無線サポートする。一度捕らえられてしまうがスネークに救出される。
脱出後にスネークと食事の約束をするが、すぐにスネークは失踪してしまい、すっぽかされた事を嘆く。
ナターシャ・マルコヴァ(復刻版では、グスタヴァ・ヘフナー)
身長165cm。元プロ・フィギュア・スケート選手。世界選手権、オリンピックでは「氷の妖精」と言われ、連続優勝の経験を持つ。カルガリーオリンピックで知合った西側の人間、フランク・イェーガーの恋人となるが、冷戦下故に選手権を剥奪され、彼女は亡命のチャンスを掴むためにSTB(チェコ国際秘密警察)[8]の秘密工作員に身を投じる。「マルフ博士のアメリカ訪問」を護衛中、博士と共にザンジバーランドに拉致される。
敵兵に偽装して潜伏中にスネークと合流し、マルフ博士の救出のために一時行動を共にするが、グレイ・フォックス操るメタルギアDの攻撃により死亡してしまう。
マクドネル・ミラー
日系三世。身長179cm、体重85kg。SAS(イギリス陸軍特殊空挺部隊)グリーンベレー海兵隊ブーツ・キャンプ、「FOXHOUND」のサバイバル教官(マスター)を務め、年に2回MERC SCHOOL(傭兵学校)のコーチをしている。FOXHOUND時代は鬼教官といわれ、隊員達から敬意を込めて「マスター・ミラー」と呼ばれていた。既婚で一人娘のキャサリーと2人暮らしをしている。アイデアマンであり科学的な知識にも長けている。
ヨゼフ・ノルデン(復刻版では、ヨハン・ヤコブセン)
身長179cm、体重95kg。動物学者であり、国際動物保護官としても知られる。若いころにグリーンピースに参加したことがある。サイエンス・マガジン「マックスウェル」の生物顧問も務める。ペトロヴィッチ博士と大学時代の旧友。現在、国際動物愛護協会副会長を務める。中近東の砂漠生息生物の研究の為、ザンジバーランド付近に来ている。ファーストフードが大好き。
ジョージ・ケスラー
アメリカ人。身長188cm、体重90kg。南アフリカ傭兵部隊、フランス外人部隊等の世界各地の様々な傭兵部隊に参加。「ザンジバー独立戦争」、俗に言う「傭兵戦争」に於いて右大腿部を負傷、傭兵生命を失う。その後一時はネゴシエイターとして働くが、戦場での知識と経験を活かして戦争情報屋となる。極短期間ではあるが、FOXHOUNDで兵器顧問として働いた事もあり、現状で彼の知らない傭兵はいないとされる。逆に彼を知らなければ一流の傭兵として認められないとさえ言われている。またスネークを「伝説の傭兵」と世間に謳わせたのも彼である。
キオ・マルフ
チェコの科学者兼バイオテクノロジーの専門家。身長172cm、体重65kg。家族は無く、心臓に障害がある。東側バイオマスによる農薬改革計画の研究を行っていたが、実験中に偶然「OILIX」の原型を発見し、改良を重ねて世界中の脚光を浴びた。また、コンピュータ・ゲーム・マニアとしても有名で、様々な雑誌に自作ゲームを投稿して高い評価を得ていた。アメリカでの 「国際エネルギー問題大会」に出席するために渡米するが、途中ザンジバーランドによって拉致される。
なお、作中に登場するOILIXはフィクションの技術である。
チャーリー
スネークの回収任務を受けたヘリコプターの乗員。
ペトロヴィッチ・マッドナー(復刻版では、ドラゴ・ペトロヴィッチ・マッドナー)
元東側の天才科学者であり、ロボットロジーの専門家。身長187cm、体重77kg。「N313」ではTX-55「メタルギア」、TX-11「サイバロイド」などを「OUTER HEAVEN」にて開発。現在のロボット工学、パワード・ギア技術の基礎を築き、「ロボット工学の父」と謳われる。チェコの科学者であるマルフ博士とは学会仲間だが、後に彼の研究を奪うためにビッグボスと手を組んでいたことが発覚。証拠隠滅のためにスネークに襲い掛かるが、彼の決死の行動により倒される。ボリショイ・バレエ団に所属するエレンという一人娘がいる。
メタルギアソリッド4』で改造手術を受けた雷電を愛国者達の支配から断ち切るための処置を施した人物として名前のみが登場した。なお学会を追放されたらしく、アンダーグラウンドな科学者として知られている。
ランニング・マン
昔はバルセロナオリンピックで名を馳せた短距離ランナー。100mを9秒69で走る。ドーピングにより選手生命を絶たれ傭兵となる。後にヨーロッパのテロリズムに参加する。爆薬技術に精通し、足の早さを活かしてブービートラップを仕掛ける。フランスでは過激テログループのLES ENFANTS TERRIBLES(恐るべき子供達)のサブリーダーを務めた事もある。SEK(西ドイツ国内テロ特殊部隊)の間では「ランニングマン」として恐れられている。スネークに敗北後、「チーターが蛇に負けた」の言葉を残し息絶える。
プレデター(復刻版では、ジャングル・イーブル)
元偵察(レックス)コマンド部隊出身のハンター。アンブッシュの専門家でジャングルでのゲリラ戦を得意とし、ベトナムや南イエメンではたった一人で2個中隊を全滅させたといわれている。
ナイトサイト(復刻版では、ナイト・フライト)
北ベトナムでグリーンベレー以上にジャングル戦に長けたといわれる伝説のゲリラ部隊「ウィスパーズ」の生き残り。完全無音の銃(ウェイ・ション・ショウ・チャン)で攻撃してくる。最新のカモフラージュシステムにより、特殊装置を用いても目視することはほぼ不可能。
ブラック・カラー(復刻版では、ブラック・ニンジャ)
薬物で極限まで身体能力を高めた肉体にフレックス・アーマーを纏ったハイテク忍者。NASAの極秘プロジェクト「対地球外環境特殊部隊」出身。あまりにも危険な存在として取り沙汰されたため、部隊はデビュー前に解散。一部の隊員が武装逃亡、ザンジバーランドに亡命する。その正体は、前作『メタルギア』にてスネークをサポートしたカイル・シュナイダー。
レッド・ブラスター
旧ソ連のルムンバ大学で特殊工作まで学んだ暗殺専門エリート。スペツナズ(ソ連陸軍特殊部隊)を経て爆発物による破壊工作を得意とし、グレネードの名手でもある。
ウルトラボックス(復刻版では、フォー・ホースメン)
密室専門の暗殺部隊。元SAS、GSG-9(グルンツシュッツグルッペ)、UDT(水中爆破工作チーム)のエリート達の集まり。エレベーターの加重力を利用する。

武器[編集]

ハンドガン(ベレッタ92F)
ゲーム序盤で手に入る武器。一般の歩兵であれば一発で倒すことが出来る。サイレンサー(復刻版では「サプレッサー」と表記が修正されている)装着可。
サブマシンガン(イングラムMAC11)
ゲーム序盤で手に入る武器。キーを押し続けることにより連射されるが、弾道がばらつく。ハンドガンと同様の弾薬を用いる。
プラスチック爆弾(M5A1)
セットしてから時間で、あるいは手動で爆破することのできる高性能爆弾。一部の壁を破壊するためにも使用する。
対人地雷(M78)
地面にセットした後に、敵味方を問わず誰かが上を通ると爆発する。なお、匍匐前進で回収することができる。
対空ミサイル(スティンガー)
携行用対空ミサイル。ハインドDとの戦闘で使用する。『メタルギアソリッド』シリーズの対空ミサイルとは異なり、レーダー上で照準を合わせる必要がある。ミサイル装備中は移動ができなくなるため、移動するときには外す必要がある。
また隣の画面の敵に対しても使用できるため、迫撃砲のような使い方もできる。
ハンドグレネード(M68)
手榴弾。段差のある場所にも攻撃することができる。メタルギアDなど特定のボスを倒すには必須。着発信管なので転がらずに落ちた場所で即発火する。
カムフラージュ・マット(PHANTOM07)
地面に敷きその下にもぐりこむことで敵の目を欺く。ダンボールやバケツと違い踏まれても問題ないが、使用後はマットがその場に残るので再利用するにはマットの上を歩いて「回収」する必要がある[9]
マウス(JERRY2)
マウス。使うと部屋中を走り回り敵兵の物音モードを解除する。また落とし穴などの各種トラップを作動させる事もできる。ショットキーでプレイヤーに向かってくる。PCで用いられるマウスの形をしている。
無力化ガス(ABC-M25A2)
爆発するとガスを発生させ、風下に向かって効果を発揮する(爆発後に表示される矢印が風向きを示す)。ガスマスクの着用によりダメージを無効にできる。ガスマスクをつけている敵には効かない。
リモコンミサイル(M47 ドラゴン)
発射後に遠隔操作可能なミサイル。操作中は移動できない。
100円ライター
どこにでも売っている100円のガスライター。小さい炎を出すことができる。
サイレンサー(復刻版では、サプレッサー)
ハンドガン、サブマシンガン使用時の発砲音を消すアイテム。

装備品[編集]

タバコ(ラッキー・ストライカー)
最初から持っている唯一の装備。装備中は赤外線を目視できるようになったり、風向を調べたりできる。『メタルギアソリッド』と異なり、MSX2オリジナル版のみ装備しても体力は消耗しない。しかし、復刻版では一定時間経過するごとに体力を消耗する。ラッキーストライクがモデルになっている。携帯版およびPS2復刻版では煙草の箱デザインが変更されている。
ダンボール
『メタルギア』シリーズ定番の装備アイテム。装備することで敵から発見されにくくなるが、不自然な場所にあると攻撃される。なお、ある程度耐え続ければ敵は去っていく。
バケツ
ダンボールと違い敵に見つかっても攻撃されない。敵の銃弾を跳ね返すこともできる。しかし踏まれればダメージを受ける。なお、これで歩行すると音が出る。
レーション
B1ユニット、B2ユニット、B3ユニットが存在するが、3種類あってもLIFEの回復量はどれも同じ。使用するとLIFEが回復する他、ハトを呼んだりネズミを呼んだり硫酸を中和したりすることができる。それぞれ梱包されている食料のメニューは異なる。凍ってしまうと使えなくなるため、解凍する必要がある。
カード1〜9
扉を開けるためのカードキー。後に1〜3をまとめたレッドカード、4〜6をまとめたブルーカード、7〜9をまとめたグリーンカードが入手できる。
双眼鏡(ニコス F500)
プレイヤーを中心に十字に周辺のマップを見ることができる。動体反応レーダーには映らない、足音の出る床やブービートラップなどの存在を事前に偵察可能。
ガスマスク(ライアット・フェース・マスク)
ガスが充満した部屋でのO2ゲージを増やし、またゲージの減少を遅らせることができる。自分で使う無力化ガスに対しても有効。
酸素ボンベ
水中に潜った際にO2ゲージを増やし、またゲージの減少を遅らせることができる。
ボディ・アーマー
敵弾からのダメージを半減する。
地雷探知機
セットされた地雷をレーダー上に表示することができる。
ナイトビュア(暗視ゴーグル)
夜間など暗い場所での視界を確保するアイテム。歩兵たちが寝ている部屋などでも活躍。
ブローチ
ナターシャ(グスタヴァ)が残した形状記憶合金で作られた、ザンジバーランドのシンボルマークの形をしたブローチ。高温と低温でそれぞれ違う形の鍵に変わる。
風邪薬
風邪を引いてくしゃみが出るときに飲むと、瞬時に治すことができる。
カセットテープ
ザンジバービル内で使用すると国歌が流れ敵が静止するアイテム。何度か使うとテープが伸びて使えなくなる。
ハングライダー(ハンググライダー)
クレバスを飛び越えるために使用する。使いきり。
カートリッジ
OILIXの情報が入っているMSX2専用カートリッジ。
タマゴ
バイオ研究所で入手することができるアイテム。2つあり、片方はフクロウ、片方はヘビのタマゴである。ヘビはレーションを食べてしまうのでタマゴと一緒に捨てる。
ラッカー
メタリックブルー色のラッカースプレー。ライターとの組み合わせで即席の火炎放射器となる。
赤外線ゴーグル(復刻版のみ登場)
赤外線センサーを可視化する。
無限バンダナ
携帯版のみ追加されたアイテム。クリア後に追加。全ての武器の弾数を無限にする。武器の弾数が0だと無限にならない。

操作方法[編集]

以下はMSX2版オリジナルの場合の操作方法を記す。他の移植作品については付属の各説明書を参照のこと。

カーソルキー、ジョイパッドの十字ボタン
移動、選択、照準
無線機使用時は、←→で周波数設定、↑↓で受信
スペースキー、ジョイパッドのトリガA
武器使用、決定
M、Nキー、ジョイパッドのトリガB
パンチ、スイッチを押す(エレベータなど)
MまたはNキーとスペースキーを同時押し、ジョイパッドのトリガAとトリガBを同時押し
ほふく前進、ほふく前進解除
F1キー
PAUSE
F2キー
武器選択画面
F3キー
装備品選択画面
F4キー
無線機使用画面
F5キー
SAVE,LOAD画面

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三才ブックス刊「ゲームになった映画たち」P.36より。
  2. ^ 移植作品としては『クォース』が最終リリースとなる。
  3. ^ 当時コナミ宛てのファンレターは、アーケード、ファミコン、MSXに分類されて閲覧できるようになっており、MSXゲーム部門はその出荷数が他機種に比べて少なかったにも関わらずファンレターの数がとても多かったそうで、 MSXチームはそれを心の支えに頑張ったんだ、と後に小島はMSXマガジン永久保存版3のインタビューで語っており、当時のユーザーに対する感謝の意味もあった。
  4. ^ 2007年発売のメタルギア20周年記念版にも収録。
  5. ^ 日本国外では、『Snake's Revenge』というファミコン版メタルギアの続編が発売されていた。
  6. ^ そのためMSX2版に存在したスペースキーで空白をいくつか入力しリターンキーを押し、文字列が表示されたらそれを削除してから正規のパスワードを入力すると装備品類を大量に所持した状態になる裏技を使用することはできない。
  7. ^ 暗号表は説明書に載っており、一種のマニュアルプロテクトとも言える。作中での同様のマニュアルプロテクトに、ストーリー中盤での無線周波数変更の通達に「パッケージの裏面に書かれた周波数を参照する」というものもある。
  8. ^ 公式設定で記述されている"STB・チェコ国際秘密警察"は実在しない。
  9. ^ トラックの下などのように潜り込める場所の設定を間違えていたのをテスト時に見て、「これをアイテム化すると面白そう」という発案で装備に加えられたとサウンドトラックの文章で触れられている。

外部リンク[編集]